Pokky1
Contributor
Contributor

vSAN構成時のデータSSDの種類について

Jump to solution

いつもお世話になっております。


VMware vSAN Performance Deep Diveの資料を参考にさせていただき
vSANを構築する際のCache SSDやデータSSDを選択しているのですが、
SATA SSDはQD の浅さがボトルネックになりやすいので注意が必要、
しかしながらSAS SSDは費用がかさむという状況です・・・


・そこでデータSSDをvSAS(Value SAS)で構成したいと思ったのですが、
性能的には SAS SSD > vSAS SSD > SATA SSD > HDD
というようになりますでしょうか?


・また資料にもvSASについては記載がありませんでしたが、
そもそもvSASってvSAN実績などはあまりないものでしょうか?

VMware vSAN Performance Deep Dive
https://japancatalog.dell.com/c/wp-content/uploads/VMeXtra_20220330.pdf


以上、よろしくお願いいたします。

0 Kudos
1 Solution

Accepted Solutions
kawaman
Leadership
Leadership

vSAS はインターフェイスもプロトコルも SAS なので規格として別れているわけではなく、HCL などでは SAS として扱います。
HDD で使われている NL-SAS みたいなものです。

Kioxia の RM5 シリーズなどが vSAS としてブランディングされていますが、これは従来から vSAN Ready Node や VxRail でも利用されていますのでご安心下さい。

Write Intensive な高速・高耐久の SAS SSD ではなく、Mix Use / Read Intensive な SSD に SATA ではなく SAS インターフェイスを搭載したから vSAS、そんな感じで Kioxia が命名したのだと思います。

https://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php?deviceCategory=ssd&details=1&vsan_type=vsa...

ご参考まで

View solution in original post

3 Replies
kawaman
Leadership
Leadership

vSAS はインターフェイスもプロトコルも SAS なので規格として別れているわけではなく、HCL などでは SAS として扱います。
HDD で使われている NL-SAS みたいなものです。

Kioxia の RM5 シリーズなどが vSAS としてブランディングされていますが、これは従来から vSAN Ready Node や VxRail でも利用されていますのでご安心下さい。

Write Intensive な高速・高耐久の SAS SSD ではなく、Mix Use / Read Intensive な SSD に SATA ではなく SAS インターフェイスを搭載したから vSAS、そんな感じで Kioxia が命名したのだと思います。

https://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php?deviceCategory=ssd&details=1&vsan_type=vsa...

ご参考まで

Pokky1
Contributor
Contributor

kawamanさん

ご回答ありがとうございます。

実績もありそうで安心しました。

0 Kudos
Kohei0830
Contributor
Contributor

kawamanさんの補足です。

【結論】
実使用上は vSAS SSD と SAS SSD は基本的に同一性能と考えて問題ありません。

【詳細】
厳密には、SAS は Dual Port を保有しているので、2 port を使用した Wide-port Connection という接続方法で 12 Gbps 以上のパフォーマンスが出せるものです。このために vSAS SSD と SAS SSD の仕様上のパフォーマンス差が出ています。
(SAS SSD の性能指標は Wide-port Connection 時の数値になっていることがほとんどです) 
ただし、IAサーバ に使われる SAS-HBA の多くは SAS 8 port しか保持していないもののため、ほとんどのケースで Wide-port Connection のパフォーマンスが得られません。
よって、実仕様上は vSAS SSD と SAS SSD は基本的に同一性能と考えて問題ないと考えています。

なお、VxRail においては SAS SSD と vSAS SSD は同じものとして取り扱われるので、VxRail All Flash において 一つの Disk Group に SAS SSD と vSAS SSD が混在してもサポートされます。

SAS/vSAS の仕様表をまとめたことがあるので、ご参考までにご覧ください。

 SATANL-SASvSASSAS
通信タイプ二重全二重全二重全二重
転送速度6 Gbps/SATA312 Gbps/SAS212 Gbps/SAS212 Gbps/SAS2
ポート数SingleDualSingleDual
価格安いSATAより若干高いSASより若干安い高い
用途(ISGにおける)サーバー/HCIサーバー/ストレージ/HCIサーバー/HCIサーバー/ストレージ/HCI
備考Single Portだと、Dual Controller に接続できないから、ストレージに使用できない。接続は SAS だけど、ベースは 7.2krpm ディスクですってだけ。Single Portだと、Dual Controller に接続できないから、ストレージに使用できない。