Manabeke0125
Contributor
Contributor

CentOS 5.5(64bit)へのVMware Tools導入方法

Jump to solution

現在、vShere 4 (Update 1)で評価検証をしています。

最初にゲストOSとしてCentOS 5.5(64bit)の動作を試すためにCentOS 5.5を

作成し、VMware Toolsをインストールを以下のように実施しました。

仮想マシン作成の際のゲストOSは「Red Hat Enterprise Linux 5(64bit)」

を選択しました。

1.インベントリで生成した仮想マシンを選択後、右クリックで「ゲスト」

  ⇒「VMware Toolsのインストールアップグレード」を選択しました。

2.作成したCentOSで、/mediaへ移動すると、VMware Toolsというディレクトリ

  があり、この中にrpmとtar.gzが存在し、この時はtar.gzを/usr/tmpの下に

  解凍しました。

3.解凍後、作成されたディレクトリの直下にvmware-install.plというモジュール

  があるのでこれをキックすると、インストール処理が開始され、インストール

  終了後に再起動をかけました。仮想マシンのサマリで確認すると「VMware Tools:OK」

  と表示されました。

4.その後、すぐにvMotionを試そうと思い、実行したところ移行先のところで、

  仮想マシンを選択し、右クリックの「設定の編集」を選択し、CD/DVDドライブ1

  を見たところなぜか、「デバイスタイプ」でデータストアISOファイルが選択され、

  「linux.iso」というISOファイルがマウントされていました。

5.また、VMware Tools導入後、CentOS起動画面で、以下のようなudevのエラーが出てしまいました。

  udevd[619]: add_to_rules: unknown key ‘SUBSYSTEMS’

  udevd[619]: add_to_rules: unknown key ‘ATTRS’   udevd[619]: add_to_rules: unknown key ‘ATTRS’   udevd[619]: add_to_rules: unknown key ‘SUBSYSTEMS’   udevd[619]: add_to_rules: unknown key ‘ATTRS

  udevd[619]: add_to_rules: unknown key ‘ATTRS

このような状況になった経験のあるかたはいらっしゃいますでしょうか。

また、CentOS5.5(64bit)へのVMware Tools導入手順は上記で正しいでしょうか。

宜しくお願いいたします。

0 Kudos
1 Solution

Accepted Solutions
VMman4187
Contributor
Contributor

お役に立ててよかったです。

vmtoolsのインストールはこのマニュアルのP118あたりからを参照していただければと思いますが

linux というくくりでしか解説されていませんが

http://www.vmware.com/files/jp/pdf/support/VMware-vsp_41_vm_admin_guide-PG-JP.pdf

RPMでもgzでもどちらでも同じかと 4.1からはRPMでの提供がなくなってしまったようです。

View solution in original post

0 Kudos
5 Replies
VMman4187
Contributor
Contributor

こんにちは とおりすがりの者です。

/etc/udev/rules.d/99-vmware-scsi-udev.rules

このファイルのdebiun とsuseのACTIONで始まる行を#でコメントにすると

メッセージが出力されなります。

Manabeke0125
Contributor
Contributor

ご教示頂きありがとうございます。

udevのメッセージについてコメントアウトすることで画面に出力しないように

できました。VMware Tools導入時に99-vmware-scsi-udev.rulesというディレクトリ

を自動的に生成することを確認しました。

CentOS5.5にVMware Toolsを導入する正式な方法(VMware Toolsインストールイメージマウント時に/media下に置かれるモジュールでRPMを使用する?tar.gzを使用する?)

が良く分かっていないので、もしこれについて何か情報がありましたら、ご教示頂けないでしょうか。

度々の質問となり恐縮ですが、宜しくお願いいたします。

0 Kudos
VMman4187
Contributor
Contributor

お役に立ててよかったです。

vmtoolsのインストールはこのマニュアルのP118あたりからを参照していただければと思いますが

linux というくくりでしか解説されていませんが

http://www.vmware.com/files/jp/pdf/support/VMware-vsp_41_vm_admin_guide-PG-JP.pdf

RPMでもgzでもどちらでも同じかと 4.1からはRPMでの提供がなくなってしまったようです。

View solution in original post

0 Kudos
Manabeke0125
Contributor
Contributor

早速のリプライありがとうございます。

VMware Toolsのインストールマニュアルは大変参考になりました。

CentOSは正式サポートはされていないのですね。。

vShere 4.1からは正式にゲストOSとして定義できるようになっていました。

vMotino時にlinux.isoがマウントされてしまうのは、やはりvmware-install.pl

のパール内のバグのような感じですね。

このインストーラ(vmware-install.pl)をキックするとVMware Toolsをインストール

後に、VMware Toolsのインストーラマウントを自動的に解除する動作をしています。

しかし、何かの情報が内部的に残っており、vMotionで別のESXホストへ移動した時に

その情報が再び出てきてしまうようです。

特にvMotion自体に害はなさそうなので安心はしていましたが、理由が分からずに困って

いました。かなりスッキリできました。

とても丁寧なアドバイスをありがとうございました。

0 Kudos
shikigami
Contributor
Contributor

linux.isoがゲストOSに接続されるからゲストOSのCDドライブにVMware Toolsがあるわけで不具合でもなんでもありません

ファイル名がlinux.isoなのは仮想マシン作成時にlinux系のゲストOSを選んだ事により自動的にLinux用のVMware Toolsが含まれるISOイメージが選ばれるからです

0 Kudos