4 Replies Latest reply on Nov 25, 2019 8:17 PM by nkaneda

    ESXi 6.5 手作業でゲストの登録解除

    nikkie99 Lurker

      お世話になっております。

      ESXi 6.5上でいくつかのVMを起動していたのですがHDDの物理障害でゲストOSが消えました。

      こちらのVMをホストから登録解除したいのですが、どうすればよいのでしょうか?

      右クリック→登録解除は有効になりません。

        • 1. Re: ESXi 6.5 手作業でゲストの登録解除
          gowatana Master
          User ModeratorsvExpert

          こんにちは。

           

          一度、ESXiを再起動することで、VMを「登録解除」できるようになりませんでしょうか?

          ただ、「ゲストOSが消えた」VMの状態が不明ではあるので

          状況がわかりそうなスクリーンショットなどがあると、なにかヒントが得られるかもしれません。

           

          以上です。参考になるかどうか・・・

          • 2. Re: ESXi 6.5 手作業でゲストの登録解除
            nikkie99 Lurker

            再起動しても登録解除は出来ませんでした。

            スクリーンショット添付します。

            • 3. Re: ESXi 6.5 手作業でゲストの登録解除
              gowatana Master
              vExpertUser Moderators

              こんにちは。

               

              Host Client(GUI)での削除ができないようなので、

              コマンドから削除できませんでしょうか?

               

              ディスプレイ経由(https://kb.vmware.com/s/article/2004746)もしくは SSH などで ESXi にログインして、

              vim-cmd コマンドを実行します。

               

              まず、アクセスできなくなっている VM の ID を特定します。

              • 下記の場合は「1」です。
              • 例では、1つだけ VM 登録してアクセス不可の状態にしてあります。本来のアクセス可能な VM は「Vmid ~」より下に表示されます。

              [root@esxi-31:~] vim-cmd vmsvc/getallvms

              Skipping invalid VM '1'

              Vmid   Name   File   Guest OS   Version   Annotation

              [root@esxi-31:~]

               

              ID 「1」を指定して VM を登録解除します。

              [root@esxi-31:~] vim-cmd vmsvc/unregister 1

              [root@esxi-31:~] vim-cmd vmsvc/getallvms

              Vmid   Name   File   Guest OS   Version   Annotation

              [root@esxi-31:~]

               

              これでも GUI から消えない場合は、ふたたび ESXi を再起動(もしくは管理サービスを再起動)してみます。

              • 4. Re: ESXi 6.5 手作業でゲストの登録解除
                nkaneda Enthusiast
                vExpert

                私も過去に同じような状態に陥ったことがあります。

                どうやら仮想マシンが利用している仮想ディスクにアクセスできない状態になると、HostClient上での表示が仮想マシン名からvmxファイルのフルパス表記となり、一切の管理操作が行えなくなるように思いました。

                 

                当時、私は対象となる仮想マシンのvmxファイルを手動で編集(SSHでログインしてviで編集)し、アクセス不可となったVMDKの行をコメントアウトしたところ、HostClientの表示が正常に復帰したので対象の仮想マシンを削除できました。