7 Replies Latest reply on Apr 9, 2019 5:42 PM by nitta0814

    PowerCLIを使用したESXiのリストアについて

    nitta0814 Novice

      下記のページを見てESXiのバックアップとリストアの検証を行っております。

      VMware Knowledge Base

       

      バックアップは問題なく実施出来たのですが、

      リストア時は以下のエラーが出力され失敗してしまいます。

       

      PS C:\WINDOWS\system32> Set-VMHostFirmware -VMHost 192.168.2.231 -Restore -SourcePath C:\Log\configBundle-192.168.2.231.

      tgz -HostUser root -HostPassword password

      Set-VMHostFirmware : 2019/04/01 18:32:53        Set-VMHostFirmware              The operation is not allowed in the current state.

      発生場所 行:1 文字:1

      + Set-VMHostFirmware -VMHost 192.168.2.231 -Restore -SourcePath C:\Log\ ...

      + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

          + CategoryInfo          : NotSpecified: (:) [Set-VMHostFirmware], InvalidState

          + FullyQualifiedErrorId : Client20_SystemManagementServiceImpl_RestoreVmHostFirmware_ViError,VMware.VimAutomation.

         ViCore.Cmdlets.Commands.Host.SetVMHostFirmware

       

       

      VMHost               UploadUrl

      ------               ---------

      192.168.2.231        http://192.168.2.231/tmp/configBundle.tgz

       

       

      PS C:\WINDOWS\system32>

       

       

      ※メンテナンスモードの状態です。

       

      アドバイスを頂けないでしょうか。

        • 1. Re: PowerCLIを使用したESXiのリストアについて
          kawaman Hot Shot
          VMware EmployeesvExpert

          事象を再現確認したわけではないのですが、

          確認点としては以下が思いつきます。

          ・バックアップ時の ESXi の バージョン(Build Number)と、現在リストアするときの ESXi の Build Number は一致しているか?

          ・同じハードウェア構成のままか?

          ・PowerCLI のバージョンは最新か? ※ ESXi のバージョンをサポートする PowerCLI バージョンか?

           

          いかがでしょうか?

          • 2. Re: PowerCLIを使用したESXiのリストアについて
            nitta0814 Novice

            ご回答頂きありがとうございます。

             

            >>・バックアップ時の ESXi の バージョン(Build Number)と、現在リストアするときの ESXi の Build Number は一致しているか?

             

             ⇒ESXiからバックアップを取得し、数分後に同一のESXiにリストアを試みているため、

              完全に同一になります。

             

            >>・同じハードウェア構成のままか?

             

             ⇒検証用のため、仮想ハードウェア13の仮想マシンであり、

              ハードウェア構成も変更しておりません。

             

            >>・PowerCLI のバージョンは最新か? ※ ESXi のバージョンをサポートする PowerCLI バージョンか?

             

             ⇒最新ではないですが、新しい「11.1.0.11289667」を利用しております。

              ESXiも6.5U2のため対応しているかと思います。

             

            リストアする条件として、

            上記やメンテナンスモードにする以外に前提となることはあるのでしょうか。

            • 3. Re: PowerCLIを使用したESXiのリストアについて
              kawaman Hot Shot
              VMware EmployeesvExpert

              ⇒検証用のため、仮想ハードウェア13の仮想マシンであり、

                ハードウェア構成も変更しておりません。

              試している対象は Nested の ESXi という事でよろしいでしょうか。

              試しに、リストア時に -force オプションを付けて実行してみると変化ありますか?

              • 4. Re: PowerCLIを使用したESXiのリストアについて
                gowatana Master
                vExpertUser Moderators

                こんにちは。

                 

                あと、もしESXi再起動が未実施でしたら、一度再起動してからリストアしてみると良いかもしれません。

                もしかしたら、何かの設定変更が再起動で保留されているのかもしれないと思いました。

                • 5. Re: PowerCLIを使用したESXiのリストアについて
                  nitta0814 Novice

                  ご回答ありがとうございます。

                   

                  まとめて返信させてください。

                   

                  以下の順番で実施してみました。

                  ※ESXiはネスト環境になります。

                   ・仮想マシンのESXiの再起動

                   ・仮想マシンのESXiのメンテナンスモード

                   ・再実行

                   ・Forceを付けての再実行

                   

                  以下のようにForceを付けた場合はエラーがかわりました。

                  PS C:\WINDOWS\system32> Set-VMHost -VMHost 192.168.2.231 -State 'Maintenance'

                   

                   

                  Name                 ConnectionState PowerState NumCpu CpuUsageMhz CpuTotalMhz   MemoryUsageGB   MemoryTotalGB Version

                  ----                 --------------- ---------- ------ ----------- -----------   -------------   ------------- -------

                  192.168.2.231        Maintenance     PoweredOn       8         361       16760           1.590          11.999   6.5.0

                   

                   

                   

                   

                  PS C:\WINDOWS\system32> Set-VMHostFirmware -VMHost 192.168.2.231 -Restore -SourcePath C:\Log\configBundle-192.168.2.231.tgz -HostUser root -HostPassword password

                  Set-VMHostFirmware : 2019/04/03 15:02:07        Set-VMHostFirmware              接続が切断されました: 維持される必要があった接続が、サーバーによって切断されました。

                  発生場所 行:1 文字:1

                  + Set-VMHostFirmware -VMHost 192.168.2.231 -Restore -SourcePath C:\Log\ ...

                  + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                      + CategoryInfo          : NotSpecified: (:) [Set-VMHostFirmware], ViError

                      + FullyQualifiedErrorId : Client20_SystemManagementServiceImpl_RestoreVmHostFirmware_ViError,VMware.VimAutomation.ViCore.Cmdlets.Commands.Host.SetVMHostFirmware

                   

                   

                   

                   

                  VMHost               UploadUrl

                  ------               ---------

                  192.168.2.231        http://192.168.2.231/tmp/configBundle.tgz

                   

                   

                   

                   

                  PS C:\WINDOWS\system32> Set-VMHostFirmware -VMHost 192.168.2.231 -Restore -SourcePath C:\Log\configBundle-192.168.2.231.tgz -HostUser root -HostPassword password -force

                  Set-VMHostFirmware : 2019/04/03 15:02:45        Set-VMHostFirmware              メッセージを受信できる https://192.168.2.231/sdk でリッスンしているエンドポイントがありませんでした。これは一般 に、アドレスまたは

                  SOAP アクションが正しくない場合に発生します。詳細については、InnerException を参照してください (ある場合)。

                  発生場所 行:1 文字:1

                  + Set-VMHostFirmware -VMHost 192.168.2.231 -Restore -SourcePath C:\Log\ ...

                  + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                      + CategoryInfo          : NotSpecified: (:) [Set-VMHostFirmware], ViError

                      + FullyQualifiedErrorId : Client20_QueryServiceImpl_RetrievePropertiesEx_ViError,VMware.VimAutomation.ViCore.Cmdlets.Commands.Host.SetVMHostFirmware

                   

                   

                  Set-VMHostFirmware : 2019/04/03 15:02:45        Set-VMHostFirmware              Could not find VMHost with name '192.168.2.231'.

                  発生場所 行:1 文字:1

                  + Set-VMHostFirmware -VMHost 192.168.2.231 -Restore -SourcePath C:\Log\ ...

                  + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                      + CategoryInfo          : ObjectNotFound: (192.168.2.231:String) [Set-VMHostFirmware], VimException

                      + FullyQualifiedErrorId : Core_ObnSelector_SelectObjectByNameCore_ObjectNotFound,VMware.VimAutomation.ViCore.Cmdlets.Commands.Host.SetVMHostFirmware

                   

                   

                  Set-VMHostFirmware : 2019/04/03 15:02:45        Set-VMHostFirmware              Value cannot be found for the mandatory parameter VMHost

                  発生場所 行:1 文字:1

                  + Set-VMHostFirmware -VMHost 192.168.2.231 -Restore -SourcePath C:\Log\ ...

                  + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                      + CategoryInfo          : NotSpecified: (:) [Set-VMHostFirmware], VimException

                      + FullyQualifiedErrorId : Core_BaseCmdlet_UnknownError,VMware.VimAutomation.ViCore.Cmdlets.Commands.Host.SetVMHostFirmware

                   

                   

                  PS C:\WINDOWS\system32> ping 192.168.2.231

                   

                   

                  192.168.2.231 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:

                  192.168.2.231 からの応答: バイト数 =32 時間 =2ms TTL=63

                  192.168.2.231 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=63

                   

                   

                  192.168.2.231 の ping 統計:

                      パケット数: 送信 = 2、受信 = 2、損失 = 0 (0% の損失)、

                  ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):

                      最小 = 0ms、最大 = 2ms、平均 = 1ms

                  Ctrl+C

                  PS C:\WINDOWS\system32>

                  • 6. Re: PowerCLIを使用したESXiのリストアについて
                    kawaman Hot Shot
                    VMware EmployeesvExpert

                    リストア直後の動作としてESXiの再起動が走るので、「接続が切断されました」と出るのは実行直後にESXiが切断されるためと思われます。

                    ※ 同じくNested の環境で試しましたが、出るときと出ない時がありましたが、どちらも設定はリストアされています。

                     

                    恐らく、-Force オプション付けて直後に実施した際はESXiが再起動中で接続でサービスが立ち上がってなかったので、「メッセージを受信できる https://192.168.2.231/sdk でリッスンしているエンドポイントがありませんでした。」とメッセージが出たのかと思われます。

                     

                    ※ ESXiインストール直後にバックアップを取り、その後NTPの設定を有効化した環境で試しました。

                     

                    ▼事前確認 (NTP設定が有効化されている事を確認)

                    PS C:\Users\Administrator> Connect-VIServer -Server $esxi -Credential $cre -Force

                    Name                           Port  User

                    ----                           ----  ----

                    nesteesxi0   443   root

                     

                    PS C:\Users\Administrator> Get-VMhost | Get-VmHostService | Where-Object {$_.key -eq "ntpd"}

                    Key                  Label                          Policy     Running  Required

                    ---                  -----                          ------     -------  --------

                    ntpd                 NTP Daemon                     automatic  True     False

                     

                    ▼ リストア実行 (-Force オプションは無しで実行。即再起動され、切断メッセージを確認)

                    PS C:\Users\Administrator> Set-VMHostFirmware -Restore -SourcePath .\Downloads\configBundle-nesteesxi0.tgz -VMHost $esxi -HostCredential $cre

                    Set-VMHostFirmware : 2019/04/04 16:38:19        Set-VMHostFirmware              接続が切断されました: 維持される必要があった接続が、サーバーによって切断されました。

                    発生場所 行:1 文字:1

                    + Set-VMHostFirmware -Restore -SourcePath .\Downloads\configBundle-172. ...

                    + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                        + CategoryInfo          : NotSpecified: (:) [Set-VMHostFirmware], ViError

                        + FullyQualifiedErrorId : Client20_SystemManagementServiceImpl_RestoreVmHostFirmware_ViError,VMware.VimAutomation.

                       ViCore.Cmdlets.Commands.Host.SetVMHostFirmware

                    VMHost               UploadUrl

                    ------               ---------

                    nesteesxi0       http://nesteesxi0/tmp/configBundle.tgz

                     

                    ▼再起動後にNTP設定を確認(設定がデフォルトの無効に戻っています)

                    PS C:\Users\Administrator> Connect-VIServer -Server nesteesxi0 -Credential $cre -Force

                    Name                           Port  User

                    ----                           ----  ----

                    nesteesxi0                 443   root

                     

                    PS C:\Users\Administrator> Get-VMhost | Get-VmHostService | Where-Object {$_.key -eq "ntpd"}

                    Key                  Label                          Policy     Running  Required

                    ---                  -----                          ------     -------  --------

                    ntpd                 NTP Daemon                     off        False    False

                     

                    リストア実行前後で、設定の変更差分を確認してみると動作の成功が確認できるかと思います。

                    ESXi の DCUI 画面を開いて確認しながらリストアすると再起動の動作などが分かるので良いかと思います。

                    • 7. Re: PowerCLIを使用したESXiのリストアについて
                      nitta0814 Novice

                      検証して頂きありがとうございます。

                       

                      kawaman様の記載の通り、

                      コマンド自体はエラーになりますが、設定情報はリストアされておりました。

                       

                      以下のようなエラーが出力されることは、仕様であると理解します。

                      接続が切断されました: 維持される必要があった接続が、サーバーによって切断されました。

                       

                      ありがとうございました。