3 Replies Latest reply on Aug 30, 2008 8:20 PM by man33taro
      • 1. Re: 認定HW以外でESXを動作させる方法
        man33taro Hot Shot

        VMware ServerではVMotion環境ができましたが、Workstation6.5ではうまくいかないですね。

         

        Xtravirtでも Workstation6.5を使用したWPが出たようですね。

         

         

        http://www.xtravirt.com/index.php?option=com_content&task=view&id=99&Itemid=124

         

         

        今のところ、VMwareServerのほうがRCということもあり、動きが軽快で、VMotionも成功しているので

         

         

        そちらがいいですね。

         

         

        StarWindのiSCSIのTargetを使ったら簡単に共有ストレージ環境をつくれました。

         

         

        http://www.rocketdivision.com/download_starwind.html

        • 2. Re: 認定HW以外でESXを動作させる方法
          man33taro Hot Shot

           

          Nested VMとして動かしているVM上のESXがKernelのLoadに3分以上かかるような場合vmware.logを見てください

           

           

          Aug 10 00:20:12.861: vmx| MONITOR MODE: allowed modes          : BT HV

          Aug 10 00:20:12.861: vmx| MONITOR MODE: user requested modes   : HV

          Aug 10 00:20:12.861: vmx| MONITOR MODE: guestOS preferred modes: HWMMU HV BT

          Aug 10 00:20:12.861: vmx| MONITOR MODE: filtered list          : HV

           

           

          のallowed modesに BTしかないとまずNGです HVがあるイコール HW AssistのCPUが効いているという意味になるようです

           

           

          User Requested Modes HV これがmonitor_control.enable.vt32やmonitor.virtual_exec = hardwareを書くとこうなるようです

           

           

          結局HVになっているのでOK

           

           

          私のAthron x2はVMware Server2.0が必要とするCPUのHW Assist機能がないようです。

           

           

          悲しい・・・ やはりバルセロナ必須か!?

           

           

          • 3. Re: 認定HW以外でESXを動作させる方法
            man33taro Hot Shot

            monitor_control.restrict_backdoor = "true": 仮想マシン上に仮想環境を作るために必要

            monitor.virtual_exec = "hardware" : Workstation6.5, Fusion2.0 でCPUの仮想化のHWアシストを使うか使わないかの設定 hardwareとするとHWアシストを使用する。softwareとするとBinaryTranslationを使用する

            monitor.virtual_mmu = "hardware" : メモリ仮想化のHWアシストを使うか使わないかの設定 NestedVM環境ではsoftwareにする必要がある

             

            monitor_control.vt32やmonitor_control.enable_svmは VMwareServer2.0で有効だがmonitor.virtual_exec = "hardware"に置き換わっていくと思われる

            VMware Workstation6.5ではCPUの設定で、CPUの仮想化を自動で判断、HWアシスト(CPUだけ、CPUとMemory両方)、使わないを設定できるので

            それを設定すると、上記のパラメータが自動的に設定される

             

            自動 monitor.virtual_exec = "auto" monitor.virtual_mmu = "auto" (auto or automatic)  NestedVMは動作しない

            CPUだけ monitor.virtual_exec = "hardware" monitor.virtual_mmu = "software"     NestedVMを動作させる設定

            CPUとメモリ monitor.virtual_exec = "hardware" monitor.virtual_mmu = "hardware"   NestedVMは動作しない

            使わない monitor.virtual_exec = "software" monitor.virtual_mmu = "software"                NestedVMは動作しない

             

            となるみたいです。