Highlighted
Contributor
Contributor

NSX-T EdgeのTEPに利用するインターフェースのMTUサイズ変更について

Jump to solution

こんにちは。

ESXi複数台の構成でNSX-T(2.5.1)を構築しているのですが、NSX-T上の論理ネットワークを

仮想マシンに割り当てると、同一ESXi上の仮想マシン間では通信できるのですが、

異なるESXi上の仮想マシン間では同一セグメントでも通信ができない状況になっております。

色々確認したところ、NSX Edge の内部インターフェースfp-eth0、fp-eth1のMTUサイズが

1500になっているため、1600に変更したいのですが、どのように変更するか、

ご教示いただけませんでしょうか。

<補足事項>

・NSX-Tバージョン: 2.5.1.0.0.15314288

・edgeにsshログインして以下コマンドを実行すると、fp-eth0とfp-eth1のMTUが1500になっています。

 1600に設定したいです。

edge1> get int | find Interface|MTU

Interface: bond0

   MTU: 1500

Interface: eth0

   MTU: 1500

Interface: fp-eth0

   MTU: 1500 ←1600に変更したいです。

Interface: fp-eth1

   MTU: 1500 ←1600に変更したいです。

Interface: fp-eth2

   MTU: 1500

大変お手数をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

Tags (1)
1 Solution

Accepted Solutions
Highlighted
User Moderator
User Moderator

こんにちは。

NSX-Tのアップリンク プロファイルは、

ホスト トランスポート ノード(ESXi)と、Edge トランスポート ノード(NSX Edge)それぞれで選択します。

そして N-VDS が複数あるばあいは、N-VDSごとに

ぞれぞれアップリンク プロファイル選択することになります。

最初に設定変更された ESXi-Overlay-Uplink-Profile は、

ホスト トランスポート ノードに割り当てたアップリンク プロファイルのため、

MTU設定を変更しても、Edge トランスポート ノードには反映されなったと考えられます。

そして、Edge トランスポート ノードには、nsx-edge-single-nic-uplink-profile が割り当てられているはずです。

Edge のインターフェースを2つ(fp-eth0 と fp-eth1)設定変更しようとしてるようなので、N-VDSも2つある環境かと思います。

両方の N-VDSにnsx-edge-single-nic-uplink-profile が割り当てられているのであれば、

このアップリンク プロファイルでMTUを変更するれば、fp-eth0 と fp-eth1 の両方に反映されます。

ちなみに、アップリンク プロファイルをもう1つ作成して、fp-eth0 と fp-eth1 とでMTU変更することもできます。

以上です。ご参考まで。

View solution in original post

0 Kudos
4 Replies
Highlighted
Contributor
Contributor

過去にNSX EdgeのインターフェースのMTUサイズを変更した際にはEdgeトランスポートノードの「編集」から設定変更しました。

fp-eth0やfp-eth1のMTUサイズは選択しているアップリンクプロファイルによって変わります。

そのため、まずはEdgeのアップリンクプロファイルを確認し、選択しているアップリンクプロファイルのMTUが1600に設定されているかを確認する必要があるかと思います。

アップリンクプロファイルはN-VDSごとに選択するため、オーバーレイトランスポートゾーンに関連づけられているN-VDSを確認しなければなりません。

新規にNSX Edge用のアップリンクプロファイルをMTUサイズ1600で作成し、Edgeトランスポートノードの「編集」から選択するアップリンクプロファイルを変更してみるとよいかもしれません。

NSX Edgeを仮想マシンとしてデプロイしているかと思いますが、vNICの接続先となるポートグループ(vSSでもvDSでも)にもMTUを1600に設定する必要がありますのでご注意ください。

Highlighted
Contributor
Contributor

お忙しいところ、ご確認ありがとうございます。

ご教示いただいた内容を確認致しましたが、fp-eth0、fp-eth1のMTUは変更できませんでした。

現在、アップリンクプロファイル(ESXi-Overlay-Uplink-Profile)を確認すると、MTUはすべてデフォルトで1600になっております。

以下、アップリンクプロファイルの画面となります。

pastedImage_0.png

Orverlayのポートグループは、以下vDSに設定しており、vDSのMTUも1600になっております。

pastedImage_1.png

上記の状態で、Edgeを新規作成や再起動などしておりますが、やはりfp-eth0、fp-eth1のMTUは1500のままとになります。

pastedImage_2.png

fp-eth0、fp-eth1のMTUサイズを変更する方法はございますでしょうか。

お手数をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

0 Kudos
Highlighted
Contributor
Contributor

こんにちは。

アップリンクプロファイルをデフォルトで存在する「nsx-edge-single-nic-uplink-profile」に変更すると、fp-eth0、fp-eth1のMTUが1600になりました。

変更前は、自分で作成した「ESXi-Overlay-Uplink-Profile」を選択しておりました。

どこら辺の設定でMTUが反映されないのか、推測などご教示いただけませんでしょうか。

0 Kudos
Highlighted
User Moderator
User Moderator

こんにちは。

NSX-Tのアップリンク プロファイルは、

ホスト トランスポート ノード(ESXi)と、Edge トランスポート ノード(NSX Edge)それぞれで選択します。

そして N-VDS が複数あるばあいは、N-VDSごとに

ぞれぞれアップリンク プロファイル選択することになります。

最初に設定変更された ESXi-Overlay-Uplink-Profile は、

ホスト トランスポート ノードに割り当てたアップリンク プロファイルのため、

MTU設定を変更しても、Edge トランスポート ノードには反映されなったと考えられます。

そして、Edge トランスポート ノードには、nsx-edge-single-nic-uplink-profile が割り当てられているはずです。

Edge のインターフェースを2つ(fp-eth0 と fp-eth1)設定変更しようとしてるようなので、N-VDSも2つある環境かと思います。

両方の N-VDSにnsx-edge-single-nic-uplink-profile が割り当てられているのであれば、

このアップリンク プロファイルでMTUを変更するれば、fp-eth0 と fp-eth1 の両方に反映されます。

ちなみに、アップリンク プロファイルをもう1つ作成して、fp-eth0 と fp-eth1 とでMTU変更することもできます。

以上です。ご参考まで。

View solution in original post

0 Kudos