yasusi
Contributor
Contributor

NSX-TとNSX-vの最小ホスト数について

こんにちは。

NSX-TとNSX-vの検証環境を最小構成で作成したいのですが、

それぞれ最小何台のESXiホストがあれば、構成を組めますでしょうか?

なお、CPU、メモリ、ストレージは、NSX-T、NSX-vに必要な容量を

準備しますので、最小何台のESXiホストで構成可能かを知りたいです。

お手数をお掛けしますが、ご確認をお願い致します。

Tags (2)
1 Reply
VM_Yamato
Enthusiast
Enthusiast

NSX-VとNSX-Tですが、どちらも環境を構築する上では、"NSXの管理アプライアンス"の展開が必要です。

NSX-Vの場合は、”NSX-Manager" 1台と、”NSX Controller Cluster Node"が3台、最低でも4台の仮想アプライアンスが登場します。

https://docs.vmware.com/jp/VMware-NSX-Data-Center-for-vSphere/6.4/nsx_64_install.pdf

NSX-Tの場合は、バージョン次第ですが、最新では”NSX Manager"3台が必要です。

https://docs.vmware.com/jp/VMware-NSX-T-Data-Center/3.0/nsxt_30_install.pdf

ご質問が、”最低限必要なホストの台数”という事ですから、これについて言えば、3台と言えます。

理由については、どちらの製品も、ネットワークの制御プレーンを管理します”NSX Controller Cluster(以下NCC)"ノードを異なるホストに配置をするためです。

3台中1台の障害を許容出来ますため、これを2ノードクラスターで構成するとなると、どちらかのノードに2台のNCCがよってしまい、SPOF(Single Point of failure)となります。

但し、検証環境ではここまでの冗長性は不要である、というのであれば1台のホストにNCCの機能を持つアプライアンスを3台混在させることも可能です。

(勿論検証環境でどこまでの再現をするか次第になると言えます)

また、NSXはその機能を提供する際に、上述しているアプライアンス以外にも、機能ごとに展開する必要がある仮想マシンが存在します。

NSX-Vでは、”Edge Service Gateway"、”分散論理ルーター制御仮想マシン”

NSX-Tでは、”NSX Edge"

上記2つともで、サードパーティ製品との連携をする場合には、”SVM(サービス仮想マシン)”も必要です。

ですので、NSXの環境を構築する際には、予めどの機能を使うのか?ということをお決めいただければ、もう少し細かく情報を絞ることは可能だと言えます。

Yamato Sakai Technical Training Instructor | Dell Technologies Education Services