VMware Global Community
metabow
Contributor
Contributor
Jump to solution

仮想スイッチの障害

お世話になります。

仮想スイッチについて、ご教授願います。

仮想スイッチは障害を起こすことはあるのでしょうか?

(仮想スイッチを冗長化構成にする意味あるのでしょうか)

また、障害発生時の対応としてはどうのようなものがあるのでしょうか?

 例)・新しい仮想スイッチを作成し、障害を起こした仮想スイッチと同じ設定をすれば復旧する。

   ・ESXの再インストールが必要。

    など。

宜しくお願いいたします。

Reply
0 Kudos
1 Solution

Accepted Solutions
kisaragi
VMware Employee
VMware Employee
Jump to solution

metabowさん

仮想スイッチは障害を起こすことはあるのでしょうか?

ある/なしでいえば、あります。

仮想スイッチを冗長化構成にする意味あるのでしょうか

スイッチ自体を冗長化(スイッチを2つ作り、クロスにするような構成)には意味がありません。

また、障害発生時の対応としてはどうのようなものがあるのでしょうか?

仮想スイッチはメモリ上に存在し、仮想のポートと物理のポートを持ちます。

ですから、障害が発生する場合、2種類の障害が想定されます。

1.仮想スイッチOS/仮想ポートの障害

   → CPUやメモリの障害により、ハイパーバイザー自体が落ちてしまうようなケースです。

      この場合は、該当パーツの交換が必要で、障害に備えることはできません。

2.物理ポートの障害

   → サーバの持つNICに障害が発生した場合、そのNICのポートから通信が出来なくなります。

     この場合も対応はパーツ交換となりますが、こちらは障害に備えることが出来ます。

     1つの仮想スイッチに複数の物理NIC(ポート)を割り当てます。

     これにより、1ポートに障害がおこったり、NICに障害がおこったりした場合でも通信は継続できます。

     ESXではこれをチーミングと呼びます。

ただ、OS内でボンディングして帯域を増やしたいような場合は、仮想スイッチを複数置くことになるでしょう。

障害に備えるのであれば、NICの冗長化だけで大丈夫だと思います。

View solution in original post

Reply
0 Kudos
2 Replies
kisaragi
VMware Employee
VMware Employee
Jump to solution

metabowさん

仮想スイッチは障害を起こすことはあるのでしょうか?

ある/なしでいえば、あります。

仮想スイッチを冗長化構成にする意味あるのでしょうか

スイッチ自体を冗長化(スイッチを2つ作り、クロスにするような構成)には意味がありません。

また、障害発生時の対応としてはどうのようなものがあるのでしょうか?

仮想スイッチはメモリ上に存在し、仮想のポートと物理のポートを持ちます。

ですから、障害が発生する場合、2種類の障害が想定されます。

1.仮想スイッチOS/仮想ポートの障害

   → CPUやメモリの障害により、ハイパーバイザー自体が落ちてしまうようなケースです。

      この場合は、該当パーツの交換が必要で、障害に備えることはできません。

2.物理ポートの障害

   → サーバの持つNICに障害が発生した場合、そのNICのポートから通信が出来なくなります。

     この場合も対応はパーツ交換となりますが、こちらは障害に備えることが出来ます。

     1つの仮想スイッチに複数の物理NIC(ポート)を割り当てます。

     これにより、1ポートに障害がおこったり、NICに障害がおこったりした場合でも通信は継続できます。

     ESXではこれをチーミングと呼びます。

ただ、OS内でボンディングして帯域を増やしたいような場合は、仮想スイッチを複数置くことになるでしょう。

障害に備えるのであれば、NICの冗長化だけで大丈夫だと思います。

Reply
0 Kudos
metabow
Contributor
Contributor
Jump to solution

kisaragiさん

ご回答、ありがとうございました。

仮想環境のネットワークで、

冗長化すべき箇所を検討しておりましたので、

解決致しました。

ありがとうございました。

Reply
0 Kudos