いったいどれくらいの人がこのナレッジの恩恵を受けるのかは不明ですが、一応共有しておきます。

※VMTNはJiveと呼ばれるプラットフォームを使っているはずですので、同じプラットフォームを使っている場合は流用可能と思います。

 

問題定義

日々日本語でVMware関連のナレッジを発信している筆者ですが、ちょっと前までURLがごちゃごちゃするのが悩みでした。

具体的には以下のような感じになってしまいます。

ブログ名:【VxRail】既存環境からvSAN 環境へのMigration:その① 【イントロダクション】

URL:https://communities.vmware.com/people/nkaneda/blog/2019/09/24/vxrail-%E6%97%A2%E5%AD%98%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%81%8B%E3%82%89vsan-%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%81%B8%E3%81%AEmigration-%E3%81%9D%E3%81%AE-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%80%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

 

上記を見ればわかるように日本語のタイトルでブログを執筆するとタイトル=URLになる関係上、マルチバイト文字がURLエンコードされて、かなりごちゃごちゃします。

筆者はブログを仕事でも活用(ナレッジの紹介など)しているため、URLがごちゃごちゃするのが何となく嫌でした。URLだけみてどの記事なのかの判別も不可能ですし。。。

 

ちなみに上記の仕組みにはもう一つ難点があって、上の例ですとブログタイトルの「その①」の①の部分がどうやら環境依存文字として正しく認識されないらしく、②も③も同じタイトルして扱われてしまうようです。そのため、②や③を執筆すると同じURLになってしまう、という不具合があります。

 

解決方法

この問題の解決方法はいたってシンプルです。

最初にブログを作成するときにASCII文字だけでタイトルを設定し、Save Draftで保存します。

すると、この段階でのブログタイトルでブログのURLが作成されます。

そのあと、ブログタイトルを変えたとしてもURLは維持される仕様のため、URLがエンコードによってごちゃごちゃするのを防げます。

下記の図は、本ブログを作成したときの様子ですが、いったんASCII文字のみでブログタイトルを記述しているのがわかると思います。

そしてこの時のタイトルが、いまあなたがアクセスしているURLに反映されます。

1.PNG

 

大したことのないナレッジですが、これによってURLをコピペするときもすっきりしますし、うっかり間違った記事を案内してしまうミスも減らせます。