ちょっと前の話なので今更感がありますが、Version 76以降のGoogle ChromeからFlashの実行がデフォルトでBlockされるようになりました。

以前であれば、Flashの実行が必要な際にポップアップが出てAllow or Blockを選択できましたが、Version 76にUpdateしたとたんに出なくなりました。

 

Flashが実行できないとWebClientが使えないことになってしまいますが、ブラウザの設定を変えれば以前のようにポップアップを出すことができます。

詳細は以下のURLをご確認ください。

 

https://gigazine.net/news/20190731-google-chrome-76/