Embedded VCSAの構成変更とUpgrade

 

VxRail 環境では、構成変更や設定変更が一部制限されています。

VxRailのデザインになっている構成や設定を変更してしまうと、VxRailが想定通りに動作しない可能性があります。

また、Upgradeや交換作業などによって、変更した設定がデフォルトに戻ってしまうかもしれません。

 

VxRailに同梱されるVCSA/PSCの構成情報を変更した場合はどうなるのでしょうか。

VxRailのEmbedded VCSAは、デフォルトでSmallサイズとして構成されます。

VxRailでは最大でも64ホストなので、このサイズで足りる想定なのでしょうが、仮想マシンがとても多い環境など、場合によってはメモリを増やしたり、Diskを拡張したりしたい場合もあるかもしれません。

 

試しにEmbedded VCSA/PSCのCPU/Memory/Diskを変更して、Major Upgrade後に変更が維持されるかどうかを確認してみました。

今回のテストでは4.5.314 から 4.7.212への Upgradeで試しました。

 

 

事前の予想

VxRail 4.5.314 はvSphere 6.5系、VxRail 4.7.212はvSphere 6.7系なので、Upgradeに際して新しいVCSA/PSC VMが作成され、既存のVCSA/PSCからデータがMigrationされます。

なので、Upgrade前に変更した仮想ハードウェア情報は維持されないと予想しました。

 

構成変更なしでUpgradeをしてみた

まずは構成変更をせずに、vCenter 6.5 → 6.7へのUpgradeをしてみて、ログや証明書などが維持されるかどうか確認してみました。

結果は以下です。※PSCも同様なので割愛

 

維持されるもの

    • SSL証明書
    • タスク履歴
    • イベント履歴

 

維持されないもの

    • Host key fingerprint (SSH接続時に更新が必要)
    • ログ(/var/log/配下など)

 

構成変更してUpgradeをしてみた

次に仮想ハードウェアを構成変更して、変更が維持されるか確認しました。

※PSCも同様なので割愛

 

初期状態

Upgrade前の状態は以下です

 

1.PNG

 

デフォルトのままなので、vCPUは4、メモリは16GB、Diskサイズもすべてデフォルトです。

 

 

変更内容

以下の構成変更をしました。

      • vCPUを4 → 8
      • メモリを16GB → 32 GB
      • /storage/log (ハードディスク5) を 10GB → 20 GB

 

変更後の構成は以下です。

 

2.PNG

 

 

Upgrade後

Upgrade(Migration)後の構成は以下でした

 

3.PNG

 

結果は私の事前の予想と反し、CPUとメモリの変更は維持され、Diskサイズの変更はデフォルトに戻りました。

 

まとめ

今回のテストでは事前の予想とは異なる結果となりましたが、CPUとメモリの変更が維持されるのは安心できますね。

Diskについてはデフォルトに戻ってしまうので、/storage/logではなくDBのボリュームが拡張されていた場合にどうなるのかは気になります。

その他、パスワードの有効期限設定なども確認し忘れてしまったので、今後判明したらUpdateしようと思います。