Skip navigation

引き続き、vSphere with Kubernetes を体験するためのラボ環境構築をしていきます。

 

前回の投稿はこちら。

vSphere with Kubernetes ラボ環境構築。Part-02: vSphere 事前準備編

 

今回は、vSphere with Kubernetes にかかわる機能が ESXi のデータストアを選択するときに利用する、

「仮想マシン ストレージ ポリシー」の作成です。

 

たとえば、Supervisor Cluster を有効化する際に、データストア指定のかわりに、

仮想マシン ストレージ ポリシーを選択します。

※これは、後程実施する手順のものです。

wcp-03-41.png

 

具体的には、下記のような作業をします。

  • vSphere の機能で「タグ」を作成。
  • データストアにタグを付与する。
  • タグをもとにデータストアを選択する、仮想マシン ストレージ ポリシーを作成。

 

ただし、vSAN データストアを利用する場合は、デフォルトで作成される「vSAN Default Storage Policy」でラボ構築をすすめられるので、次の投稿にスキップしても大丈夫です。 今回のラボでは vSAN ではなく、NFS データストアを利用するため、仮想マシン ストレージ ポリシーの追加作成をしています。

 

vSphere の「タグ」作成。

「タグとカスタム属性」メニューを開きます。

wcp-03-02.png

 

「タグ」画面にある「新規」リンクから、「タグの作成」画面をひらいて、

「新しいカテゴリの作成」をクリックします。

wcp-03-04.png

 

下記のようにカテゴリを作成します。

  • カテゴリ名: datastore-category
  • オブジェクトあたりのタグ数: 1つのタグ
  • 関連付け可能なオブジェクト タイプ: 「データストア」のみチェック On にする。

wcp-03-06.png

 

「タグの作成」画面にもどり、下記のようなタグを作成します。

  • 名前: wcp-demo
  • カテゴリ: datastore-category (直前に作成したカテゴリを選択している)

wcp-03-07.png

 

タグが作成されました。

wcp-03-08.png

 

データストアへのタグ割り当て。

データストアの「サマリー」画面で、「割り当て」をクリックします。

wcp-03-09.png

 

直前の手順で作成したタグを選択します。

wcp-03-10.png

 

データストアに、タグが割り当てられました。

wcp-03-11.png

 

仮想マシン ストレージ ポリシーの作成。

「ポリシーおよびプロファイル」メニューを開きます。

wcp-03-21.png

 

「仮想マシン ストレージ ポリシー」にある、

「仮想マシン ストレージ ポリシーの作成」をクリックします。

wcp-03-22.png

 

仮想マシン ストレージ ポリシー名を入力します。

今回は「vm-storage-policy-wcp」にしています。

wcp-03-23.png

 

「データストア 固有のルール」で、「タグ ベースの配置ルールを有効化」を On にします。

wcp-03-24.png

 

ルール1 には、先ほど作成した  カテゴリ/タグ を指定します。

  • タグ カテゴリ: datastore-category
  • 使用量オプション: 以下のタグ付けをされたストレージを使用
  • タグ: 「wcp-demo」が指定された状態にする。

wcp-03-27.png

 

「ストレージ互換性」で、タグを付与したデータストアが表示されることを確認します。

wcp-03-28.png

 

仮想マシン ストレージ ポリシーが作成されました。

wcp-03-30.png

 

続く。

vSphere with Kubernetes ラボ環境構築。Part-04: NSX Manager デプロイ編

引き続き、vSphere with Kubernetes を体験するためのラボ環境構築をしていきます。

今回は、vSphere 環境の事前準備です。

 

前回はこちら。

vSphere with Kubernetes ラボ環境構築。Part-01: 環境説明編

 

Superviser Cluster を有効化する準備として、

vSphere DRS、vSphere HA、vDS まわりの設定をしておきます。

 

ここから設定するのは、(前回も掲載した)サーバ構成イメージ図の赤破線の部分にあたります。

wcp-02_lab-image.png

 

vSphere DRS の有効化。

Superviser Cluster を有効化する前提として、vSphere DRS / HA 両方の有効化が必要です。

まず、vSphere Cluster で、DRS を「完全自動化」で有効化しておきます。

 

vSphere Cluster を作成した時点では DRS が無効なので、「編集」から設定変更します。

wcp-02-01.png

 

vSphere DRS を有効(緑)にして、自動化レベルは「完全自動化」を選択しておきます。

wcp-02-02.png

 

vSphere HA の有効化。

そして、vSphere Cluster で、HA も有効化しておきます。

※vSAN を利用する場合は、vSAN データストアを構成したあとで HA を有効化します。

 

vSphere HA も、vSphere Cluster 作成時点では無効なので、「編集」から有効化しておきます。

wcp-02-03.png

 

「障害および対応」タブで、vSphere HA を有効(緑)にしてきます。

wcp-02-04.png

 

今回のラボ構成だと共有データストアが 1つだけ(2つ以上ではない)です。

そこで、vSphere HA のハートビート データストア不足メッセージの抑止のために、「詳細オプション」タブで次のパラメータを追加しておきます。

 

das.ignoreinsufficienthbdatastore = true

※ 参考: vSphere HA の詳細オプション

 

  • もしくは、2つ以上のデータストアを用意しておきます。
  • vSAN の場合は、データストアが 1つでも特にメッセージは表示されません。

wcp-02-05.png

 

vSphere Cluster で、DRS / HA 両方が有効な状態になりました。

wcp-02-09.png

 

vDS 作成 / ESXi のアップリンク接続。

Superviser Cluster の Kubernetes ネットワーク機能では、NSX-T 3.0 を利用します。

そして、NSX-T の仮想スイッチでは、vSphere 7.0 の分散仮想スイッチ(vDS 7)を利用することになります。

 

そのため、バージョン 7 の vDS を作成し、そのアップリンクに ESXi の vmnic(物理 NIC にあたる)を割り当てておきます。

ただし、今回は、vDS 作成についてこまかい手順は省略し、ポイントだけ記載しておきます。

 

vDS 作成時に、バージョンは「7.0.0」を選択します。

wcp-02-21.png

 

vDS の MTU はデフォルトでは 1500 です。

NSX-T のオーバーレイ ネットワークの要件にあわせて、1600 以上にしておきます。

wcp-02-22.png

 

ESXi ホストを vDS に追加して、アップリンクを割り当てておきます。

wcp-02-23.png

 

Superviser Control Plane VM 用 分散ポートグループ作成。

※既存仮想スイッチに管理ネットワークに接続できるポートグループがある場合は不要ですが・・・

 

あとで Superviser Cluster を有効化する際に、

Superviser Control Plane VM を接続するネットワーク(ポートグループ)を選択することになります。

vCenter などが接続された管理ネットワークにアクセスできる、

もしくは管理ネットワーク自体の分散ポートグループも作成しておきます。

 

今回は「DPortGroup-labmgmt」というポートグループを作成しています。

wcp-02-24.png

 

つづく・・・

vSphere with Kubernetes ラボ環境構築。Part-03: 仮想マシン ストレージ ポリシー準備編

vSphere 7.0 から、vSphere で Kubernetes ワークロードを実行する機能が追加されました。

vSphere with Kubernetesの設定と管理

vSphere with Kubernetes Configuration and Management (英語の原文)

 

この機能を「ちゃんとサポートされた構成」で構築するには、

ハードウェア/ソフトウェア要件がわりと厳しめです。

そこで今回は、とりあえず機能を体験するためのラボ環境構築をしてみます。

 

vSphere with Kubernetes を有効化したクラスタは Superviser Cluster や、Workload Control Plane(WCP)と呼ばれていて、

vCenter のインベントリで「名前空間(Namespace)」が作成できるようになります。

 

この環境での Kubernetes ワークロード実行には、主に 2パターンあります。

 

vSphere Pod

  • ESXi が Kubernetes の Worker Node になる。
  • Pod が作成されるたびに、Pod 専用の VM が起動される。

 

Tanzu Kubernetes Cluster

  • ゲスト OS での Kubernetes クラスタを構成する。つまり VM が Kubernetes の Worker Node になる。
  • Pod は、Worker Node の VM 上で起動される。(vSphere Client から見えるのは Wroker Node まで)

 

vSphere Client から見ると、それぞれ下記のように見えます。

wcp-01-p01.png

 

環境説明。

Superviser Cluster での Kubernetes は、NSX-T の利用を前提としています。

これから構築するラボ環境のネットワーク構成は、下記のような感じになります。

 

NSX-T では、Tier-0 Gateway を手作業で作成しておく必要があります。

(NSX の各要素の設定については、のちほど説明するつもり・・・)

wcp-01-p02.png

 

サーバ構成。

今回は、下記のようなサーバ構成にしています。

図の赤破線内の VM は、あらかじめ用意しておきます。

 

  • 物理マシンは、サーバではなく、ちょっと性能がいい PC を利用します。
  • ネステッド ハイパーバイザ環境です。(ESXi 上の VM に、ゲスト OS として ESXi をインストール)
  • 頑張れば、もう少し CPU / メモリ リソースは削減できます。
  • vCPU / vRAM 割り当てが大きい vCenter、NSX Manager、NSX Edge は、ネステッド ESXi の外側に配置。
  • Superviser Cluster ラボ環境むけに、新規で vCenter を用意して、 ネステッド ESXi を登録しています。

wcp-01-p03.png

 

ネストの内側の環境について。

まず、今回 Supervisor Cluster にする vSphere 環境です。

ESXi 3ノードの vSphere クラスタ(wcp-cluster-01)を構成しています。

バージョンは下記です。

  • vCenter Server 7.0.0a
  • ESXi 7.0 GA

wcp-00-02.png

 

ESXi の共有データストアは NFS です。

一般的には vSAN になると思いますが、ネステッド環境のスペックの都合上 NFS にしています。

シン プロビジョニングになるので、搭載 VM の VMDK 合計よりも少ない容量(500 GB程度)です。

wcp-00-03.png

 

ESXi には、「ワークロード管理」の機能をもつライセンスが必要です。

今回は、ESXi インストール直後の評価モード(60日間の)です。

wcp-00-05.png

 

ネストの外側の環境について。

ここまでに紹介した「ネステッド vSphere」の外側の vSphere です。

機能上ネステッド ESXi 上にのせる必要がない VM は、あえて外側の vSphere に配置しています。

下記の VM が稼働しています。

  • ESXi の VM が 3つ
  • vCenter
  • NSX Manager
  • NSX Edge (スクリーンショットにはまだ存在しない)
  • NFS データストアにしている Linux VM

wcp-00-01.png

 

ネステッド ESXi(ESXi をインストールしている VM)の vNIC では、ネストむけのポートグループを割り当てます。

この環境では vDS を利用しており、分散ポートグループは次のように設定しておきます。

  • VLAN トランク(0-4094)。※vSS の標準ポートグループの場合は VLAN 4095。
  • 無差別モード、MAC アドレス変更、偽装転送を「承諾」。

wcp-00-07.png

 

また、この vDS も NSX-T オーバーレイ ネットワークの経路になるので、

MTU を 1600 に設定しておきます。

wcp-00-06.png

 

つづく。

vSphere with Kubernetes ラボ環境構築。Part-02: vSphere 事前準備編