NSX-T 2.5 の Simplified UI で、NSX-T のラボ環境を作成します。

今回は、従来の「Tier-1 ルータ」にあたる「Tier-1 ゲートウェイ」を作成して、

あわせて従来の「オーバーレイ 論理スイッチ」のかわりになるセグメントを作成/接続します。

 

一連の投稿の出だしはこちら。

自宅ラボで NSX-T 2.5 環境を構築する。Simplified UI 編。Part.1

 

前回はこちら。

自宅ラボで NSX-T 2.5 環境を構築する。Simplified UI 編。Part.3

 

Tier-1 ゲートウェイの作成。

さっそくですが、Tier-1 ゲートウェイを作成します。

この先の手順で指定する Tier-0 ゲートウェイ「t0-gw-01」は、前回の投稿で作成したものです。

 

NSX-T の Manager で、「ネットワーク」→「Tier-1 ゲートウェイ」を開き、

「Tier-1 ゲートウェイの追加」をクリックします。

t1-gw-and-seg-01.png

 

今回は、最小限のパラメータだけ設定変更しています。

まだ「保存」はせず、このままルート アドバタイズの設定します。

  • Tier-1 ゲートウェイの名前: ここでは「t1-gw-01」とした。
  • リンクされた Tier-0 ゲートウェイ: 前回作成した Tier-0 ゲートウェイ「t0-gw-01」を選択。
  • Edge クラスタ:  作成ずみの Edge クラスタ「edge-cluster-01」を選択。

t1-gw-and-seg-03.png

 

「ルート アドバタイズ」を開き、「接続されているすべてのセグメントおよびサービス ポート」を

有効 (緑)にして、「保存」をクリックします。

t1-gw-and-seg-04.png

 

その後の確認画面は「いいえ」で、Tier-1 ゲートウェイの設定画面はいったん閉じます。

t1-gw-and-seg-05.png

 

オーバーレイ セグメントの作成。

オーバーレイ セグメントを、Tier-1 ゲートウェイに接続した状態で作成します。

 

これは VLAN のセグメントの作成と同様に、

NSX-T の Manager で、「ネットワーク」→「セグメント」を開き、「セグメントの追加」をクリックします。

表示されたセグメントの設定入力の画面で、次のパラメータを入力します。

  • セグメント名: 今回は「seg-overlay-01」と入力。
  • 接続されたゲートウェイとタイプ: これは直前に作成した Tier-1 ゲートウェイ「t1-gw-01」を選択。

そうすると、「サブネット」にある「サブネットの設定」リンクがアクティブになるので、クリックします。

t1-gw-and-seg-07.png

 

「サブネットの追加」をクリックし、ここでは「ゲートウェイ」の IP アドレスだけ入力して、「追加」をクリックします。

  • ゲートウェイ: 「172.16.1.1/24」と入力。
  • DHCP 範囲: 空欄のまま。(あとの手順で入力する)

t1-gw-and-seg-21.png

 

ゲートウェイのアドレスが追加されたことを確認して「適用」をクリックします。

t1-gw-and-seg-22.png

 

セグメントの設定入力画面に戻ると、サブネットが「1」表示されます。

トランスポート ゾーンに、作成ずみのオーバーレイ トランスポート ゾーンを選択して「保存」します。

t1-gw-and-seg-10.png

 

設定続行の確認画面は「いいえ」で閉じます。

t1-gw-and-seg-11.png

 

これで、オーバーレイ セグメント 1つ接続してある Tier-1 ゲートウェイが作成されました。

作成されたオーバーレイ セグメントで「詳細設定」をクリックすると・・・

t1-gw-and-seg-13.png

 

オーバーレイ セグメントも、VLAN セグメントと同様に、

「ネットワークとセキュリティの詳細設定」画面でのそのオブジェクトを表示することができます。

t1-gw-and-seg-14.png

 

オーバーレイ セグメントの VM への接続。

作成したオーバレイ セグメントは、従来の NSX-T オーバーレイ論理スイッチと同様に、

VM の vNIC にポートグループとして割り当てることができます。

 

vSphere Client では、VM の「設定の編集」画面にも、セグメントが表示されます。

※この VM は、NSX-T のホスト トランスポート ノードとしてセットアップずみの ESXi に配置されています。

t1-gw-and-seg-16.png

 

セグメントを割り当てた vNIC です。

VM を起動して、ゲスト OS 内でセグメントにあわせた IP アドレスを設定すれば、

さきほどセグメントの「サブネット」で設定したゲートウェイにアドレスに通信可能となるはずです。

(たとえば ping などで)

t1-gw-and-seg-17.png

 

今回の手順は、製品ドキュメントでは下記のあたりが参考になります。

Add a Tier-1 Gateway

Add a Segment ※オーバーレイ セグメントは VLAN セグメントと同じ画面から作成する。

 

続く。

自宅ラボで NSX-T 2.5 環境を構築する。Simplified UI 編。Part.5