NSX-T 2.5 の Simplified UI で、NSX-T のラボ環境を作成します。

今回は、従来の「Tier-0 ルータ」にあたる「Tier-0 ゲートウェイ」を作成します。

 

一連の投稿の出だしはこちら。

自宅ラボで NSX-T 2.5 環境を構築する。Simplified UI 編。Part.1

 

前回はこちら。

自宅ラボで NSX-T 2.5 環境を構築する。Simplified UI 編。Part.2

 

Tier-0 ゲートウェイの作成。

Tier-0 ゲートウェイを作成します。

この手順で指定するアップリンクの VLAN セグメント「seg-vlan-0200」は、前回の投稿で作成したものです。

 

NSX-T の Manager の「ネットワーク」→ 「Tier-0 ゲートウェイ」画面を開き、

「Tier-0 ゲートウェイの追加」をクリックします。

t0-gw-01.png

 

下記のパラメータを設定して「保存」します。

  • Tier-0 ゲートウェイの名前: ここでは「t0-gw-01」としている。
  • HA モード: アクティブ/スタンバイ
  • Edge クラスタ: 作成ずみの Edge クラスタ「edge-cluster-01」を選択する。

t0-gw-02.png

 

Tier-0 には作成後に設定変更するパラメータがあるため、

「Tier-0 ゲートウェイの設定を続行しますか?」では「はい」を選択します。

t0-gw-03.png

 

Tier-0 ルータ作成時に表示されていた入力画面が表示されます。

アップリンクとなるポートを作成するため、

「インターフェース」→「設定」をクリックします。

t0-gw-04.png

 

「インターフェイスの設定」画面が表示されるので、「インターフェイスの追加」をクリックします。

t0-gw-05.png

 

次のパラメータを入力してから「保存」をクリックします。

  • 名前: インターフェースの名前を入力する。ここでは「t0-uplink-01」。
  • タイプ: デフォルトのまま「外部」を選択。
  • IP アドレス/マスク: NSX 外部の VLAN と、NSX-T の VLAN セグメントにあわせた IP アドレスを入力する。
    ここでは「192.168.200.2/24」を入力。
  • 接続先(セグメント): 作成ずみの VLAN セグメント「seg-vlan-0200」を選択。
  • Edge ノード: 作成ずみの Edge ノード「lab-nsxt-edge-01」を選択。

t0-gw-07.png

 

インターフェースが作成されたことを確認して「閉じる」をクリックします。

「状態」が「不明」になっている場合は、更新ボタンをクリックすると「稼働中」になるはずです。

t0-gw-08.png

 

「インターフェイス」に「1」(インターフェースの数)が表示されるようになります。

そのまま画面を下にスクロールして「編集を終了」をクリックします。

t0-gw-10.png

 

「ネットワークとセキュリティの詳細設定」での Tier-0 ゲートウェイ。

作成した Tier-0 ゲートウェイは、「ネットワークとセキュリティの詳細設定」画面では

「Tier-0 ルータ」と同様に表示されます。

 

「ネットワークとセキュリティの詳細設定」配下の対応する画面には、

「ネットワーク」画面で表示されるオブジェクトの「詳細設定」からでも表示できます。

t0-gw-011.png

 

前回作成した「セグメント」と同様に、Simplified UI で作成した Tier-0 / Tier-1 ゲートウェイの場合も、

先頭に丸いマークが表示されています。

t0-gw-12.png

 

今回の手順は、製品ドキュメントだと下記のあたりが参考になります。

Add a Tier-0 Gateway

 

つづく ...

自宅ラボで NSX-T 2.5 環境を構築する。Simplified UI 編。Part.4