Skip navigation

PowerCLI 11.3 がリリースされて、

NSX-T の論理スイッチの情報取得が簡単になりました。

New Release: VMware PowerCLI 11.3.0 - VMware PowerCLI Blog - VMware Blogs

 

PowerCLI 11.3 では、Get-VirtualNetwork コマンドレットで

NSX-T 論理スイッチの情報が取得できるようになりました。

PowerCLI> gcm Get-VirtualNetwork | select Name,Version,Source | Format-List

 

Name    : Get-VirtualNetwork

Version : 11.3.0.13964826

Source  : VMware.VimAutomation.Core

 

 

NSX-T 論理スイッチの情報取得。

NSX-T 論理スイッチは、NetworkType が「Opaque」です。

ちなみに、標準仮想スイッチ(vSS)の標準ポートグループは「Network」、

下記にはありませんが分散仮想スイッチ(vDS)の分散ポートグループは「Distributed」になります。

※Connect-VIServer で vCenter に接続ずみです。

PowerCLI> Get-VirtualNetwork

 

Name                                               NetworkType

----                                               -----------

pg-nsxt-edge-vtep                                  Network

pg-nsxt-edge-vlan                                  Network

VM Network                                         Network

ls-nsxt-002                                        Opaque

ls-nsxt-001                                        Opaque

 

 

ここでの ls-nsxt-001、ls-nsxt-002 は vSphere Client から見ると通常のポートグループとは異なるアイコンで、

NSX-T の論理スイッチだとわかります。

 

ちなみに、これらの NSX-T 論理スイッチは、事前に NSX Manager で作成しておいたものです。

自宅ラボで NSX-T 2.4 環境を構築する。Part.9

powercli-nsxt-ls-02.png

 

vNIC へのNSX-T 論理スイッチ割り当て。

VM の vNIC に論理スイッチを割り当てるには、「-NetworkName」で論理スイッチ名を指定します。

vSphere の vDS による分散ポートグループでは「-Portgroup」などで指定していましたが、

NSX-T の N-VDS による論理スイッチでは、vSS の標準ポートグループの場合と同じ

「-NetworkName」オプション指定で設定することになります。

 

標準ポートグループ「VM Network」が割り当てられている

VM「vm01」の vNIC「Network adapter 1」があります。

PowerCLI> Get-VM vm01 | Get-NetworkAdapter -Name "Network adapter 1" | select Parent,Name,NetworkName | Format-List

 

Parent      : vm01

Name        : Network adapter 1

NetworkName : VM Network

 

 

vNIC のポートグループの割り当てを、NSX-T 論理スイッチ「ls-nsxt-001」に変更してみます。

PowerCLI> Get-VM vm01 | Get-NetworkAdapter -Name "Network adapter 1" | Set-NetworkAdapter -NetworkName "ls-nsxt-001" -Confirm:$false

 

Name                 Type       NetworkName  MacAddress         WakeOnLan

                                                                  Enabled

----                 ----       -----------  ----------         ---------

Network adapter 1    Vmxnet3    ls-nsxt-001  00:50:56:9f:fa:ac       True

 

 

vSphere Client からみても、vNIC の「ネットワーク」設定が

論理スイッチに変更されたことが確認できます。

powercli-nsxt-ls-01.png

 

以上、NSX-T 論理スイッチを PowerCLI で変更してみる話でした。