Skip navigation

自宅で手軽に NSX-T の機能を確認できるように、

ネステッド ESXi 環境を利用したラボを構築してみます。

一連の投稿のまとめです。

NSX-T_Lab-2019_setup_summary.png

 

はじめに、今回のラボ構成の方針と、全体のイメージを説明します。

自宅ラボで NSX-T 2.4 環境を構築する。Part.1

 

ネスト環境の外側の vCenter / ESXi での設定について説明します。

VM 配置と、リソースの割り当てについて、ついでに DNS などの関連サーバの準備についても説明します。

自宅ラボで NSX-T 2.4 環境を構築する。Part.2

 

ひきつづき、ネスト環境の外側の vCenter ESXi での設定のうち

物理~ネスト外側でのネットワークの準備について説明します。

ここでのポイントは、物理 ESXi での仮想スイッチとポートグループの設定です。

自宅ラボで NSX-T 2.4 環境を構築する。Part.3

 

ここから、ネスト環境の内側の vCenter / ESXi の準備です。

おもに、仮想スイッチとポートグループの設定について説明します。

自宅ラボで NSX-T 2.4 環境を構築する。Part.4

 

NSX-T の「ホスト トランスポート ノード」の設定をします。

ESXi に、NSX-T 独自の仮想スイッチである N-VDS を構成します。

ここで構成するのは 2種類ある N-VDS のうち「オーバーレイ N-VDS」の方です。

自宅ラボで NSX-T 2.4 環境を構築する。Part.5

 

NSX Edge の VM を展開します。

「Edge トランスポート ノード」とよばれるもので、

Edge にもオーバーレイ N-VDS を構成します。

自宅ラボで NSX-T 2.4 環境を構築する。Part.6

 

NSX Edge を「VLAN トランスポート ゾーン」に追加して、VLAN N-VDS を構成します。

NSX Edge は、オーバーレイ トランスポート ゾーンと、VLAN トランスポート ゾーンの

両方に追加されることになります。

自宅ラボで NSX-T 2.4 環境を構築する。Part.7

 

NSX Edge による Tier-0 論理ルータを作成して、

オーバーレイ ネットワークへの入り口になるアップリンク ポートを作成します。

自宅ラボで NSX-T 2.4 環境を構築する。Part.8

 

オーバーレイ ネットワークで分散ルーティングする、Tier-1 論理ルータを作成します。

そして、オーバーレイ ネットワーク(の論理スイッチ)を作成して、

Tier-1 論理ルータにゲートウェイになるポートを作成します。

自宅ラボで NSX-T 2.4 環境を構築する。Part.9

 

NSX-T 環境内の VM むけに、DHCP サーバを用意します。

自宅ラボで NSX-T 2.4 環境を構築する。Part.10

 

自宅での NSX-T 環境への経路のとりかたについて紹介します。

自宅ラボで NSX-T 2.4 環境を構築する。Part.11

 

以上、NSX-T 自宅ラボ構築のまとめでした。