Skip navigation

今月は1日1回くらい、さまざまな ネステッド vSAN 6.7 U1 を構成してみています。

 

一連の投稿へのリンクは下記をどうぞ。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。まとめ

 

昨日はこちら。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-21

 

22日目は、1ノードの vSAN です。

 

vSAN-Cluster-20181222 クラスタ

  • ESXi は 1ノード
  • vCenter は vSAN 外部に配置
  • 仮想マシン ストレージ ポリシーを 1ノード vSAN むけに調整。
    • デフォルト ポリシー自体は変更せず、VM ごとに適用。

 

実情として 1ノード vSAN は、vCenter を vSAN 上に配置する過程として一時的に

構成されることが多いかなと思います。

Deploying vSAN with vCenter Server Appliance

 

しかしリソースの都合上、今回も vCenter を vSAN 外部に配置しています。vSAN の外に配置しています。

 

1 ノード vSAN の様子。

1 ノード vSAN を構成すると、ノード障害に耐えられない構成なので、

vSAN の健全性テストで下記のようなエラーが検知されます。

vsan-adv-d22-04.png

 

仮想マシン ストレージ ポリシーも、デフォルトの「vSAN Default Storage Policy」では、

冗長性を満たせず(フォールト ドメインが足りず)、VM を作成することができません。

vsan-adv-d22-05.png

 

VM を作成しようとしても、デフォルトの仮想マシン ストレージ ポリシーのままでは、

vSAN データストアはポリシーに一致しません。

vsan-adv-d22-06.png

 

このまま vSAN データストアに VM を作成しようとしても・・・

vsan-adv-d22-07.png

 

フォールト ドメインが足りないためファイルが作成できず、VM の作成もエラーになります。

vsan-adv-d22-09.png

 

仮想マシン ストレージ ポリシーと 1 ノード vSAN の関係。

1 ノード vSAN のままの状態で VM を作成する場合は、

仮想マシン ストレージ ポリシーで工夫が必要で、ポリシーで

「強制プロビジョニング」を有効にするか、「データの冗長性なし」にします。

 

「強制プロビジョニング」を有効にすると、

ポリシーに一致しない状態でも、仮想ディスク を作成することができます。

 

「vSAN Default Storage Policy」をクローンして、

強制プロビジョニングを有効にしたポリシーを作成してみます。

vsan-adv-d22-10.png

 

強制プロビジョニングは、「vSAN」→「詳細なポリシー ルール」で設定できます。

vsan-adv-d22-12.png

 

「vSAN-SingleNode-Temp-Policy」という名前でポリシーを作成しました。

vsan-adv-d22-13.png

 

強制プロビジョニングのポリシーであれば、

新規 VM を作成するときに、vSAN データストアの互換性チェックは成功します。

vsan-adv-d22-14.png

 

VM の作成、起動はできますが、当然ながらポリシーの可用性は満たしていないので

コンプライアンス チェックではエラーになります。

vsan-adv-d22-16.png

 

一方「データの冗長性なし」は、ポリシーの「可用性」→「許容される障害の数」で設定できます。

vsan-adv-d22-17.png

 

「vSAN-SingleNode-Policy」という名前で

データの冗長性なしで、強制プロビジョニングは無効にしてあるポリシーを作成しました。

vsan-adv-d22-19.png

 

今度は、そもそもノード障害に耐えられなくてもよいポリシーを適用しているので、

ポリシーを割り当てた VM のコンプライアンス チェックは「準拠」になります。

vsan-adv-d22-21.png

 

しかし当然ながら、どちらのポリシーもデータの可用性があるわけではなく、

この VM の vSAN オブジェクトは、コンポーネントはそれぞれ 1つだけ作成されています。

この状態から冗長性(耐障害性)のある状態にするためには、

ノードを追加した後で、しかるべきポリシーを適用するとデータが複製されます。

vsan-adv-d22-22.png

 

本番環境で 1ノード vSAN がそのまま利用されることはないかなと思います。

しかし、構築の過程で、1ノードだけ先行構築して VM を作成したい場合や、

検証環境などでデータの冗長性より容量効率を重視するような場合は、

今回のようなポリシーを利用することもできます。

 

また構築の過程で、可用性の低いポリシーを適用する場合は、

ちゃんとしたポリシーに戻すことを忘れないよう、要注意です。

うっかりそのままにしても影響が少ないよう、

今回はデータストアのデフォルトポリシーは変更せず、VM 単位でのポリシー変更にしてみました。

 

つづく。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-23