今月は1日1回くらい、さまざまな ネステッド vSAN 6.7 U1 を構成してみています。

 

一連の投稿へのリンクは下記をどうぞ。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。まとめ

 

昨日はこちら。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-18

 

19日目は、vSAN データストアで、重複排除・圧縮を有効にしています。

 

vSAN-Cluster-20181219 クラスタ

  • ESXi は 4ノード
  • オールフラッシュ ディスクグループ
  • ディスクグループは各ノードで 1つずつ
  • 重複排除(デデュープ)および圧縮あり

 

vSAN の重複排除と圧縮機能は、両方あわせて有効化することになります。

また、ハイブリッドではなくオールフラッシュのディスクグループが必要です。

Using Deduplication and Compression

 

vSAN クラスタで「デデュープおよび圧縮」が有効になっています。

vsan-adv-d19-01.png

 

重複排除・圧縮の要件により、

このクラスタの ESXi はオールフラッシュの vSAN ディスクグループにしています。

vsan-adv-d19-02.png

 

クラスタ容量では、デデュープおよび重複排除の容量も確認できるようになっています。

vsan-adv-d19-04.png

 

重複排除・圧縮が動作するか、VM をクローンしてみます。

vSAN データストアには、VM を 1台だけ配置しています。

この VM の容量は 3.14 GB です。

vsan-adv-d19-05.png

 

VM をクローンしてみます。

今回は、PowerCLI で VM を30台クローンしています。

このクラスタでは DRS を有効にしているので、クローン先に

ESXi ではなくクラスタ(リソースプール)を指定し、VM 配置を自動化しています。

PowerCLI> 1..30 | %{New-VM -VM "vm-template" -Name ("vm-" + $_.toString("00")) -ResourcePool "vSAN-Cluster-20181219" -Datastore "vsanDatastore"}

 

コマンドラインでは、下記のような指定をしています。

  • クローン元 VM は「vm-template」
  • クローン作成する VM の名前は「vm-<数字2桁>」。数字は 1~30
  • クローン先リソースプール(クラスタ)は「vSAN-Cluster-20181219」
  • クローン先のデータストアは「vsanDatastore」

vsan-adv-d19-06.png

 

データストアの容量が削減されている様子がわかります。

vsan-adv-d19-08.png

 

容量確認するときは、念のため、

データストアで「キャパシティ情報の更新」をしておくことをおすすめします。

(もしくは容量グラフ下の「更新」ボタンをクリック)

vsan-adv-d19-07.png

 

また、ネストの外側の物理マシン ESXi のデータストア空き容量にも、注意が必要です。

vsan-adv-d19-09.png

 

ネスト環境は一般的に、ラボやデモ用途で利用されるため、

ESXi VM の仮想ディスクをシン プロビジョニングで作成することが多いはずです。

そうすると、今回のように大量の VM クローンによってネストの外側の物理マシンで

データストア容量があふれてしまうことがあります。

(シック プロビジョニングの場合よりも、という意味あいにて)

 

今回のケースはそうならないようにしましたが、

データストアの空き容量がなくなって、シン プロビジョニングの VMDK 拡張できなくなると、

その時点で、VMDK 拡張しようとしていた VM は停止してしまいます。

vCenter の VM など、重要な VM が停止してしまうと致命的なので、このような検証をするときは、

  • ちゃんとデータストア容量に注意しておく。
  • 重要な VM をシック プロビジョニングで容量確保する。
  • あらかじめ重要な VM を別の NFS データストアなどに配置しておく。

といった工夫をするとよいかなと思います。

 

つづく。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-20