Skip navigation

今月は1日1回くらい、さまざまな ネステッド vSAN 6.7 U1 を構成してみています。

 

一連の投稿へのリンクは下記をどうぞ。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。まとめ

 

昨日はこちら。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-16

17日目は、vSAN ストレッチ クラスタを構成してみます。

 

今回は、vSAN のフォールト ドメインを利用して、

サイト(物理的なデータセンタなど)の障害対策を意識した構成をしてみます。

 

vSAN-Cluster-20181217 クラスタ

  • ESXi 6ノード
  • フォールト ドメインは 2つ作成 → それぞれ ESXi を 3ノードずつ配置
  • vCenter は vSAN 外部に配置
  • ストレッチ クラスタ(監視ホストは vSAN とは別のサイトに配置)

 

ストレッチ クラスタの vSAN 構成例。

以前に作成した 2ノード vSAN も、ストレッチ クラスタでしたが、

今回は、災害などでデータセンタ単位での障害が発生したケースを想定して、

1つの vSAN のうち部分的に別の DC などに配置するケースを想定しています。

ただし、実際に物理データセンタを用意するわけではなくネスト環境です。

 

ESXi ホストと VM を、どのデータセンタで起動させるか決めておきます。

データセンタごとに、ネットワークをわけています。

  • データセンタ A: ESXi は 192.168.10.31~33、vm01 が起動。
  • データセンタ B: ESXi は 192.168.20.34~36、vm02 が起動。

 

データセンタごとに、フォールト ドメインを作成しています。

vSAN クラスタは 1つですが、ESXi の物理配置は 2か所になります。

vsan-adv-d17-01.png

 

VM の配置調整のため、DRS を有効にしておきます。

vsan-adv-d17-02.png

 

DRS のアフィニティ ルールを作成しておきます。

データセンタ A むけのルールです。

vsan-adv-d17-05.png

 

データセンタ B むけのルールです。

vsan-adv-d17-06.png

 

VM 配置は、それぞれの VM が、想定した DC(の ESXi)です。

vsan-adv-d17-07.png

 

VM の vSAN オブジェクトのデータも、意図したとおりに分散配置されています。

vsan-adv-d17-04.png

 

vSphere HA も有効にしておきます。

vsan-adv-d17-03.png

 

データセンタ障害時のイメージ。

 

データセンタ A の障害をイメージして、ESXi ホスト 3台を同時に停止してみます。

今回も、ネストの外側から ESXi VM をパワーオフします。

VM の IP アドレスを見ると ESXi と ESXi VM の対応がわかり、

ESXi 192.168.10.31~33 は、ESXi VM の vm-esxi-01 ~ 03 にあたります。

vsan-adv-d17-09.png

 

vSphere HA で、データセンタ A にあった vm01 が再起動されました。

vsan-adv-d17-10.png

 

vm01 は、データセンタ B のホストで起動しています。

vsan-adv-d17-11.png

 

vm01 の、データセンタ A のフォールト ドメインに配置されたコンポーネントは、

意図したとおり障害になっています。

vsan-adv-d17-12.png

 

データセンタ A 全体の障害でも、フォールト ドメインにより

データの可用性が担保されて VM が起動することができています。

 

つづく。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-18

今月は1日1回くらい、さまざまな ネステッド vSAN 6.7 U1 を構成してみています。

 

一連の投稿へのリンクは下記をどうぞ。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。まとめ

 

昨日はこちら。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-15

 

16日目は、vSAN でフォールト ドメインを構成してみます。

フォールト ドメインは、2ノード vSAN / ストレッチ クラスタ でも構成したものです。

今回は、ストレッチクラスタではない vSAN でのフォールト ドメインで、

サーバ ラック障害対策を意識した構成をしてみます。

 

vSAN-Cluster-20181216 クラスタ

  • ESXi 6ノード
  • フォールト ドメインは 3つ作成 → それぞれ ESXi を 2ノードずつ配置
  • vCenter は vSAN 外部に配置
  • 非ストレッチ クラスタ(監視ホストなし)

 

フォールト ドメインを利用した vSAN 構成例

今回は ESXi ホスト 6台を、3 つのサーバラックに 2台ずつ配置する想定とします。

ただし、実際に物理サーバ ラックがあるわけではなく、ネスト環境で構築します。

 

あわせて VM も、平常時に、どのサーバ ラックで起動させるか決めておきます。

  • サーバ ラック A: ESXi は 192.168.1.31~32、vm01 が起動。
  • サーバ ラック B: ESXi は 192.168.1.33~34、vm02 が起動。
  • サーバ ラック C: ESXi は 192.168.1.35~36、vm03 が起動。

 

6 ノードの vSAN で、フォールト ドメインを 3つ作成しています。

フォールト ドメインの名前は、対応する サーバ ラックがわかりやすいようにしました。

vsan-adv-d16-01.png

 

この vSAN クラスタでは、DRS を有効にしています。

DRS は、アフィニティ ルールを利用して

VM の配置(優先的に起動するサーバ ラック)を調整するために有効化しています。

vsan-adv-d16-04.png

 

DRS のアフィニティ ルールで利用するため、サーバ ラックごとに ESXi の「ホスト グループ」を作成しました。

vsan-adv-d16-08.png

 

そして、サーバ ラックごとに「仮想マシン グループ」も作成しました。

vsan-adv-d16-09.png

 

サーバ ラック A むけの「ホスト グループ」と「仮想マシン グループ」は、

下記のように、「仮想マシン / ホスト ルール」でひもづけます。

サーバ ラック A のホスト(192.168.1.31、192.168.1.32)で

vm01 が優先的に起動するように、ルールのタイプを「仮想マシンをホスト上で実行」にしています。

これを「グループ内のホストで実行する必要があります」としないのは、

障害時の vSphere HA で、別ラックでも VM を起動したいためです。

vsan-adv-d16-10.png

 

同様に、サーバラック B むけのアフィニティ ルールも作成しています。

vsan-adv-d16-11.png

 

そして、サーバラック C むけのアフィニティ ルールです。

vsan-adv-d16-012.png

 

また、この vSAN クラスタでは、vSphere HA も有効にしています。

データストア障害(APD)時にも、vSphere HA によって VM が自動起動がされるようにしています。

vsan-adv-d16-03.png

 

この vSAN クラスタで VM を起動すると、それぞれ DRS アフィニティ ルールに従った配置になっています。

vsan-adv-d16-02.png

 

ラック障害時のイメージ

サーバ ラック A の障害をイメージして、ESXi ホスト 2台を同時に停止してみます。

今回も、ネストの外側から ESXi VM をパワーオフします。

 

今回の「仮想マシン ストレージ ポリシー」は、vSAN 6.7 U1 デフォルトのポリシーである

「vSAN Default Storage Policy」のままです。

ラック単位でのフォールト ドメイン構成をしていない場合は、同じラック内のホストに

データのコピーが配置されることもあるので、ラック単位の障害時に、正常ホストのリソースがあっても

データの可用性がなくなり、VM が vSphere HA で起動できないことがありえます。

 

今回はラック単位でのフォールト ドメインを構成しているので、VM のデータの可用性が担保されているはずです。

 

それでは、2台同時に ESXi をパワーオフしてみます。

vsan-adv-d16-13.png

 

ホスト 2台で障害が発生し、vm01 が vSphere HA で再起動されたことがわかります。

この VM は、アフィニティ ルール設定外のホストでも vSAN 上のデータにアクセスして起動できています。

vsan-adv-d16-14.png

 

あらためて、物理的なデータ配置を確認すると、vm01 の vSAN オブジェクトは、

いずれもフォールト ドメインをまたいでデータ配置されています。

vsan-adv-d16-15.png

 

このように、フォールト ドメインの構成によりサーバ ラック A 全体の障害でも(ESXi が 2ノード同時に停止しても)

データの可用性が担保されて VM が起動できています。

 

また、今回は 3つのフォールト ドメイン構成でしたが、可用性の観点では

障害時もリビルドができるように 4つ以上のフォールト ドメインがあるとよいはずです。

Designing and Sizing vSAN Fault Domains

 

つづく。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-17