今月は1日1回くらい、さまざまな ネステッド vSAN 6.7 U1 を構成してみています。

 

一連の投稿へのリンクは下記をどうぞ。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。まとめ

 

昨日はこちら。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-10

 

11日目は、2ノード vSAN を構成してみました。

 

vSAN-Cluster-20181211 クラスタ

  • ESXi 2ノード
  • ハイブリッド(キャッシュ層 SSD + キャパシティ層 HDD)ディスクグループ
  • ディスクグループは各ノードで 1つずつ
  • フォールト ドメインは 2つ作成。
    • Preferred: ESXi 1ノード
    • Secondary: ESXi 1ノード
  • vCenter は vSAN 外部に配置
  • vSAN Witness Appliance(監視ホスト)を配置

 

2ノード vSAN については、VMware の Storage Hub サイトのドキュメントが参考になります。

vSAN 2 Node Guide

 

2ノード vSAN クラスタの様子。

ESXi が 2ノードの vSAN クラスタです。

2 ノード vSAN を構成した際は、vSAN の健全性テストの「ストレッチ クラスタ」が

すべて緑になっているか確認しておきます。

vsan-adv-d11-01.png

 

vSAN Witness アプライアンスをデプロイして、監視(Witness)ホストにしています。

監視ホストは必ず、監視対象にする vSAN クラスタの外部に配置します。

監視ホストも、他の ESXi と同じバージョンで ESXi 6.7 U1 です。

ホストのアイコンは、他の ESXi とは異なり水色です。

vsan-adv-d11-02.png

 

vSAN Witness Appliance による監視ホスト「192.168.1.29」の実体となる ESXi VM です。

これまでもネステッド ESXi による vSAN を構成していましたが、

Witness Appliance は、VMware から仮想アプライアンスの ova ファイルとして提供されています。

デプロイ先の互換性を考慮してか、仮想マシンバージョンは少し古めです。

vsan-adv-d11-03.png

 

vSAN の設定では、ストレッチ クラスタが有効になっています。

2ノード vSAN の実態は、2フォルト ドメイン + 監視ホストによるストレッチ クラスタです。

フォールト ドメインは 2つ作成しされ、それぞれ ESXi が 1ホストだけ含まれます。

「1件のフォールト ドメイン障害」が許容される、というのは

1ノードの ESXi ホスト障害に耐えられるということです。

vsan-adv-d11-04.png

 

2ノード vSAN での VM のデータ配置は、オブジェクトを構成する「監視」コンポーネントが

監視ホストに配置されます。

vsan-adv-d11-05.png

 

2 ノード vSAN は、vSAN としては応用的な構成だと思うので、

ラボ環境の構築としては、やりがいがあるかなと感じます。

 

つづく。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-12