Skip navigation

今月は1日1回くらい、さまざまな ネステッド vSAN 6.7 U1 を構成してみています。

 

一連の投稿へのリンクは下記をどうぞ。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。まとめ

 

昨日はこちら。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-09

 

10日目は、6ノードのオールフラッシュ vSAN を構成してみました。

 

vSAN-Cluster-20181210 クラスタ

  • ESXi 6ノード
  • オール フラッシュ(キャッシュ層 SSD + キャパシティ層 SSD)ディスクグループ
  • ディスクグループは各ノードで 1つずつ
  • 重複排除・圧縮 は無効のまま
  • フォールト ドメインはデフォルト構成のまま
  • vCenter は vSAN 外部に配置

 

vSAN では 6ノードのオールフラッシュ ディスクグループ構成にすると、

仮想マシン ストレージ ポリシーによる RAID 6 が利用できるようになります。

 

RAID 6 の仮想マシン ストレージ ポリシーを作成します。

vsan-adv-d10-01.png

 

6ノードのオールフラッシュ vSAN に配置した VM「vm01」にポリシーを適用しました。

vsan-adv-d10-05.png

 

vm01 の vSAN オブジェクトを見ると、コンポーネントが RAID 6 になっています。

vsan-adv-d10-02.png

 

RAID 6 では、2ノードの障害まで、データの可用性が保たれるので、2台の ESXi 停止してみます。

ネストの外側の ESXi VM を 2台同時にパワーオフします。

このときの停止対象は、vm01 が起動している ESXi 以外を選択します。

vsan-adv-d10-06.png

 

パワーオフ。

vsan-adv-d10-07.png

 

ESXi VM がパワーオフされました。

vsan-adv-d10-08.png

 

vSphere Client を見ていると、徐々に障害の様子が表示されます。

vsan-adv-d10-09.png

 

vSAN コンポーネントは、ちゃんと2重の障害になっています。

vsan-adv-d10-12.png

 

vm01 のゲスト OS でディスクへの書き込みをしていたところ、

疑似障害の(ESXi 2台をパワーオフした)タイミングで、数秒の I/O 停止がみられますが、

VM は停止せず、その後も書き込みが続けられています。

vsan-adv-d10-10.png

 

ちなみに、3ノード以上を停止させると、すぐに書き込みができなくなるはずです。

 

つづく。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-11

今月は1日1回くらい、さまざまな ネステッド vSAN 6.7 U1 を構成してみています。

 

一連の投稿へのリンクは下記をどうぞ。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。まとめ

 

昨日はこちら。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-08

 

9日目は、8日目の vSAN 構成のうち、キャパシティ層 HDD を SSD に変更してみます。

 

vSAN-Cluster-20181209 クラスタ

  • ESXi 4ノード
  • オール フラッシュ(キャッシュ層 SSD + キャパシティ層 SSD)ディスクグループ
  • ディスクグループは各ノードで 1つずつ
  • 重複排除・圧縮 は無効のまま
  • フォールト ドメインはデフォルト構成のまま
  • vCenter は vSAN 外部に配置

 

vSAN では、ディスクグループを All-Flash 構成にすることで

利用可能になる機能があります。

今回は、仮想マシン ストレージ ポリシーによる RAID 5 を構成してみます。

 

vSAN で RAID 5 を構成するには、4つ以上のフォールト ドメインと、

オール フラッシュのディスクグループが必要です。

 

参考:

RAID 5 または RAID 6 イレージャ コーディングの使用

 

フォールト ドメイン については、デフォルトでは ESXi がそれぞれフォールト ドメインとして扱われます。

そのため 4ノードの vSAN であれば、4つのフォールト ドメインが存在することになります。

vsan-adv-d08-08.png

 

ハイブリッド構成での RAID 5 構成。

まず、昨日の ハイブリッド構成で RAID 5 の構成を試みてみます。

これは要件を満たさない構成なので、失敗するはずです。

 

8日のクラスタは、4ノードですが、ハイブリッド構成(キャパシティ層が HDD)です。

vsan-adv-d08-03.png

 

RAID 5 の仮想マシンストレージ ポリシー「vSAN-Policy_RAID5」を作成しました。

vsan-adv-d08-01.png

 

VM「vm01」に「vSAN-Policy_RAID5」ポリシーを適用しようとすると、

(SSD の)キャパシティ層ディスクが足りないという警告メッセージが表示されます。

警告メッセージからはわかりにくいですが、

SSD のキャパシティ ディスクが不足している(ゼロ個しかない)ということで

実際に適用しようとしてもエラーで適用できません。

vsan-adv-d08-02.png

 

 

オールフラッシュ構成での RAID 5 構成。

それではオールフラッシュ構成の 4ノード vSAN で、RAID 5 を構成してみます。

 

キャパシティ層が SSD(フラッシュ)の、4ノード vSAN です。

vsan-adv-d08-04.png

 

VM「vm02」に、先ほど作成した RAID 5 のポリシーを適用します。

vsan-adv-d08-05.png

 

この構成であれば、先ほどの「vSAN-Policy_RAID5」ポリシーを選択しても

特に警告メッセージは表示されません。

vsan-adv-d08-06.png

 

「vSAN-Policy_RAID5」ポリシーが適用でき、ポリシーのコンプライアンスも「準拠」になりました。

vsan-adv-d08-09.png

 

vm02 の vSAN オブジェクトも、コンポーネントが RAID 5 の状態になっています。

vsan-adv-d08-07.png

 

オールフラッシュ構成ならではの vSAN の機能を、

ネステッド ESXi による、疑似的なオールフラッシュ vSAN で構成してみました。

 

つづく。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-10