今月は1日1回くらい、さまざまな ネステッド vSAN 6.7 U1 を構成してみています。

 

一連の投稿へのリンクは下記をどうぞ。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。まとめ

 

昨日はこちら。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-07

 

8日目は、1日目に近い構成の vSAN ですが、キャパシティ層 HDD の容量に注目してみます。

 

vSAN-Cluster-20181208 クラスタ

  • ESXi 4ノード
  • ハイブリッド(SSD + HDD)ディスクグループ
    • キャパシティ層 の HDD は 200GB
  • ディスクグループは各ノードで 1つずつ
  • 重複排除・圧縮 は無効のまま
  • フォールト ドメインはデフォルト構成のまま
  • vCenter は vSAN 外部に配置

 

下記のように、キャパシティ層を 200GB の HDD にしています。

vsan-adv-d08-01.png

 

実は vSAN には、仮想ディスクのコンポーネントごとの最大容量が設定されています。

これは ESXi ごとのパラメータ「VSAN.ClomMaxComponentSizeGB」で、デフォルトでは 255GB です。

vsan-adv-d08-02.png

 

このパラメータについては、下記の KB でも案内されています。

 

vSAN に小容量の磁気ディスクを使用すると仮想マシン障害が発生する場合がある (2080503)

https://kb.vmware.com/s/article/2080503

https://kb.vmware.com/s/article/2080503?lang=ja (日本語)

 

VSAN.ClomMaxComponentSizeGB は、上記の vSphere Client 画面で

設定変更をすることができますが、ここからは PowerCLI でこのパラメータの設定、設定確認をしてみます。

 

今回利用するバージョンは、PowerCLI 11 ですが、

古いバージョンの PowerCLI でも同様の操作が可能なはずです。

また、PowerCLI では、vCenter に接続ずみです。

 

vSAN クラスタには、4 ノードの ESXi ホストが接続されています。

PowerCLI> Get-Cluster vSAN-Cluster-20181208 | Get-VMHost | Sort-Object Name | ft -AutoSize Name,Version,ConnectionState

 

Name         Version ConnectionState

----         ------- ---------------

192.168.1.31 6.7.0         Connected

192.168.1.32 6.7.0         Connected

192.168.1.33 6.7.0         Connected

192.168.1.34 6.7.0         Connected

 

 

デフォルトでは255 GB になっています。

PowerCLI> Get-Cluster vSAN-Cluster-20181208 | Get-VMHost | Sort-Object Name | Get-AdvancedSetting -Name VSAN.ClomMaxComponentSizeGB | select Entity,Name,Value

 

Entity       Name                        Value

------       ----                        -----

192.168.1.31 VSAN.ClomMaxComponentSizeGB   255

192.168.1.32 VSAN.ClomMaxComponentSizeGB   255

192.168.1.33 VSAN.ClomMaxComponentSizeGB   255

192.168.1.34 VSAN.ClomMaxComponentSizeGB   255

 

 

下記のようにパラメータを変更できます。

PowerCLI> Get-VMHost 192.168.1.31 | Get-AdvancedSetting -Name VSAN.ClomMaxComponentSizeGB | Set-AdvancedSetting -Value 180 -Confirm:$false

PowerCLI> Get-Cluster vSAN-Cluster-20181208 | Get-VMHost | Sort-Object Name | Get-AdvancedSetting -Name VSAN.ClomMaxComponentSizeGB | select Entity,Name,Value

 

Entity       Name                        Value

------       ----                        -----

192.168.1.31 VSAN.ClomMaxComponentSizeGB   180

192.168.1.32 VSAN.ClomMaxComponentSizeGB   255

192.168.1.33 VSAN.ClomMaxComponentSizeGB   255

192.168.1.34 VSAN.ClomMaxComponentSizeGB   255

 

 

また、下記のように複数の ESXi のパラメータをまとめて変更することもできます。

PowerCLI> Get-Cluster vSAN-Cluster-20181208 | Get-VMHost | Get-AdvancedSetting -Name VSAN.ClomMaxComponentSizeGB | Set-AdvancedSetting -Value 180 -Confirm:$false

 

Name                 Value                Type                 Description

----                 -----                ----                 -----------

VSAN.ClomMaxCompo... 180                  VMHost

VSAN.ClomMaxCompo... 180                  VMHost

VSAN.ClomMaxCompo... 180                  VMHost

VSAN.ClomMaxCompo... 180                  VMHost

 

 

ただしこのパラメータは最小値が 180GB で、179GB 以下を設定しようとするとエラーになってしまいます。

[root@esxi-01:~] vmware -vl

VMware ESXi 6.7.0 build-10302608

VMware ESXi 6.7.0 Update 1

[root@esxi-01:~] esxcli system settings advanced list -o /VSAN/ClomMaxComponentSizeGB

   Path: /VSAN/ClomMaxComponentSizeGB

   Type: integer

   Int Value: 180

   Default Int Value: 255

   Min Value: 180

   Max Value: 255

   String Value:

   Default String Value:

   Valid Characters:

   Description: Maximum component size used for new placements

 

キャパシティ層で 255GB がおさまらない小容量のディスクを利用することは

本番環境での vSAN では殆どないと思いますが、ネスト環境では

小容量の VMDK をキャパシティ層として構成することがあります。

検証などでコンポーネントが意図した配置にならないことがあったら、

このパラメータを調整してみるとよいかもしれません。

 

ちなみに私がネステッド vSAN を利用する場合は、あまり大容量ではない VM を利用したり、

ネストの外側の VMDK をシン プロビジョニングで大きめに用意したり

といったことが多く、あまりこのパラメータの変更をしていません・・・

 

つづく。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-09