今月は1日1回くらい、さまざまな ネステッド vSAN 6.7 U1 を構成してみようと思います。

 

昨日はこちら。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-04

 

5日目は、キャパシティ層 HDD の搭載数が異なるネステッド vSAN を用意してみました。

これで、ストライプ数が異なる 仮想マシン ストレージ ポリシー の動作確認などができます。

  • vSAN-Cluster-20181203a クラスタ
    • Hybrid ディスク グループ vSAN
    • キャッシュ層 SSD x 1
    • キャパシティ層 HDD x 1
  • vSAN-Cluster-20181205 クラスタ
    • Hybrid ディスク グループ vSAN
    • キャッシュ層 SSD x 1
    • キャパシティ層 HDD x 2

 

キャパシティ層 のデバイス数が異なるディスクグループの様子。

vSAN-Cluster-20181203a クラスタ

このクラスタの ESXi ホストは最小ディスク数の構成で、

キャパシティ層の HDD を 1つだけ搭載しています。

 

vSphere Client で確認すると、ディスクグループあたりのディスク数は 2 で、

ディスクグループの HDD(80GBのもの) は 1つだけです。

vsan-adv-05-01.png

vSAN-Cluster-20181205 クラスタ

このクラスタの ESXi ホストは、

キャパシティ層の HDD を2つ搭載しています。

 

ディスクグループあたりのディスク数は 3 で、

ディスクグループの HDD は 2つです。

vsan-adv-05-02.png

 

ネストの外側の ESXi VM の構成をみると、キャパシティ層 HDD が 1つの ESXi VM では

80GB のディスクが 1つだけ接続されています。

vsan-adv-05-03.png

 

一方、キャパシティ層 HDD が 2つの ESXi VM では

80GB のディスクが 2 つ接続されています。

vsan-adv-05-04.png

 

仮想マシン ストレージ ポリシーでのストライプ数変更。

キャパシティ層のデバイス数が複数ある状態ならではの動作確認のため、

ストライプ数を 2に設定した 仮想マシン ストレージ ポリシー「vSAN-Policy_Stripe-2」を作成してみます。

vsan-adv-05-07.png

 

vSAN-Cluster-20181203a クラスタの VM「vm-stripe-1」は、

デフォルトのポリシーのままにしてあります。

vsan-adv-05-08.png

 

一方、vSAN-Cluster-20181205 クラスタの VM「vm-stripe-2」には、

新規作成した、ストライプ数 2 のポリシーを設定しました。

vsan-adv-05-09.png

 

まず、デフォルトのポリシー(ストライプ数 1)を適用している VM です。

仮想ディスクは RAID 1 となり、コンポーネントを2か所に格納しています。

vsan-adv-05-05.png

 

そして、ストライプ数 2 のポリシーを適用した VM です。

この VM は、「キャパシティ層 HDD 2つ」の vSAN に配置してあります。

仮想ディスクは RAID 1 でコンポーネントを2か所に格納し、

ストライプ(RAID 0)で、さらに2か所に分散して格納しています。

vsan-adv-05-06.png

 

ちなみに、キャパシティ層 HDD が 1つだけの 3ノード vSAN だと

ストライプのデータを書き込むデバイス数がたりないため、

仮想マシンに ストライプ数 2 のポリシーを適用しようとしてもエラーになってしまいます。

ポリシーを変更する画面で警告が表示され・・・

vsan-adv-05-10.png

 

そのまま設定しようとしてもエラーになります。

vsan-adv-05-11.png

 

ネステッド vSAN であれば ESXi のディスク搭載数も

ESXi VM での VMDK 追加 / 削除だけで変更できるので、

実機での vSAN の挙動確認が容易になります。

 

つづく。