今月は1日1回くらい、さまざまな ネステッド vSAN 6.7 U1 を構成してみようと思います。

 

一連の投稿へのリンクは下記をどうぞ。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。まとめ

 

昨日はこちら。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-03

 

4日目は、All-Flash / Hybrid の vSAN をそれぞれ作成してみる話です。

それぞれ 3ノードで、All-Flash と Hybrid のネステッド vSAN を用意してみました。

  • vSAN-Cluster-20181203a クラスタ → Hybrid ディスク グループ の vSAN
  • vSAN-Cluster-20181203b クラスタ → All Flash ディスク グループ の vSAN

 

今回は、ネステッド ESXi のデバイスに Flash / HDD のマークを付けることで

All-Flash / Hybrid のディスクグループを疑似的に構成しています。

Working with Individual Devices

 

All-Flash / Hybrid の見え方。

vSAN-Cluster-20181203a クラスタ

ディスクグループがハイブリッド構成(キャッシュ層が SSD +  キャパシティ層が HDD)の vSAN です。

キャパシティ層のデバイスは、「ディスク層」が「容量」と表示されています。

クラスタ内の ESXi では、ディスクグループの種類を揃えます。

vsan-adv-04-01.png

 

vSAN-Cluster-20181203b クラスタ

ディスクグループがオールフラッシュ構成(キャッシュ層が SSD + キャパシティ層も SSD)の vSAN です。

こちらも、クラスタ内の ESXi では、ディスクグループの種類は揃えます。

vsan-adv-04-02.png

 

ストレージデバイスの SSD / HDD 切り替え。

実は vSphere では、ESXi に接続されたストレージ デバイスを

SSD / 非 SSD(HDD)と識別させる方法があります。

 

ネステッド vSAN 環境の場合、外側の物理マシンに搭載したストレージ デバイスによって

ネスト側の ESXi VM のデバイスも認識がかわります。

しかし、その認識にかかわらず強制的に SSD / 非 SSD と認識させることで

疑似的に All-Flash / Hybrid vSAN を構成することができます。

この設定で性能面で変化があるわけではありませんが、

All-Flash 限定の機能を検証することができるようになります。

 

ストレージ デバイスの SSD / 非 SSD の認識は、ESXi の

設定 → ストレージ デバイス 画面で設定できます。

 

もともとドライブのタイプが「フラッシュ」(SSD)と認識されているデバイスでは、

「HDD ディスクとしてマーク」ボタンが表示されます。

vsan-adv-04-05.png

 

一方、ドライブのタイプが「HDD」と認識されているデバイスでは、

「フラッシュ ディスクとしてマーク」ボタンが表示されるので、これで SSD としてマークできます。

vsan-adv-04-06.png

 

SSD / HDD マークの仕組み。

ESXi での SSD / 非 SSD マークには、ストレージ アレイ タイプ プラグイン (SATP)という仕組みが利用されています。

ストレージ デバイスの種類を指定できるルールを付与することで、

 

Hybrid ディスクグループに含まれる、HDD と認識されたデバイスでは、

Options が disable_ssd となっているルールが設定されています。

vsan-adv-04-07.png

 

一方、All-Flash ディスクグループに含まれる、ストレージ デバイスでは、

キャッシュ層 / キャパシティ層 の両方のデバイスに enable_ssd が設定されています。

vsan-adv-04-08.png

 

本来であれば SSD / HDD を正しく認識させるための機能のはずですが、

このように、ネステッド vSAN では、物理ストレージの種類にかかわらず

All-Flash / Hybrid のラボ環境を構成することに利用できます。

 

つづく。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-05