Skip navigation

今月は1日1回くらい、さまざまな ネステッド vSAN 6.7 U1 を構成してみようと思います。

 

一連の投稿へのリンクは下記をどうぞ。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。まとめ

 

昨日はこちら。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-01

 

2日目は、vSAN の最小構成とされる 3ノード クラスタを構成します。

  • ESXi は 3ノード
  • ハイブリッド(SSD + HDD)ディスクグループ
  • ディスクグループは各ノードで 1つずつ
  • 重複排除・圧縮 は無効のまま
  • フォールト ドメインはデフォルト構成のまま
  • vCenter は vSAN 外部に配置

 

vSAN ではデフォルト(の仮想マシンストレージポリシー)だと、

データは、3ノード(コンポーネント x 2 と 監視 x 1)に分散配置されます。

 

下記は昨日の 4ノード vSAN ですが、VM「vm01」のオブジェクトがそれぞれ 3ノードに分散されています。

オブジェクトは 3つあります。

  • VM Home(.vmxファイルなど)
  • Hard Disk 1(VMDK ファイル)
  • SWAP オブジェクト

vsan-adv-02-01.png

 

3ノード vSAN でも、1ノードの障害でもデータの可用性がある(データを読み書きできる)状態ですが、

ノード障害中はリビルドができないため、その間に 2台目のノード障害があると

悲しいことになってしまいます。

 

4ノード vSAN の、1ノード障害。(昨日の vSAN にて)

4ノード以上の vSAN であれば、1ノードの障害が発生した場合でも

デフォルトでは 60分後にデータがリビルドされます。

 

vSAN のドキュメントでは、下記のあたりが参考になります。

About vSAN Cluster Resynchronization

 

ためしに、1ノードで疑似障害を発生させてみます。

ネストの外側から、ESXi VM をパワーオフします。

 

このときのポイントは下記です。

  • VM のデータが配置されているノードを選択する。
  • VM が起動しているノードは選択しない。
    (VM が稼働継続する様子が見られるように)

vsan-adv-02-02.png

 

少し待って vSphere Client を更新すると、1ノード障害の様子が確認できます。

今回は「192.168.1.32」という ESXi を強制停止したので、

そのノード(ホスト)に配置されているデータに問題が発生します。

VM が起動しているノードを停止したわけではないので、「vm01」は、そのまま稼働継続できています。

vsan-adv-02-07.png

 

「監視 → vSAN → 健全性」画面でもアラートが表示されます。

障害直後は「可用性が低下(再構築なし)- 遅延タイマー」に計上されています。

vsan-adv-02-05.png

 

これは、過剰なデータ移動を避けるように「オブジェクト修復タイマー」で指定されている

時間「60分間」は、リビルドを待機するためです。

vsan-adv-02-08.png

 

これは、「オブジェクトの再同期」画面でもわかります。

vsan-adv-02-09.png

 

VM が 1つだけなのに「~ 遅延タイマー」が 3件 となっているのは、

この VM が 3つの vSAN オブジェクトを持っているためです。

vsan-adv-02-06.png

 

60分以上経過すると自動的に正常なノードでリビルドされ、データが健全な状態になります。

vsan-adv-02-13.png

 

「vm01」のオブジェクトがすべて健全になりました。

vsan-adv-02-11.png

 

障害ノード「192.168.1.32」に配置されていたコンポーネントが、

正常ノード「192.168.1.31」にリビルドされています。

vsan-adv-02-12.png

 

3ノード vSAN の、1ノード障害。

一方、3ノード vSAN でノード障害が発生した場合には、障害ノードを復旧するまでリビルドができません。

 

3ノード vSAN を構築しました。

vsan-adv-02-14.png

 

そして疑似障害を発生させるため、ネストの外側から ESXi VM をパワーオフします。

vsan-adv-02-15.png

 

3ノード vSAN でも、4ノードの場合と同様に VM は稼働継続したまま、

障害ノードのデータにはアクセスができなくなります。

vsan-adv-02-16.png

 

そしてリビルドの遅延タイマーを待ちます。

vsan-adv-02-17.png

 

しかし、60分以上経過しても、正常ノードの台数が不足したままなのでリビルドは実施されません。

「可用性が低下(再構築なし)- 遅延タイマー」はゼロ件になり、

「可用性が低下(再構築なし)」が 3件になります。

vsan-adv-02-19.png

 

障害ノードを何とか復旧するまで、不安な状態となります。

当然ながら、障害ノードを復旧すると自動的にデータは健全な状態になります。

vsan-adv-02-22.png

 

そのため、vSAN は 4ノード以上にしておくと、

1ノード障害時にも落ち着いて復旧作業をすることができます。

 

つづく。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-03

本番環境に vSAN を導入するときには厳密にハードウェア互換性などを確認する必要があります。

しかしその反面、動作確認、機能検証、デモンストレーションといった用途のためであれば

手軽なネステッド環境で vSAN を構築することができます。

 

そこで今月は1日1回くらい、

ネステッド環境で、さまざまな vSAN を構成してみようと思います。

ソフトウェア バージョンは、2018年12月時点で最新の vSAN 6.7 u1 を利用しています。

 

一連の投稿へのリンクは下記をどうぞ。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。まとめ

 

ネステッド vSAN と、その構築方法については下記もどうぞ。

図解 ネステッド vSAN ラボ。

ネステッド vSAN ラボを構築するための工夫 Part.1。(物理 マシン ESXi ~ VCSA デプロイ)

ネステッド vSAN ラボを構築するための工夫 Part.2。(物理マシン ESXi と ESXi VM の準備)

ネステッド vSAN ラボを構築するための工夫 Part.3。(vSAN クラスタ構築)

ネステッド vSAN ラボを構築するための工夫 Part.4。(スクリプトでの簡素化)

 

1日目は、vSAN の基本操作・動作を確認しやすい、

運用観点での最小構成である 4ノード構成のネステッド vSAN を構築してみました。

  • ESXi は 4ノード
  • ハイブリッド(SSD + HDD)ディスクグループ
  • ディスクグループは各ノードで 1つずつ
  • 重複排除・圧縮 は無効のまま
  • フォールト ドメインはデフォルト構成のまま
  • vCenter は vSAN 外部に配置

 

それでは、構成したネステッド vSAN 環境を vSphere Cilent (旧 HTML5 Client)でひととおり見てみます。

 

ネストの外側と、ネストの内側。

ネステッド vSAN を構成する ESXi は、VM です。

「ネストの外側」から実体の VM を見ると、ゲスト OS が VMware ESXi になっています。

vsan-adv-01-02.png

 

一方「ネストの内側」となるハイパーバイザから見ると、

サーバのモデルが「VMware Virtual Platform」です。

vsan-adv-01-03.png

 

ネステッド vSAN で主な画面を眺める。

vSAN 6.7 U1 では、基本的に HTML5 版の vSphere Client  から操作できるようになっています。

(Flash 版の vSphere Web Client ではなく)

 

HTML5 版の vSphere Client でサポートされるようになった機能は、下記のドキュメントで確認できます。

Functionality Updates for the vSphere Client

 

それでは、vSAN の UI を表示してみます。

 

設定 → vSAN → サービス

今回はデフォルトで無効なものは、そのままです。

vsan-adv-01-04.png

 

設定 → vSAN → ディスク管理

各ノードには、1つのディスクグループが作成されています。

ディスクグループあたり、キャッシュ層 SSD が 1つ、キャパシティ層 HDD が 1つあります。

vsan-adv-01-05.png

 

設定 → vSAN → フォールト ドメイン

フォールト ドメインはデフォルトのままで特に構成していないので

各ノードそれぞれがフォールト ドメインとなっています。

vsan-adv-01-06.png

 

設定 → vSAN → iSCSI ターゲット サービス

vSAN iSCSI ターゲットも無効のままです。

vsan-adv-01-07.png

 

監視 → vSAN → 健全性

ネステッド環境はそもそも本番環境ではサポートされておらず、ハードウェア互換性などを無視しているので

そのぶんエラーや警告などは表示されます。

そのため、検証目的やデモ内容に直接関係ないものは、わりきって無視します。

vsan-adv-01-08.png

 

監視 → vSAN → 仮想オブジェクト

この vSAN にはまだ VM を配置していないので、仮想オブジェクトもまだありません。

vsan-adv-01-09.png

 

監視 → vSAN → 物理ディスク

vsan-adv-01-10.png

 

監視 → vSAN → オブジェクトの再同期

この vSAN にはまだ VM を配置していないので、この画面にも特に表示されません。

vsan-adv-01-11.png

 

監視 → vSAN → プロアクティブ テスト

ネステッド vSAN でも、プロアクティブ テストは利用できます。

(利用例は、後の投稿にて)

vsan-adv-01-12.png

 

監視 → vSAN → 容量

vSAN データストアでは、ESXi VM に割り当てた VMDK ファイルの容量が認識されます。

そのため ネステッド ESXi に接続する VMDK をシン プロビジョニングにしておけば、

外側の物理マシンのストレージ容量を超えた、大容量 vSAN のデモ環境も作成できます。

vsan-adv-01-14.png

 

監視 → vSAN → パフォーマンス

今回は vSAN パフォーマンス サービスを有効化していないので、なにも表示されていません。

vsan-adv-01-15.png

 

監視 → vSAN → パフォーマンス診断

vsan-adv-01-16.png

 

監視 → vSAN → サポート

vsan-adv-01-17.png

 

このように、基本操作や画面確認であれば、ネステッド vSAN でも、通常の vSAN 同等に利用可能です。

VMware の提供するオンラインのハンズオン ラボでもネステッド vSAN が利用されています。

 

つづく。

ネステッド vSAN 6.7 U1 を楽しむ。2018-12-02