ひきつづき、VMware NSX for vSphere の HoL シナリオを PowerNSX で進めてみます。

 

前回までの投稿はこちら。

今回の内容をためすためには、Part.2 ~ Part.3 の内容を実施しておく必要があります。

NSX の HoL シナリオを PowerNSX でためす。Part.1(論理スイッチ 作成 / ESG 接続)

NSX の HoL シナリオを PowerNSX でためす。Part.2(DLR 接続 / OSPF 設定)

NSX の HoL シナリオを PowerNSX でためす。Part.3(NSX Edge デプロイ)

 

今回も、下記のラボを利用します。

HOL-1803-01-NET - VMware NSX - Getting Started

http://labs.hol.vmware.com/HOL/catalogs/lab/3661

 

これまでのシナリオでデプロイした NSX Edge Service Gateway(ESG)である

Perimeter-Gateway-02 を利用して、ECMP のルーティングを構成します。

 

追加した ESG のダイナミック ルーティングを設定する。

これまでのシナリオで ESG / DLR の OSPF を有効化していますが、

ESG 「Perimeter-Gateway-02」では OSPF が未設定なので、ここで設定します。

Get-NsxEdge -Name Perimeter-Gateway-02 | Get-NsxEdgeRouting | Set-NsxEdgeRouting -RouterId 192.168.100.4 -EnableOspf -Confirm:$false

hol1803-powernsx-04-01.png

 

OSPF の Area ID を指定します。

Get-NsxEdge -Name Perimeter-Gateway-02 | Get-NsxEdgeRouting | New-NsxEdgeOspfArea -AreaId 10 -Confirm:$false

hol1803-powernsx-04-02.png

 

OSPF のインターフェース マッピングを追加します。

$if = Get-NsxEdge -Name Perimeter-Gateway-02 | Get-NsxEdgeInterface -Name Transit_Network_01

Get-NsxEdge -Name Perimeter-Gateway-02 | Get-NsxEdgeRouting | New-NsxEdgeOspfInterface -Vnic $if.index -AreaId 10 -Confirm:$false

hol1803-powernsx-04-03.png

 

既存の ESG では BGP が有効化されていますが、

Perimeter-Gateway-02 では 未設定なので、ここで有効にします。

Get-NsxEdge -Name Perimeter-Gateway-02 | Get-NsxEdgeRouting | Set-NsxEdgeRouting -EnableBgp -LocalAS 65001 -Confirm:$false

hol1803-powernsx-04-04.png

 

BGP ネイバーを追加します。

Get-NsxEdge -Name Perimeter-Gateway-02 | Get-NsxEdgeRouting | New-NsxEdgeBgpNeighbour -IpAddress 192.168.100.1 -RemoteAS 65002 -Confirm:$false

hol1803-powernsx-04-05.png

 

BGP と OSPF のルート再配布を有効化します。

Get-NsxEdge -Name Perimeter-Gateway-02 | Get-NsxEdgeRouting | Set-NsxEdgeRouting -EnableOspfRouteRedistribution -EnableBgpRouteRedistribution -Confirm:$false

hol1803-powernsx-04-06.png

 

OSPF のルート再配布を設定します。

Get-NsxEdge -Name Perimeter-Gateway-02 | Get-NsxEdgeRouting | New-NsxEdgeRedistributionRule -Learner ospf -FromBGP -FromConnected -Action permit -Confirm:$false

 

BGP のルート再配布を設定します。

Get-NsxEdge -Name Perimeter-Gateway-02 | Get-NsxEdgeRouting | New-NsxEdgeRedistributionRule -Learner bgp -FromOspf -FromConnected -Action permit -Confirm:$false

hol1803-powernsx-04-07.png

 

ECMP を有効化する。

 

それでは、ESG と 分散論理ルータ(DLR)で ECMP を有効化します。

 

DLR「Distributed-Router-01」です。

Get-NsxLogicalRouter -Name Distributed-Router-01 | Get-NsxLogicalRouterRouting | Set-NsxLogicalRouterRouting -EnableEcmp -Confirm:$false

hol1803-powernsx-04-08.png

 

ESG「Perimeter-Gateway-01」です。

※今回は ファイアウォールの無効化を省略しています。

Get-NsxEdge -Name Perimeter-Gateway-01 | Get-NsxEdgeRouting | Set-NsxEdgeRouting -EnableEcmp -Confirm:$false

hol1803-powernsx-04-09.png

 

ESG「Perimeter-Gateway-01」です。

Get-NsxEdge -Name Perimeter-Gateway-02 | Get-NsxEdgeRouting | Set-NsxEdgeRouting -EnableEcmp -Confirm:$false

hol1803-powernsx-04-10.png

 

これで、ラボの ESG 、DLR で ECMP が構成されました。

シナリオにある、ルーティング情報やパスの切り替えが確認できるはずです。

 

まだ続く・・・

NSX の HoL シナリオを PowerNSX でためす。Part.5(ESG デプロイ / LB 構成)