VMware NSX for vSphere は REST API で操作することができます。

しかし運用手順の自動化をするときには、API を直接利用するよりも、

PowerShell などを介して利用する方が便利なことがあります。

そこで、PowerShell ベースのツールである PowerNSX で HoL のシナリオを進めてみます。

 

今回は、下記のラボを利用します。

 

HOL-1803-01-NET - VMware NSX - Getting Started

http://labs.hol.vmware.com/HOL/catalogs/lab/3661

 

PowerNSX での NSX Manager / vCenter への接続。

このラボには PowerNSX の PowerShell モジュールがインストールされています。

そのため PowerShell を起動すれば、そのまま PowerNSX が利用可能です。

hol1803-powernsx-01-01.png

 

PowerShell を起動して NSX Manager / vCenter へ接続し、NSX のバージョンを確認しておきます。

※コマンドラインは「テキストの送信」でコピー&ペーストできます。

Connect-NsxServer -vCenterServer vcsa-01a.corp.local -Username administrator@corp.local -Password VMware1!

 

NSX 6.3.1 であることがわかります。

hol1803-powernsx-01-02.png

 

論理スイッチを作成する。

それでは、ラボのモジュール 2 のシナリオに沿って論理スイッチを作成します。

 

PowerNSX でのオブジェクト作成ではトランスポート ゾーンを指定することが多いので

あらかじめ Get-NsxTransportZone で取得しておきます。

$tz = Get-NsxTransportZone

$tz

hol1803-powernsx-01-03.png

 

論理スイッチを作成します。

New-NsxLogicalSwitch -TransportZone $tz -Name Prod_Logical_Switch

 

論理スイッチが作成されました。

hol1803-powernsx-01-03a.png

 

vSphere Web Client でも、論理スイッチが作成されたことが確認できます。

hol1803-powernsx-01-04.png

 

ラボマニュアルでの指定どおりの設定になっています。

hol1803-powernsx-01-05.png

 

ESG に論理スイッチを接続する。

作成した論理スイッチを、NSX Edge Service Gateway(ESG)のインターフェースに接続します。

対象の ESG は下記です。

Get-NsxEdge -Name Perimeter-Gateway-01

hol1803-powernsx-01-06.png

 

ESG のインターフェースの構成は、下記のように確認できます。

Get-NsxEdge -Name Perimeter-Gateway-01 | Get-NsxEdgeInterface | select index,name,isConnected,portgroupName

hol1803-powernsx-01-07.png

 

VM を接続する論理スイッチ(先ほど作成したもの)を取得します。

$ls = Get-NsxLogicalSwitch -TransportZone $tz -Name Prod_Logical_Switch

$ls

hol1803-powernsx-01-08.png

 

ESG に論理スイッチを接続します。

Get-NsxEdge -Name Perimeter-Gateway-01 | Get-NsxEdgeInterface -Index 7 | Set-NsxEdgeInterface -Name Prod_Interface -type internal -Connected:$true -PrimaryAddress 172.16.40.1 -SubnetPrefixLength 24 -ConnectedTo $ls

hol1803-powernsx-01-09.png

 

vSphere Web Client でもインターフェースの設定変更が確認できます。

hol1803-powernsx-01-10.png

 

論理スイッチへの VM の接続。

作成した論理スイッチに、VM を接続します。

本来であれば、論理スイッチには vNIC を指定して接続しますが、

今回の VM は、それぞれ vNIC を 1つだけもっているので VM を指定して接続します。

 

今回の対象 VM は下記(web-03a、web-04a)です。各 VM の vNIC は1つだけです。

Get-VM web-0[34]a.corp.local

Get-VM web-0[34]a.corp.local | Get-NetworkAdapter | ft -AutoSize

hol1803-powernsx-01-11.png

 

vNIC が1つだけなので、VM を指定して接続します。

$vms = Get-VM web-0[34]a.corp.local

Connect-NsxLogicalSwitch -VirtualMachine $vms -LogicalSwitch $ls

 

接続されました。論理スイッチのバッキング ポートグループが接続されています。

hol1803-powernsx-01-12.png

 

vSphere Web Client でも、論理スイッチに VM が接続されたことが確認できます。

hol1803-powernsx-01-13.png

 

そして HoL のシナリオにあるように、web-03a と web-04a とで ping による疎通確認ができるはずです。

 

つづく・・・

NSX の HoL シナリオを PowerNSX でためす。Part.2