ひきつづき、PowerCLI 10.0 で vRealize Operations Manager(vROps)6.6.1 から情報を取得してみます。

今回は、PowerCLI でどのような vSAN の情報を取得できるのか

(どのようなメトリックが取得できるのか)を確認してみます。

 

PowerCLI での vROps への接続については、これまでの投稿をどうぞ。

PowerCLI で vROps に接続してみる。

 

まず vROps のリソースから情報収集で利用されるアダプタの種類を抽出してみると、

いかにも vSAN にかかわるもの「VirtualAndPhysicalSANAdapter」があります。

PowerCLI> Get-OMResource | select AdapterKind -Unique | Sort-Object AdapterKind

 

AdapterKind

-----------

Container

EP Ops Adapter

OPENAPI

PythonRemediationVcenterAdapter

VCACAdapter

vCenter Operations Adapter

VirtualAndPhysicalSANAdapter

VMWARE

vRealizeOpsMgrAPI

 

 

そしてすべてのリソースから、そのアダプタをもとに vSAN 特有のものと思われるリソースの種類を抽出してみます。

※通常の仮想マシンや仮想ディスクの情報については、今回は省略します。

PowerCLI> Get-OMResource -AdapterKind VirtualAndPhysicalSANAdapter | select ResourceKind -Unique | Sort-Object ResourceKind

 

ResourceKind

------------

CacheDisk

CapacityDisk

VirtualAndPhysicalSANAdapter Instance

VirtualSANDCCluster

VirtualSANDiskGroup

VirtualSANFaultDomain

VirtualSANWitnessHost

vSAN World

 

 

このアダプタに関する性能情報のキーを取得してみます。

982 のメトリックがあるようです。

PowerCLI> $stat_keys = Get-OMResource -AdapterKind VirtualAndPhysicalSANAdapter | Get-OMStatKey | Sort-Object ResourceKind,Name

PowerCLI> $stat_keys.Count

982

 

最初の 10件だけ select して、様子を見てみます。

PowerCLI> $stat_keys | select -First 10 | ft -AutoSize

 

Name                           Unit ResourceKind Description

----                           ---- ------------ -----------

badge|alert_count_critical          CacheDisk    Alert Count Critical

badge|alert_count_immediate         CacheDisk    Alert Count Immediate

badge|alert_count_info              CacheDisk    Alert Count Info

badge|alert_count_warning           CacheDisk    Alert Count Warning

badge|anomaly                       CacheDisk    Anomaly

badge|capacityRemaining        %    CacheDisk    Capacity Remaining

badge|capacityRemaining_whatif %    CacheDisk    Capacity Remaining with committed projects

badge|compliance                    CacheDisk    Compliance

badge|density                       CacheDisk    Density

badge|density_whatif                CacheDisk    Density with committed projects

 

 

ちなみに上記のうちの1件に含まれるプロパティをすべて表示して様子をみると、下記のようになっています。

PowerCLI> $stat_keys | select -First 1 *

 

ExtensionData : VMware.VimAutomation.VROps.Views.ResourceTypeAttribute

Name          : badge|alert_count_critical

Unit          :

Description   : Alert Count Critical

ResourceKind  : CacheDisk

AdapterKind   : VirtualAndPhysicalSANAdapter

Client        : VMware.VimAutomation.vROps.Impl.V1.OMClientImpl

Uid           : /OMServer=admin@vrops01.go-lab.jp:443/AdapterKind=VirtualAndPhysicalSANAdapter/ResourceKind=CacheDisk/O

                MStatKey=badge|alert_count_critical/

 

 

あまりに多いので、CSV でエクスポートしてみました。

リソースの種類(ResourceKind)ごとに、取得できる性能情報(Name)が異なることがわかります。

PowerCLI> $stat_keys | select ResourceKind,Name,Unit,Description | Export-Csv -Encoding UTF8 -NoTypeInformation -Path .\vrops_vsan_stat-keys.csv

vrops_vsan_stat-keys.csv · GitHub

 

前のコマンドラインでは、流れの都合で変数「$stat_keys」から CSV エクスポートしていますが、

実行した内容は下記のような内容です。

PowerCLI> Get-OMResource -AdapterKind VirtualAndPhysicalSANAdapter | Get-OMStatKey | Sort-Object ResourceKind,Name | select ResourceKind,Name,Unit,Description | Export-Csv -Encoding UTF8 -NoTypeInformation -Path .\vrops_vsan_stat-keys.csv

 

ここで取得した ResourceKind や Name をもとにして、

下記の投稿のように個々のリソースについての性能情報を取得できます。

PowerCLI で vROps から vSAN ディスクグループの情報を取得してみる。

 

vROps で取得できる性能情報は多いので、PowerCLI を利用することで

効率よく確認対象の精査をする工夫ができるのではないかと思います。

 

以上、PowerCLI で vROps からどのような情報が取得できるか確認してみる話でした。