以前に、vSAN のストレージ ポリシーを PowerCLI で変更してみる投稿をしました。

今回は、PowerCLI で vSAN データストアのデフォルト ストレージ ポリシーを確認してみます。

vSAN の仮想マシン ストレージ ポリシー を PowerCLI で変更してみる。

 

vSAN データストアでは、デフォルト ストレージ ポリシーを設定できます。

powercli-vsan-default-policy-01.png

 

PowerCLI でデフォルト ストレージ ポリシーの確認をするのは難しそうです。

vSAN Cluster の設定を確認すると「StoragePolicy」プロパティがあります。

PowerCLI> Get-Cluster vsan-cluster-03 | Get-VsanClusterConfiguration | fl Cluster,VsanEnabled,StoragePolicy

 

Cluster       : vsan-cluster-03

VsanEnabled   : True

StoragePolicy :

 

 

しかし、これは vSAN のパフォーマンスサービスの

「統計オブジェクトのストレージ ポリシー」が格納されているようです。

このクラスタでは vSAN のパフォーマンス サービスがオフのままなので、

PowerCLI の StoragePolicy は空欄になっていますが、いずれにせよ

Get-VsanClusterConfiguration の StoragePolicy ではデフォルト ストレージ ポリシーはわかりません。

powercli-vsan-default-policy-02.png

 

そこで今回はバッド プラクティスですが、

実際に vSAN Cluster に VM を作成することで、デフォルト ストレージ ポリシーを確認してみます。

 

ここでは「check-vm」という名前の VM を vSAN データストアに作成してみます。

PowerCLI> New-VM -Name check-vm -ResourcePool vsan-cluster-03 -Datastore vsanDatastore-03 -StorageFormat Thin

 

Name                 PowerState Num CPUs MemoryGB

----                 ---------- -------- --------

check-vm             PoweredOff 1        0.250

 

 

ストレージ ポリシーを指定せずに作成したので、

この VM のストレージ ポリシーを確認することでデフォルト ストレージ ポリシーがわかります。

この vSAN データストアのデフォルト ストレージ ポリシーは「vSAN Default Storage Policy」でした。

PowerCLI> Get-VM check-vm | Get-SpbmEntityConfiguration | fl Entity,StoragePolicy

 

Entity        : check-vm

StoragePolicy : vSAN Default Storage Policy

 

 

ということで、デフォルト ストレージ ポリシーを確認するスクリプトを作成してみました。

ポリシーのルール確認方法は、以前に投稿した下記と同じです。

vSAN の情報を PowerCLI 6.5 R1 で見てみる。

 

スクリプトの内容:

get_vsan_default_storage_policy.ps1 · GitHub

 

下記のように実行できます。

PowerCLI> .\get_vsan_default_storage_policy.ps1 <vSAN クラスタ名>

 

実行すると下記のように表示されます。

  • あらかじめ、PowerCLI のウインドウ幅は広げてあります。(120 くらい)
  • vSAN Default Storage Policy はデフォルトで作成されるポリシーですが、
    設定変更することもできるので、ポリシーのルール設定も表示してみました。
  • テスト VM を作成して、情報を取得したあとに削除しています。

powercli-vsan-default-policy-03.png

 

もっと良い方法に気づいたら、更新するかもしれません・・・

 

以上、PowerCLI で vSAN のデフォルト ストレージ ポリシーを見てみる話でした。