PowerCLI に含まれる Image Builder では、標準では含まれない VIB を追加したインストーラの

ISO イメージファイルを作成することができます。

今回は ESXi 6.5 に、RealTek の NIC ドライバを追加してみます。

 

ちなみに、ドライバを追加した ISO イメージファイルを作成する場合、

最近では Andreas Peetz さんが作成した ESXi-Customizer-PS という

PowerShell / PowerCLI ベースのツールが利用されることが多いです。

このツールについては、下記のブログで紹介されています。

 

ESXi-Customizer-PS

https://www.v-front.de/p/esxi-customizer-ps.html

 

しかし今回は、あえて標準的な PowerCLI / Image Builder を使用して

ISO イメージファイルを作成してみます。

 

今回利用するファイルについて。

ESXi 6.5 は最新のパッチ(ESXi650-201712001.zip)を MyVMware からダウンロードずみです。

 

RealTek の NIC ドライバの VIB は、おなじく

Andreas Peetz さんの下記の Web サイトで公開されているもの(Net55-r8168)を

利用させていただきます。

今回のイメージに追加するファイルは、

.vib ファイルではなくオフラインバンドルを利用してみます。

これは VIB が含まれた ZIP ファイルで、net55-r8168-8.045-napi-offline_bundle.zip です。

※せっかくオフライン バンドルも提供していただいているので・・・

 

List of currently available ESXi packages

https://vibsdepot.v-front.de/wiki/index.php/List_of_currently_available_ESXi_packages

 

ファイルは下記のように同じディレクトリに配置しています。

PowerCLI> ls .\ESXi650-201712001.zip,net55-r8168-8.045-napi-offline_bundle.zip | select Name,Length

 

Name                                         Length

----                                         ------

ESXi650-201712001.zip                     478519869

net55-r8168-8.045-napi-offline_bundle.zip   1131520

 

 

なお、PowerCLI も、インストールずみです。

 

ISO イメージ ファイルの作成。

まず、ESXi のパッチ(オフラインバンドル)を読み込みます。

今回も、不具合修正&セキュリティ修正の両方と、VMware Tools が含まれるイメージ プロファイルである

ESXi-6.5.0-20171204001-standard を利用します。

PowerCLI> Add-EsxSoftwareDepot .\ESXi650-201712001.zip

 

 

PowerCLI> Get-EsxImageProfile | where {$_.Name -notmatch "s-standard|-no-tools"} | ft -AutoSize

 

Name                            Vendor       Last Modified       Acceptance Level

----                            ------       -------------       ----------------

ESXi-6.5.0-20171204001-standard VMware, Inc. 2017/12/18 11:40:25 PartnerSupported

 

 

RealTek ドライバのオフラインバンドルを読み込みつつ、

ついでに含まれている VIB の名前を見ておきます。

VIB の名前は、net55-r8168 です。

PowerCLI> Add-EsxSoftwareDepot .\net55-r8168-8.045-napi-offline_bundle.zip | Get-EsxSoftwarePackage | ft -AutoSize

 

Name        Version    Vendor  Creation Date

----        -------    ------  -------------

net55-r8168 8.045-napi Realtek 2018/02/08 12:46:36

 

 

ちなみに、VIB のファイル名も確認できたりします。

PowerCLI> Get-EsxSoftwarePackage -AcceptanceLevel CommunitySupported -Name net55-r8168 | select SourceUrls

 

SourceUrls

----------

{zip:D:\work\net55-r8168-8.045-napi-offline_bundle.zip?net55-r8168-8.045-napi.x86_64.vib}

 

 

今回 読み込んだ VIB パッケージの中で、net55-r8168 だけは

他よりも許容レベル(AcceptanceLevel)が低く、CommunitySupported のパッケージです。

PowerCLI> Get-EsxSoftwarePackage -AcceptanceLevel CommunitySupported | ft -AutoSize

 

Name        Version    Vendor  Creation Date

----        -------    ------  -------------

net55-r8168 8.045-napi Realtek 2018/02/08 12:46:36

 

 

イメージ プロファイルの 許容レベル については、ドキュメントでは下記のあたりに説明があります。

VIB およびホストの許容レベルについて

 

そこで新しく作成するイメージ プロファイルも、許容レベルを CommunitySupported にします。

新しいプロファイル名は、わかりやすく ESXi-6.5.0-20171204001-with-realtek にしました。

Vendor の指定も必須になるので、今回は HomeLab としています。

PowerCLI> New-EsxImageProfile -CloneProfile $image_profile -Vendor HomeLab -Name ESXi-6.5.0-20171204001-with-realtek -AcceptanceLevel CommunitySupported | fl Name,Vendor,AcceptanceLevel

 

Name            : ESXi-6.5.0-20171204001-with-realtek

Vendor          : HomeLab

AcceptanceLevel : CommunitySupported

 

 

作成したプロファイルに、ドライバを追加します。

PowerCLI> Add-EsxSoftwarePackage -ImageProfile ESXi-6.5.0-20171204001-with-realtek -SoftwarePackage net55-r8168

 

Name                           Vendor          Last Modified   Acceptance Level

----                           ------          -------------   ----------------

ESXi-6.5.0-20171204001-with... HomeLab         2018/02/10 1... CommunitySupported

 

 

ドライバの VIB パッケージが追加されています。

PowerCLI> Get-EsxImageProfile -Name ESXi-6.5.0-20171204001-with-realtek | select -ExpandProperty VibList | where {$_.Name -eq "net55-r8168"} | ft -AutoSize

 

Name        Version    Vendor  Creation Date

----        -------    ------  -------------

net55-r8168 8.045-napi Realtek 2018/02/08 12:46:36

 

 

ISO イメージ ファイルとしてエクスポートします。

PowerCLI> Export-EsxImageProfile -ImageProfile ESXi-6.5.0-20171204001-with-realtek -ExportToIso -FilePath .\ESXi-6.5.0-20171204001-with-realtek.iso

 

ついでに、ドライバを追加したイメージ プロファイルの

オフラインバンドルもエクスポートしておきます。

これは、後でこのイメージにさらに VIB を追加したい場合などに利用できます。

PowerCLI> Export-EsxImageProfile -ImageProfile ESXi-6.5.0-20171204001-with-realtek -ExportToBundle -FilePath .\ESXi-6.5.0-20171204001-with-realtek.zip

 

結果として、下記のようなファイルが作成されます。

PowerCLI> ls | select Name,Length

 

Name                                         Length

----                                         ------

ESXi-6.5.0-20171204001-with-realtek.iso   350390272

ESXi-6.5.0-20171204001-with-realtek.zip   341466626

ESXi650-201712001.zip                     478519869

net55-r8168-8.045-napi-offline_bundle.zip   1131520

 

 

この ISO イメージファイルで ESXi をインストールすると、

通常のインストーラでは認識できない RealTek の NIC が認識できるようになります。

esxi65-realtek-pnic.png

 

ちなみに ESX Shell や SSH で直接ログインして確認すると、下記のように認識されています。

[root@localhost:~] vmware -vl

VMware ESXi 6.5.0 build-7388607

VMware ESXi 6.5.0 Update 1

[root@localhost:~] esxcli network nic list

Name    PCI Device    Driver  Admin Status  Link Status  Speed  Duplex  MAC Address         MTU  Description                                                   

------  ------------  ------  ------------  -----------  -----  ------  -----------------  ----  -----------------------------------------------------------------------------------------

vmnic0  0000:01:00.0  r8168   Up            Up            1000  Full    d8:9e:f3:7c:91:c6  1500  Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8111/8168/8411 PCI Express Gigabit Ethernet Controller

 

おまけ。

以前に似たようなことをしていましたので、こちらもどうぞ・・・

ESXi のオフライン バンドルから ISO イメージ ファイルを作成してみる。

ESXi 5.5 を Intel NUC にインストールしてみる。

ESXi 5.5 を Intel Haswell NUC にインストールしてみた。

ネステッドESXi 用 VMware Tools 導入済みの ESXi 5.5 を作成してみました。(Image Builder PowerCLI)

 

以上、ESXi 6.5 でカスタムイメージを作成してみる話でした。