最新の ESXi を利用したい場合、たいてい ISO イメージ ファイルからインストールした後に

オフライン バンドルとよばれるパッチを適用することになります。

 

しかし PowerCLI の Image Builder を利用することで、オフライン バンドルの zip ファイルから

そのパッチが適用された ESXi の ISO イメージ ファイルをエクスポートすることができます。

 

Image Builder のドキュメントは下記のあたりです。

vSphere ESXi Image Builder を使用したインストールのカスタマイズ

 

Image Builder については、以前に下記のブログでも紹介されていました。

VMware ESXi イメージ管理ベストプラクティス その1 - Japan Cloud Infrastructure Blog - VMware Blogs

VMware ESXi イメージ管理ベストプラクティス その2 - Japan Cloud Infrastructure Blog - VMware Blogs

 

本来であれば Image Builder は、ハードウェア特有のドライバ追加などの場合に利用されますが、

今回はただ、パッチから最新版 ESXi のインストーラを抽出するためだけに利用してみます。

 

PowerCLI をインストールしておきます。

今回のバージョンは下記です。

PowerCLI> Get-PowerCLIVersion | select User*

 

UserFriendlyVersion

-------------------

VMware PowerCLI 6.5.1 build 5377412

 

 

ESXi のオフラインバンドル(パッチ)を MyVMware からダウンロードしておきます。

PowerCLI> ls .\ESXi650-201712001.zip | select Name,Length

 

Name                     Length

----                     ------

ESXi650-201712001.zip 478519869

 

 

ISO イメージ ファイルのエクスポート。

Image Builder で、オフライン バンドルを読み込みます。

PowerCLI> Add-EsxSoftwareDepot .\ESXi650-201712001.zip

 

Depot Url

---------

zip:D:\VMware\ESXi\ESXi650-201712001.zip?index.xml

 

 

オフラインバンドルには、複数のイメージ プロファイルが含まれています。

今回は、VMware Tools のインストーラと、セキュリティパッチ以外の修正も含んでいる

「ESXi-6.5.0-20171204001-standard」というイメージ プロファイルを利用します。

PowerCLI> Get-EsxImageProfile | ft -AutoSize

 

Name                             Vendor       Last Modified       Acceptance Level

----                             ------       -------------       ----------------

ESXi-6.5.0-20171201001s-no-tools VMware, Inc. 2017/12/18 11:40:25 PartnerSupported

ESXi-6.5.0-20171204001-standard  VMware, Inc. 2017/12/18 11:40:25 PartnerSupported

ESXi-6.5.0-20171204001-no-tools  VMware, Inc. 2017/12/18 11:40:25 PartnerSupported

ESXi-6.5.0-20171201001s-standard VMware, Inc. 2017/12/18 11:40:25 PartnerSupported

 

 

イメージプロフィアるを指定して、ISO イメージ ファイルをエクスポートします。

PowerCLI> Export-EsxImageProfile ESXi-6.5.0-20171204001-standard -ExportToIso -FilePath D:\work\ESXi-6.5.0-20171204001-standard.iso

 

ISO イメージ ファイルがエクスポートされました。

 

PowerCLI> ls D:\work\ESXi-6.5.0-20171204001-standard.iso | select Name,Length

 

Name                                   Length

----                                   ------

ESXi-6.5.0-20171204001-standard.iso 349245440

 

 

PowerCLI スクリプト編。

同様のことができる簡易的な PowerCLI スクリプトを作成してみました。

(ただし特にエラー制御とかはしていません。)

 

export_esxi-offline-bundle_to_iso.ps1

ESXiのオフラインバンドルから、ISO イメージファイルをエクスポート。 · GitHub

 

下記のように、オフライン バンドルと、スクリプト ファイルを配置して・・・

PowerCLI> ls | select Name,Length

 

Name                                     Length

----                                     ------

ESXi650-201712001.zip                 478519869

export_esxi-offline-bundle_to_iso.ps1       502

 

 

オフライン バンドルのファイル名とエクスポート先のディレクトリを指定して実行します。

PowerCLI> .\export_esxi-offline-bundle_to_iso.ps1 .\ESXi650-201712001.zip D:\work\

Export ISO File: D:\work\ESXi-6.5.0-20171204001-standard.iso

 

この ISO ファイルからブートして、ESXi をインストールすることができます。

export-iso-boot.png

 

vSAN の動作確認などでは最新の ESXi を利用したかったりするので、

環境構築の効率化として活用できるかもしれないと思います。

 

以上、Image Builder で ESXi のパッチから ISO イメージ ファイルをエクスポートする話でした。