Skip navigation

PowerCLI には、vSAN に対応したコマンドも含まれています。

VMware Hands-on Labs (HOL)のラボを利用して PowerCLI 6.5 R1 で vSAN の情報を見てみます。

 

PowerCLI を実行する環境について。

今回は 「vSAN 6.5 の新機能」(HOL-1731-SDC-1 )のシナリオを利用します。

このラボには PowerCLI で vSAN を操作するシナリオ(モジュール 4)も含まれていますが、

今回は モジュール1 での vSphere Web Client での情報確認を PowerCLI で代用してみます。

 

下記の「HOL-1731-SDC-1 - vSAN v6.5: What's New」です。

「レッスン 3:vSAN クラスターの準備」のシナリオを進めて vSAN クラスタを構成しておきます。

http://labs.hol.vmware.com/HOL/catalogs/lab/3340

 

2018年3月時点ではすでに上記のラボは撤収されていますが、

「HOL-1808-01-HCI - vSAN v6.6 - Getting Started」などで代用できます。

モジュール 1 のシナリオを進めて vSAN クラスタを構成しておきます。

http://labs.hol.vmware.com/HOL/catalogs/lab/3651

 

HOL-1808-01-HCI - vSAN v6.6 - Getting Started のモジュール1 終了後の状態には

HoL で用意されている Module Switcher で移動することができますが、

下記の投稿内容でも準備ができます。

PowerCLI で vSAN セットアップをためしてみる。

 

PowerCLI での vSAN 環境の確認。

デスクトップにある PowerCLI のアイコンをダブルクリック起動して、vCenter に接続します。

PowerCLI> Connect-VIServer vcsa-01a.corp.local

 

PowerCLI コマンドラインは、HOL の「テキストの送信」を利用します。

vsan-powercli-01.png

 

vSAN クラスタの設定を確認してみます。

PowerCLI> Get-Cluster | where {$_.VsanEnabled -eq $True} | Get-VsanClusterConfiguration | select Cluster, VsanEnabled, VsanDiskClaimMode, SpaceEfficiencyEnabled | ft -AutoSize

vsan-powercli-02.png

 

ディスクグループの情報を確認してみます。

IsCacheDisk が True のものがキャッシュ ディスクで、False のものがキャパシティ ディスクです。

PowerCLI> Get-Cluster | where {$_.VsanEnabled -eq $True} | Get-VsanDiskGroup | sort VMHost | select VMHost, DiskGroupType, DiskFormatVersion, @{N="CacheDisk"; E={($_ | Get-VsanDisk | where {$_.IsCacheDisk -eq $true}).Count}}, @{N="CapacityDisk"; E={($_ | Get-VsanDisk | where {$_.IsCacheDisk -ne $true}).Count}}, Uuid | ft -AutoSize

 

デフォルトのウインドウ幅だと表示しきれないので、必要に応じて変更します。

たとえば、下記でウィンドウ幅を 120 に拡張できます。

$window_width = 120

$pswindow = (Get-Host).ui.rawui

$newsize = $pswindow.buffersize; $newsize.width = $window_width; $pswindow.buffersize = $newsize

$newsize = $pswindow.windowsize; $newsize.width = $window_width; $pswindow.windowsize = $newsize

vsan-powercli-03.png

 

vSAN ディスクを確認してみます。

PowerCLI> Get-Cluster | where {$_.VsanEnabled -eq $True} | Get-VsanDiskGroup | % {$hv = $_.VMHost; $_ | Get-VsanDisk | % {$path = $_.DevicePath; $_| select @{N="ESXi"; E={$hv.Name}},Uuid, IsCacheDisk, IsSSD, CanonicalName, @{N="CapacityGB"; E={($hv | Get-VMHostDisk | where {$_.DeviceName -eq $path }).ScsiLun.CapacityGB}}}} | ft -AutoSize

vsan-powercli-04.png

 

環境によっては、CapacityGB の結果を CanonicalName より前に持ってきた方が見やすいかもしれません。

(デバイス名が長いので)

容量の桁数を調整したり、結果をソート(下記では「| sort ESXi,IsCacheDisk」)すると

さらに見やすくすることもできます。

PowerCLI> Get-Cluster | where {$_.VsanEnabled -eq $True} | Get-VsanDiskGroup | % {$hv = $_.VMHost; $_ | Get-VsanDisk | % {$path = $_.DevicePath; $_| select @{N="ESXi"; E={$hv.Name}},Uuid,IsCacheDisk,IsSSD,@{N="CapacityGB"; E={[int]($hv | Get-VMHostDisk | where {$_.DeviceName -eq $path }).ScsiLun.CapacityGB}},CanonicalName}} | sort ESXi,IsCacheDisk | ft -AutoSize

 

(ここだけ HoL ではなく自宅ラボですが)表示を工夫した上記のコマンドラインを実行してみた様子です。

home-vsan-samle.png

 

vSAN データストアの容量情報を確認してみます。

PowerCLI> Get-Datastore | where {$_.Type -eq "vsan"} | select Name, Type, CapacityGB, FreeSpaceGB, @{N="ProvisionedSpaceGB"; E={($_.CapacityGB - $_.FreeSpaceGB) + ($_.ExtensionData.Summary.Uncommitted / 1GB)}} | ft -AutoSize

vsan-powercli-05.png

 

各 ESXi ホストのストレージ プロバイダ の情報を見てみます。

PowerCLI> Get-VasaProvider | where {$_.Namespace -eq "VSAN"} | sort Name | select Status, Name, ProviderId | ft -AutoSize

vsan-powercli-06.png

 

アクティブなプロバイダは下記でわかります。

PowerCLI> Get-VasaStorageArray | where {$_.ModelId -eq "VSAN"} | select @{N="Datastore"; E={$Id = "ds:///vmfs/volumes/" + $_.Id + "/"; (Get-Datastore | where {$_.ExtensionData.Info.Url -eq $Id}).Name}}, Provider, Id | ft -AutoSize

vsan-powercli-07.png

 

デフォルトのストレージ ポリシー「Virtual SAN Default Storage Policy」のルールを確認してみます。

PowerCLI> Get-SpbmStoragePolicy -Name "Virtual SAN Default Storage Policy" | select -ExpandProperty AnyOfRuleSets | %{$name = $_.Name; $_ | select -ExpandProperty AllOfRules | select @{N="RuleName"; E={$Name}}, Capability, Value} | ft -AutoSize

vsan-powercli-08.png

 

HOL のシナリオを「レッスン 4: VSAN クラスター キャパシティのスケール アウト」まで進めると、

下記のように vSAN が拡張された様子が確認できます。

 

vSAN クラスタに、ディスクグループが追加されています。

vsan-powercli-11.png

 

追加したディスクグループの、キャッシュ ディスクとキャパシティディスクです。

vsan-powercli-12.png

 

vSAN データストア容量も追加されてます。

vsan-powercli-13.png

 

このように、vSphere Web Client で確認できる情報と同様のものが、PowerCLI でも確認することができます。

vSAN の構成情報をレポートとして残したい場合などに利用すると便利かもしれません。

 

以上、PowerCLI で vSAN の情報を見てみる話でした。