ためしに vCenter Server Appliance 6.0 (VCSA)  を、Datadog に登録してみました。

 

Datadog は、Datadog 社による 性能情報やイベントのモニタリングができるクラウドサービスです。

 

VMware vSphere のモニタリングにも対応しているようです。

Datadog-VMware Integration

Datadog-VMware Integration  (英語)

https://www.datadoghq.com/blog/unified-vsphere-app-monitoring-datadog/ (英語)

 

今回の環境について。

今回は、VCSA 6.0 U3 を使用しています。

Command> system.version.get

Version:

   Product: VMware vCenter Server Appliance

   Installtime: 2017-04-02T04:55:33 UTC

   Summary: VMware vCenter Server Appliance 6.0 Update 3

   Releasedate: February 23, 2017

   Version: 6.0.0.30000

   Build: 5112509

   Type: vCenter Server with an embedded Platform Services Controller

 

VCSA 6.0 は、SUSE Linux をベースとしています。

Command> shell.set --enabled True

Command> shell

    ---------- !!!! WARNING WARNING WARNING !!!! ----------

Your use of "pi shell" has been logged!

The "pi shell" is intended for advanced troubleshooting operations and while

supported in this release, is a deprecated interface, and may be removed in a

future version of the product.  For alternative commands, exit the "pi shell"

and run the "help" command.

The "pi shell" command launches a root bash shell.  Commands within the shell

are not audited, and improper use of this command can severely harm the

system.

Help us improve the product!  If your scenario requires "pi shell," please

submit a Service Request, or post your scenario to the

https://communities.vmware.com/community/vmtn/vcenter/vc forum and add

"appliance" tag.

 

vc02:~ # uname -n

vc02.go-lab.jp

vc02:~ # cat /etc/SuSE-release

SUSE Linux Enterprise Server 11 (x86_64)

VERSION = 11

PATCHLEVEL = 3

 

なお、この VCSA からは自宅ラボにあり、直接インターネットに出ることができます。

Datadog Agent インストール。

インストールは、DD_API_KEY を指定しつつ、curl コマンドで取得したスクリプトを実行します。
ちなみに このコマンドラインと DD_API_KEY は、Datadog の無料体験の登録時などにわかります。

vc02:~ # DD_API_KEY=182b0~ bash -c "$(curl -L https://raw.githubusercontent.com/DataDog/dd-agent/master/packaging/datadog-agent/source/install_agent.sh)"

 

スクリプトの内容は下記でわかります。

dd-agent/install_agent.sh at master · DataDog/dd-agent · GitHub

 

これで、Datadog Agent の RPM がインストールされました。

vc02:~ # rpm -qa | grep datadog

datadog-agent-5.13.2-1

 

デフォルトで Agent は起動します。

vc02:~ # chkconfig --list datadog-agent

datadog-agent             0:off  1:off  2:on   3:on   4:on   5:on   6:off

vc02:~ # service datadog-agent status

Datadog Agent (supervisor) is running all child processes

 

Datadog Agent 連携用ユーザの作成。

 

Datadog 連携用のユーザとして、今回は datadog-user@vsphere.local ユーザを

vCenter のもつ PSC のローカルユーザとして作成しています。

dd-01.png

 

作成したユーザには、vCenter の「読み取り専用」ロールを付与しています。

dd-02.png

 

Datadog Agent の連携設定。

Datadog Agent に含まれる /etc/dd-agent/conf.d/vsphere.yaml.example ファイルをもとに、
設定ファイルを作成します。

 

今回は下記のようにしました。

vc02:~ # vi /etc/dd-agent/conf.d/vsphere.yaml

vc02:~ # chown dd-agent:dd-agent /etc/dd-agent/conf.d/vsphere.yaml

vc02:~ # grep -E -v "#|^$" /etc/dd-agent/conf.d/vsphere.yaml

init_config:

instances:

  - name: vc02-home

    host: vc02.go-lab.jp

    username: 'datadog-user@vsphere.local'

    password: 'パスワード'

    ssl_verify: false

 

Datadog Agent を再起動します。

vc02:~ # service datadog-agent restart

* Stopping Datadog Agent (stopping supervisord) datadog-agent            [ OK ]

* Starting Datadog Agent (using supervisord) datadog-agent               [ OK ]

 

これで、vSphere の情報が Datadog に情報が転送されるようになります。
Datadog の Web UI (下記は Infrastructure → Infrastructure List を開いた画面)から、

VCSA と(赤枠のもの)、その vCenter が管理する ESXi と VM が自動検出されたことがわかります。
VM は、起動されているもののみ表示されるようです。

dd-03.png

 

以上、VCSA 6.0 を Datadog に登録してみる話でした。つづくかもしれない・・・