Skip navigation
2016

PowerCLI Core 1.0 に含まれるコマンドレットと、Windows 版 PowerCLI との差分を見てみました。

 

VMware Flings の PowerCLI Core のページ

PowerCLI Core

 

こちらもどうぞ。

Linux で PowerCLI Core をためす。(Photon OS)

PowerCLI Core を Docker コンテナでためしてみる。

 

今回の PowerCLI Core のバージョンです。

PS /powershell> Get-PowerCLIVersion


PowerCLI Version

----------------

  VMware PowerCLI Core 1.0 build 0

---------------

Component Versions

---------------

  VMware vSphere PowerCLI Component 1.21 build 4523941

  VMware VDS PowerCLI Component 1.21 build 4523941

 

 

比較対象とした、Windows 版の PwerCLI のバージョンです。

PowerCLI C:\> Get-PowerCLIVersion

 

 

 

PowerCLI Version

----------------

  VMware vSphere PowerCLI 6.3 Release 1 build 3737840

---------------

Component Versions

---------------

  VMware Cloud Infrastructure Suite PowerCLI Component 6.3 build 3709081

  VMWare AutoDeploy PowerCLI Component 6.0 build 3736841

  VMWare ImageBuilder PowerCLI Component 6.0 build 3736841

  VMware vSphere PowerCLI Component 6.3 build 3709081

  VMware VDS PowerCLI Component 6.3 build 3709081

  VMware vCloud Director PowerCLI Component 6.3 build 3615264

  VMware HA PowerCLI Component 6.0 build 3625284

  VMware License PowerCLI Component 6.0 build 3615733

  VMware vCloud Air PowerCLI Component 6.3 build 3615264

  VMware PowerCLI Component for Storage Management 6.0 build 3617867

  VMware vROps PowerCLI Component 6.3 build 3615304

  VMware vSphere Update Manager PowerCLI 6.1 build 3607502

 

 

PowerCLI Core に含まれる PowerCLI 関連のモジュールは、PowerCLI.ViCore と PowerCLI.Vds の2つです。

PowerCLI.Vds には、分散仮想スイッチ (vDS) を操作するためのコマンドレットが含まれます。

PS /powershell> Get-Module | select ModuleType,Version,Name | ft -AutoSize


ModuleType Version Name

---------- ------- ----

    Script 0.0    Initialize

    Script 0.0    Initialize-VMware_VimAutomation_Vds

  Manifest 3.1.0.0 Microsoft.PowerShell.Management

  Manifest 3.1.0.0 Microsoft.PowerShell.Utility

    Binary 1.21    PowerCLI.Vds

    Binary 1.21    PowerCLI.ViCore

    Script 1.2    PSReadLine

 

これは、Windows 版 PowerCLI の、VMware.VimAutomation.Core と VMware.VimAutomation.Vds のようです。

それ以外のモジュールに含まれる VMware 関連のコマンドレットは Fling には含まれていませんでした。

PowerCLI C:\> Get-Module | select ModuleType,Version,Name | ft -AutoSize


ModuleType Version Name

---------- ------- ----

    Script 0.0    Initialize-VMware.VimAutomation.License

    Script 0.0    Initialize-VMware.VimAutomation.vROps

    Script 0.0    Initialize-VMware_VimAutomation_Cis

    Script 0.0    Initialize-VMware_VimAutomation_Vds

    Script 0.0    Initialize-VMware_VumAutomation

  Manifest 3.1.0.0 Microsoft.PowerShell.Management

  Manifest 3.1.0.0 Microsoft.PowerShell.Utility

    Script 1.2    PSReadline

    Binary 6.0.0.0 VMware.VimAutomation.Cis.Core

    Binary 6.3.0.0 VMware.VimAutomation.Cloud

  Manifest 6.3.0.0 VMware.VimAutomation.Common

    Script 6.3.0.0 VMware.VimAutomation.Core

    Binary 6.0.0.0 VMware.VimAutomation.HA

    Binary 1.0.0.0 VMware.VimAutomation.License

    Binary 6.0.0.0 VMware.VimAutomation.PCloud

  Manifest 6.3.0.0 VMware.VimAutomation.Sdk

    Binary 6.0.0.0 VMware.VimAutomation.Storage

    Binary 6.3.0.0 VMware.VimAutomation.Vds

    Binary 6.3.0.0 VMware.VimAutomation.vROps

    Binary 6.0.0.0 VMware.VumAutomation


 

 

PowerCLI Core には、モジュールごと含まれるコマンドレット数です。

ちなみに、「group ~」 を省いて実行することで、コマンドレットの一覧を表示できます。

PS /powershell> Get-Command -Module PowerCLI.* | group ModuleName | ft -AutoSize Count,Name


Count Name

----- ----

  283 PowerCLI.ViCore

  32 PowerCLI.Vds

 

Windows 版 PowerCLI のモジュールごとのコマンドレット数です。

Vds のコマンドレットは、PowerCLI Core にもすべて同名のものが含まれていましたが、

VMware.VimAutomation.Core は、少し足りないようです。

PowerCLI C:\> Get-Command -Module VMware.* | group ModuleName | Sort-Object Name | ft -AutoSize Count,Name


Count Name

----- ----

  18 VMware.DeployAutomation

  12 VMware.ImageBuilder

    3 VMware.VimAutomation.Cis.Core

  107 VMware.VimAutomation.Cloud

  289 VMware.VimAutomation.Core

    1 VMware.VimAutomation.HA

    1 VMware.VimAutomation.License

    4 VMware.VimAutomation.PCloud

  30 VMware.VimAutomation.Storage

  32 VMware.VimAutomation.Vds

  12 VMware.VimAutomation.vROps

  19 VMware.VumAutomation

 

 

VMware.VimAutomation.Core に含まれていて PowerCLI.ViCore に含まれていなかったコマンドレットです。

含まれていないのは、SRM 接続、CredentialStore 関連のものなので、

vSphere の基本操作にかかわるコマンドレットは含まれていると考えてよいと思います。

ただし、それぞれのコマンドレットが実際に実行できるかまでは試していません・・・

  • Connect-SrmServer
  • Disconnect-SrmServer
  • Get-ErrorReport
  • Get-VICredentialStoreItem
  • New-VICredentialStoreItem
  • Remove-VICredentialStoreItem

 

ちなみに PowerCLI Core は、Docker Hub に公開されたコンテナイメージを使用しました。

gowatana@photon-pcli [ ~ ]$ docker run --rm -it --entrypoint='/usr/bin/powershell' vmware/powerclicore

PowerShell

Copyright (C) 2016 Microsoft Corporation. All rights reserved.


          Welcome to VMware vSphere PowerCLI!


Log in to a vCenter Server or ESX host:              Connect-VIServer

To find out what commands are available, type:      Get-VICommand

Once you've connected, display all virtual machines: Get-VM


      Copyright (C) VMware, Inc. All rights reserved.



Loading personal and system profiles took 1484ms.

PS /powershell>

 

powercli-core-docker.png

 

以上、PowerCLI Core のコマンドレットについてでした。

VMware Flings で、PowerCLI Core が公開されたので、Docker コンテナを使用して実行してみました。

Docker Host は、Photon OS を使用します。

 

PowerCLI Core は、Linux、Mac などマルチプラットフォームで実行できる PowerCLI です。

 

VMware Flings の PowerCLI Core のページ

PowerCLI Core

 

こちらもどうぞ。

Linux で PowerCLI Core をためす。(Photon OS)

 

 

今回の環境について。

 

Docker Host は、Photon OS 1.0 です。

root@photon-pcli [ ~ ]# cat /etc/photon-release

VMware Photon Linux 1.0

PHOTON_BUILD_NUMBER=13c08b6

root@photon-pcli [ ~ ]# uname -r

4.4.8-esx

 

Photon OS は最新化して、いちど再起動おきます。

root@photon-pcli [ ~ ]# tdnf upgrade -y

root@photon-pcli [ ~ ]# reboot

 

インストールされている Docker のバージョンは、1.11 です。

root@photon-pcli [ ~ ]# tdnf list docker

docker.x86_64                               1.11.2-1.ph1             @System

docker.x86_64                               1.11.2-1.ph1        photon-updates

docker.x86_64                               1.11.0-5.ph1              photon

 

unzip をインストール済みです。

root@photon-pcli [ ~ ]# tdnf install -y unzip

root@photon-pcli [ ~ ]# which unzip

/usr/bin/unzip

 

Docker 用のユーザを作成しておきます。

root@photon-pcli [ ~ ]# groupadd docker

root@photon-pcli [ ~ ]# useradd -m -g docker gowatana

root@photon-pcli [ ~ ]# passwd gowatana

New password:

Retype new password:

passwd: password updated successfully

 

Docker エンジンを起動しておきます。

root@photon-pcli [ ~ ]# systemctl enable docker

Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/docker.service to /usr/lib/systemd/system/docker.service.

root@photon-pcli [ ~ ]# systemctl start docker

root@photon-pcli [ ~ ]# docker info

Containers: 0

Running: 0

Paused: 0

Stopped: 0

Images: 0

Server Version: 1.11.2

Storage Driver: overlay

Backing Filesystem: extfs

Logging Driver: json-file

Cgroup Driver: cgroupfs

Plugins:

Volume: local

Network: null host bridge

Kernel Version: 4.4.8-esx

Operating System: VMware Photon/Linux

OSType: linux

Architecture: x86_64

CPUs: 1

Total Memory: 1.958 GiB

Name: photon-pcli

ID: DAXX:S6YY:OOAS:BS6P:4RZF:6LTN:SVSA:U5JG:3EA4:YN42:L7T2:DSUQ

Docker Root Dir: /var/lib/docker

Debug mode (client): false

Debug mode (server): false

Registry: https://index.docker.io/v1/

WARNING: No kernel memory limit support

 

PowerCLI Core の Docker コンテナをビルド。

 

Flings サイトからダウンロードした「PowerCLI_Core.zip」 を配置しておきます。

gowatana@photon-pcli [ ~ ]$ id

uid=1000(gowatana) gid=1000(docker) groups=1000(docker)

gowatana@photon-pcli [ ~ ]$ ls PowerCLI_Core.zip

PowerCLI_Core.zip

 

解凍します。Dockerfile が含まれています。

gowatana@photon-pcli [ ~ ]$ unzip PowerCLI_Core.zip

Archive:  PowerCLI_Core.zip

  inflating: Dockerfile

   creating: __MACOSX/

  inflating: __MACOSX/._Dockerfile

  inflating: PowerCLI.Vds.4523941.zip

  inflating: __MACOSX/._PowerCLI.Vds.4523941.zip

  inflating: PowerCLI.ViCore.4523941.zip

  inflating: __MACOSX/._PowerCLI.ViCore.4523941.zip

  inflating: README.md

  inflating: __MACOSX/._README.md

  inflating: Start-PowerCLI.ps1

  inflating: __MACOSX/._Start-PowerCLI.ps1

gowatana@photon-pcli [ ~ ]$ ls -l

total 20008

-rw-r--r-- 1 gowatana docker     1927 Oct 17 23:09 Dockerfile

-rw-r--r-- 1 gowatana docker   123095 Oct 17 23:04 PowerCLI.Vds.4523941.zip

-rw-r--r-- 1 gowatana docker 10268925 Oct 17 23:04 PowerCLI.ViCore.4523941.zip

-rw-r----- 1 gowatana docker 10061206 Oct 18 15:59 PowerCLI_Core.zip

-rw-r--r-- 1 gowatana docker     9604 Oct 18 05:12 README.md

-rw-r--r-- 1 gowatana docker     2185 Oct 12 12:27 Start-PowerCLI.ps1

drwxrwxr-x 2 gowatana docker     4096 Oct 18 05:15 __MACOSX

 

Docker コンテナのイメージをビルドします。ubuntu をベースにしてビルドされます。

gowatana@photon-pcli [ ~ ]$ docker build -t vmware/powercli .

Sending build context to Docker daemon 20.48 MB

Step 1 : FROM ubuntu:14.04

14.04: Pulling from library/ubuntu

bf5d46315322: Pull complete

9f13e0ac480c: Pull complete

e8988b5b3097: Pull complete

(省略・・・)

 

イメージがビルドされました。

gowatana@photon-pcli [ ~ ]$ docker images

REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE

vmware/powercli     latest              a03aa9e27b4e        2 minutes ago       482.7 MB

ubuntu              14.04               1e0c3dd64ccd        5 days ago          187.9 MB

 

Docker コンテナとして PowerCLI が起動できるようになります。

gowatana@photon-pcli [ ~ ]$ docker run --rm -it --entrypoint='/usr/bin/powershell' vmware/powercli

PowerShell

Copyright (C) 2016 Microsoft Corporation. All rights reserved.


          Welcome to VMware vSphere PowerCLI!


Log in to a vCenter Server or ESX host:              Connect-VIServer

To find out what commands are available, type:       Get-VICommand

Once you've connected, display all virtual machines: Get-VM

 

       Copyright (C) VMware, Inc. All rights reserved.



Loading personal and system profiles took 1308ms.

PS /powershell>

 

vCenter の SSL 証明書を入れ替えていないので、今回は証明書を確認しないようにします。

PS /powershell> Set-PowerCLIConfiguration -InvalidCertificateAction Ignore -Confirm:$false


Scope    ProxyPolicy     DefaultVIServerMode InvalidCertificateAction  DisplayDeprecationWarnings WebOperationTimeout

                                                                                                  Seconds

-----    -----------     ------------------- ------------------------  -------------------------- -------------------

Session  UseSystemProxy  Multiple            Ignore                    True                       300

User                                         Ignore

AllUsers


vCenter に接続してみました。

PS /powershell> Connect-VIServer vc01.godc.lab


Specify Credential

Please specify server credential

User: administrator@vsphere.local

Password for user administrator@vsphere.local: ************



Name                           Port  User

----                           ----  ----

vc01.godc.lab                  443   VSPHERE.LOCAL\Administrator



PS /powershell>

 

適当な VM の情報を取得してみます。

PS /powershell> Get-VM vm01


Name                 PowerState Num CPUs MemoryGB

----                 ---------- -------- --------

vm01                 PoweredOff 1        2.000



PS /powershell>

PS /powershell> (Get-VM vm01).ExtensionData.MoRef.Value

vm-414

PS /powershell>

 

とりあえず使えそうです。

 

以上、PowerCLI Core を Docker で試してみる話でした。

VMware Flings で、PowerCLI Core が公開されたので、

さっそく、Linux (Photon OS) で実行してみました。

 

PowerCLI Core は、Linux、Mac などマルチプラットフォームで実行できる PowerCLI です。

 

VMware Flings の PowerCLI Core のページ

PowerCLI Core

 

こちらもどうぞ。

PowerCLI Core を Docker コンテナでためしてみる。

 

見た目はこんな感じです・・・

powercli-core.png

 

PowerShell のインストール。

 

今回は、VMware Photon OS 1.0 にインストールします。

root@photon-ALW4IArOR [ ~ ]# cat /etc/photon-release

VMware Photon Linux 1.0

PHOTON_BUILD_NUMBER=13c08b6

root@photon-ALW4IArOR [ ~ ]# uname -r

4.4.8-esx

 

キーマップ(日本語の ja106)、ホスト名(今回は photon-pcli) を設定しておきまます。

root@photon-ALW4IArOR [ ~ ]# localectl set-keymap jp106

root@photon-ALW4IArOR [ ~ ]# hostnamectl set-hostname photon-pcli

 

 

tdnf コマンド(yum のかわり) で、RPM を最新化しておきます。
RPM のアップグレードが終わったら、いったん OS を再起動します。

root@photon-ALW4IArOR [ ~ ]# tdnf upgrade -y

root@photon-ALW4IArOR [ ~ ]# reboot

 

PowerShell の Yum リポジトリの設定ファイル(.repo)を配置します。

下記のようなコマンドラインを投入して、 /etc/yum.repos.d/powershell.repo ファイルを作成します。

cat << EOF > /etc/yum.repos.d/powershell.repo

[powershell]

name=PowerShell (x86_64)

baseurl=https://vmware.bintray.com/powershell

gpgcheck=0

enabled=1

skip_if_unavailable=True

EOF

 

実行すると、このような感じになります。

root@photon-pcli [ ~ ]# cat << EOF > /etc/yum.repos.d/powershell.repo

> [powershell]

> name=PowerShell (x86_64)

> baseurl=https://vmware.bintray.com/powershell

> gpgcheck=0

> enabled=1

> skip_if_unavailable=True

> EOF

root@photon-pcli [ ~ ]#

 

あとでファイルの解凍で使用するので、unzip コマンドをインストールしておきます。

root@photon-pcli [ ~ ]# tdnf install -y unzip

 

PowerShell をインストールします。

root@photon-pcli [ ~ ]# tdnf install -y powershell

 

 

Installing:

libicu                          x86_64      50_rc-1              23.92 M

libunwind                      x86_64      1.2-rc1            145.17 k

powershell                      x86_64      6.0.0_alpha.10-1    120.75 M

 

 

Total installed size: 144.82 M

 

 

Downloading:

powershell                            40423534    100%

libunwind                                69686    100%

libicu                                10093052    100%

Testing transaction

Running transaction

 

 

Complete!

root@photon-pcli [ ~ ]#

 

PowerCLI Core のインストール。

 

今回はこのまま root ユーザで進めてしまいます。

Flings サイトからダウンロードしたファイル「PowerCLI_Core.zip」を /root ディレクトリに配置してあります。

root@photon-pcli [ ~ ]# pwd

/root

root@photon-pcli [ ~ ]# ls -l /root/PowerCLI_Core.zip

-rw-r----- 1 root root 10061206 Oct 18 15:59 /root/PowerCLI_Core.zip

 

/root で、ファイルを解凍します。
このあと、PowerCLI.ViCore.4523941.zip と PowerCLI.Vds.4523941.zip をさらに解凍します。

root@photon-pcli [ ~ ]# unzip -d  PowerCLI_Core PowerCLI_Core.zip

Archive:  PowerCLI_Core.zip

  inflating: PowerCLI_Core/Dockerfile

  creating: PowerCLI_Core/__MACOSX/

  inflating: PowerCLI_Core/__MACOSX/._Dockerfile

  inflating: PowerCLI_Core/PowerCLI.Vds.4523941.zip

  inflating: PowerCLI_Core/__MACOSX/._PowerCLI.Vds.4523941.zip

  inflating: PowerCLI_Core/PowerCLI.ViCore.4523941.zip

  inflating: PowerCLI_Core/__MACOSX/._PowerCLI.ViCore.4523941.zip

  inflating: PowerCLI_Core/README.md

  inflating: PowerCLI_Core/__MACOSX/._README.md

  inflating: PowerCLI_Core/Start-PowerCLI.ps1

  inflating: PowerCLI_Core/__MACOSX/._Start-PowerCLI.ps1

root@photon-pcli [ ~ ]# ls

PowerCLI_Core  PowerCLI_Core.zip

 

モジュールの配置するディレクトリを作成し、そこに解凍します。

root@photon-pcli [ ~ ]# mkdir -p ~/.local/share/powershell/Modules

root@photon-pcli [ ~ ]# unzip -d .local/share/powershell/Modules/ PowerCLI_Core/PowerCLI.ViCore.4523941.zip

root@photon-pcli [ ~ ]# unzip -d .local/share/powershell/Modules/ PowerCLI_Core/PowerCLI.Vds.4523941.zip

 

 

PowerShell の起動。

 

PowerShell を起動してみます。

root@photon-pcli [ ~ ]# powershell

PowerShell

Copyright (C) 2016 Microsoft Corporation. All rights reserved.

 

PS /root>

 

PowerShell のバージョンは 6.0 のようです。

PS /root> Get-Host | fl Version

 

 

Version : 6.0.0

 

 

 

PS /root>

 

PowerCLI の起動。

 

PowerCLI を起動してみます。
最初に zip ファイルを展開したディレクトリに含まれる、Start-PowerCLI.ps1 を実行します。

PS /root> ./PowerCLI_Core/Start-PowerCLI.ps1

          Welcome to VMware vSphere PowerCLI!

 

Log in to a vCenter Server or ESX host:              Connect-VIServer

To find out what commands are available, type:      Get-VICommand

Once you've connected, display all virtual machines: Get-VM

 

      Copyright (C) VMware, Inc. All rights reserved.

 

 

PS /root>

 

PowerCLI のバージョンを表示してみます。

PS /root> Get-PowerCLIVersion

 

PowerCLI Version

----------------

  VMware PowerCLI Core 1.0 build 0

---------------

Component Versions

---------------

  VMware vSphere PowerCLI Component 1.21 build 4523941

  VMware VDS PowerCLI Component 1.21 build 4523941

 

 

PS /root>

 

vCenter への接続と、コマンドレットでの情報取得。

 

今回の環境では vCenter にちゃんとした証明書がインストールされていないので、

とりあえず証明書を無視するようにしてしまいます。

PS /root> Set-PowerCLIConfiguration -InvalidCertificateAction Ignore -Confirm:$false

 

vCenter (今回の環境の vCenter  は vc01.godc.lab) に「Connect-VIServer」 で接続してみます。

「administrator@vsphere.local」 ユーザでログインします。

PS /root> Connect-VIServer vc01.godc.lab                                    

Specify Credential

Please specify server credential

User: administrator@vsphere.local

Password for user administrator@vsphere.local: ************


Name                          Port  User

----                          ----  ----

vc01.godc.lab                  443  VSPHERE.LOCAL\Administrator

 

 

PS /root>

 

クラスタの情報を取得してみます。

PS /root> Get-Cluster

 

Name                           HAEnabled  HAFailover DrsEnabled DrsAutomationLe

                                          Level                 vel

----                           ---------  ---------- ---------- ---------------

cluster-ha01                   True       1          False      FullyAutomated

cluster-ha02                   True       1          False      FullyAutomated

cluster-ivy                    False      1          False      FullyAutomated

cluster-vsan01                 True       1          True       FullyAutomated

 

cluster-vsan01 クラスタに含まれる、 ESXi ホストの情報を取得してみます。

PS /root> Get-Cluster cluster-vsan01 | Get-VMHost

 

Name                 ConnectionState PowerState NumCpu CpuUsageMhz CpuTotalMhz

----                 --------------- ---------- ------ ----------- -----------

hv-i21.godc.lab      Connected       PoweredOn       2         887        4606

hv-i22.godc.lab      Connected       PoweredOn       2        1202        4606

hv-i23.godc.lab      Connected       PoweredOn       2         532        4608

 

VM の情報を取得してみます。(photon0? という名前のもの)

PS /root> Get-VM photon0? | Sort-Object Name

 

Name                 PowerState Num CPUs MemoryGB

----                 ---------- -------- --------

photon01             PoweredOff 1        2.000

photon02             PoweredOff 1        2.000

photon03             PoweredOff 1        2.000

photon04             PoweredOff 1        2.000

 

vDS(分散仮想スイッチ) のモジュールも読み込まれているので、vDS の情報を取得してみます。

PS /root> Get-VDSwitch | ft -AutoSize

 

Name  NumPorts Mtu  Version Vendor

----  -------- ---  ------- ------

vds01 243      1600 6.0.0   VMware, Inc.

 

念願の、Linux での PowerCLI が使用できるようになりました。

ただ、Windows のままは使用できないコマンドレット(というかPowerShell のエイリアス) もあったりするようで、

いろいろ実行して特徴をつかみたいと思います。

 

以上。Linux で PowerCLI Core を使用してみる話でした。

最近、vRealize Network Insight (通称 vRNI) という製品がリリースされました。

これは元々 Arkin 社の製品で、VMware NSX によるネットワーク仮想化環境を可視化することができます。

 

vRealize Network Insight (製品情報)

Software-Defined Networking 向け vRealize Network Insight: VMware

 

製品マニュアルなど

VMware vRealize Network Insight Documentation

 

2016年10月時点の最新版は 3.1 のようです。

VMware vRealize Network Insight 3.1 Release Notes

 

 

いまのところ評価版は提供されていないようですが、

HoL には、すでににラボが用意されていて、動作を試すことができます。

 

VMware Hands-on Labs

http://labs.hol.vmware.com/HOL/catalogs/catalog/123

HOL-1729-SDC-1 - Introduction to vRealize Network Insight

 

ドキュメントは英語のみですが、vRNI にログインして、実際に Web UI を操作することができます。

vrni-hol-01.png

 

HoL ラボの内容も公開されています。

このラボ マニュアルだけでも、ある程度 vRNI でどのようなことができるかわかります。

VMware Hands-on Labs - HOL-1729-SDC-1

 

 

UI の様子について。


vRNI の UI は、可視化機能は強力なのですが、

なかなかオシャレで慣れるまでは目的の画面にたどり着くまで少し時間がかかかりそうな気がしました。

たとえば、ラボの最初に出てくる「Plan Security」画面(下記)ですが、

vrni-hol-02.png


ホーム画面のアイコンから呼び出せて・・・

vrni-hol-04a.png


上記のナビゲーションバーからでも呼び出せますが・・・

vrni-hol-03.png

 

サーチ バーから直接よびだすこともできます。
ちなみに HoL のラボでは、最初からこの方法で画面を表示していました。

しかも、サーチ バーには文字列を入力すると、自動補完が働いて候補が表示されます。

vrni-hol-04.png

 

vRNI の機能は、意外とサーチ バーから一気に表示することができそうなので、

オペレータの人に定期的に特定の画面を見てもらったりする場合にも、使用手順を簡素化できそうに思えました。

 

 

ネットワーク環境の可視化について。

 

これまで NSX 環境の可視化には、vRealize Operations Manager (vROps) の

NSX むけ Management Pack があり、ダッシュボードで論理ネットワーク構成を表示することができました。

しかし vROps では、ポートグループ同士が接続されているだけで機能していない経路

(ルーティングされていなかったり、実際には接続性がないような接続情報)が表示されてしまったり、

複雑な構成だとうまく認識されなかったりといったことが見受けられました。

 

まず、vROps の例です。

下記の vROps は、両端の VM をつなぐ論理パスが複数表示されていますが、

このうち一番上 の直線以外は、実は機能していないパスだったりします。

※そして実際のネットワーク構成とあってなかったりもします。

※これは、わざと変に構成した NSX 環境なので、実環境の vROps ではここまでにはならないと思います。

vrni-hol-05.png

 

以下は、でも画面などでも登場する vRNI の「VM Path Topology」 画面です。

vRNI だと、下記のように論理ネットワーク構成を見ることができます。

vRNI では、オブジェクト同士の接続だけでなく、VLAN 設定や ルーティングテーブルも含む

ネットワーク構成情報からネットワークを可視化しているようです。

vrni-hol-06a.png

 

図中のオブジェクトをクリックすると、そのオブジェクトの情報が分かります。

VXLAN の論理スイッチを表す棒をクリックすると、その論理スイッチの セグメント ID や ネットワークアドレス、

VXLAN の VTEP アドレスやアンダーレイの VLAN ID までまとめて表示されます。

vrni-hol-06b.png

 

上部の矢印ボア端をクリックすると、即座に逆方向のトポロジが描画されます。

vrni-hol-06c.png

 

このように、vSphere Web Client の NSX 管理画面や vROops では表現できなかったネットワーク可視化ができるツールです。

今回は HoL ですが、ぜひうちにもほしい・・・

 

以上、vRNI を HoL で使用してみた感想でした