Skip navigation
2016

ESXi の vSphere Client のかわりに、Web ブラウザからアクセス可能な「Host Client」が提供されるようになっています。

そして、まだ正式な製品として提供されるまえのバージョンも、VMware Flings のサイトで提供されています。

 

過去に、いくつか投稿してみました・・・

さよなら vSphere Client、こんにちは HTML5 Web Client、そして vSphere 6.0 GUI の現状について。

ESXi 6.0 U2 で Host Client がデフォルトで使用可能になりました。

ESXi Embedded Host Client が公開されました。

 

VMware Flings で提供されている最新版の Host Client 「v1.8.1 Build 4355717」では、
なんと Google Chrome から SSH が可能になっています。

ESXi Embedded Host Client

host-clinet-ssh-00.png

 

試しに ESXi 6.0 U2 でアップデート インストールしてみました。

もともとの Host Client (esx-ui) のバージョンは 1.4 です。

[root@hv-i23:~] vmware -vl

VMware ESXi 6.0.0 build-4192238

VMware ESXi 6.0.0 Update 2

[root@hv-i23:~] esxcli software vib get -n esx-ui

VMware_bootbank_esx-ui_1.4.0-3959074

   Name: esx-ui

   Version: 1.4.0-3959074

   Type: bootbank

   Vendor: VMware

   Acceptance Level: VMwareCertified

   Summary: VMware Host Client

   Description: An embedded web UI for ESXi

   ReferenceURLs:

   Creation Date: 2016-06-02

   Depends: esx-version >= 5.0.0

   Conflicts:

   Replaces:

   Provides:

   Maintenance Mode Required: False

   Hardware Platforms Required:

   Live Install Allowed: True

   Live Remove Allowed: True

   Stateless Ready: True

   Overlay: False

   Tags:

   Payloads: esx-ui

 

ESXi のデータストアに、Flings のサイトからダウンロードした VIB ファイル(esxui-signed-4355717.vib)を配置します。

※ちなみに、ESXi では SSH を有効にしています。

[root@hv-i23:~] esxcli software sources vib get -v /vmfs/volumes/ds_nfs_iso239/sw/esxui-signed-4355717.vib

VMware_bootbank_esx-ui_1.8.1-4355717

   Name: esx-ui

   Version: 1.8.1-4355717

   Type: bootbank

   Vendor: VMware

   Acceptance Level: VMwareCertified

   Summary: VMware Host Client

   Description: An embedded web UI for ESXi

   ReferenceURLs:

   Creation Date: 2016-09-07

   Depends: esx-version >= 5.0.0

   Conflicts:

   Replaces:

   Provides:

   Maintenance Mode Required: False

   Hardware Platforms Required:

   Live Install Allowed: True

   Live Remove Allowed: True

   Stateless Ready: True

   Overlay: False

   Tags:

   Payloads: esx-ui

 

アップデート インストールします。

[root@hv-i23:~] esxcli software vib update -v /vmfs/volumes/ds_nfs_iso239/sw/esxui-signed-4355717.vib

''

[root@hv-i23:~] esxcli software vib get -n esx-ui

VMware_bootbank_esx-ui_1.8.1-4355717

   Name: esx-ui

   Version: 1.8.1-4355717

   Type: bootbank

   Vendor: VMware

   Acceptance Level: VMwareCertified

   Summary: VMware Host Client

   Description: An embedded web UI for ESXi

   ReferenceURLs:

   Creation Date: 2016-09-07

   Depends: esx-version >= 5.0.0

   Conflicts:

   Replaces:

   Provides:

   Maintenance Mode Required: False

   Hardware Platforms Required:

   Live Install Allowed: True

   Live Remove Allowed: True

   Stateless Ready: True

   Overlay: False

   Tags:

   Payloads: esx-ui

 

Chrome で、Host Client (httpsで ESXiのアドレス/ui/ ) にアクセスして、root ユーザでログインします。

ログイン直後に自動アップデートの確認画面が出ますが、今のところ最新なので今回はそのままにしています。

ESXi からインターネット接続可能であれば、そもそも Host Client の UI からのバージョンアップも可能です。

host-clinet-ssh-01.png

 

Host Client のバージョンは 1.8.1 になっています。

host-clinet-ssh-02.png

 

ホストの「アクション」 → 「Chrome の SSH を取得します」 をクリック。

host-clinet-ssh-03.png

 

Chrome ウェブストア の「Secure Shell」のページが開くので、「+ CHROME に追加」 します。

host-clinet-ssh-04.png

 

確認画面で「アプリを追加」 します。

host-clinet-ssh-05.png

 

Host Client の画面に戻ると、

ホストの 「アクション」 → 「SSH コンソール」 メニューが表示されているので、クリックします。

host-clinet-ssh-06.png

 

Chrome で、ESXi の SSH コンソールが開きました。

初回アクセスなので、接続確認で「yes」と入力します。

これで、SSH でアクセスできるようになります。

host-clinet-ssh-07.png

 

便利・・・

 

以上、Host Client で Chrome から SSH してみる話でした。