Skip navigation
2015

VMware Photon OS ですが、

vForum 2015 でも盛んに取り上げられ、Photon Controller も GitHub で公開され

徐々に知名度が上がっているのではないかと思われます。

 

VMware Photon

https://github.com/vmware/photonhttps://github.com/vmware/photon

 

VMware Photon Controller

https://github.com/vmware/photon-controllerhttps://github.com/vmware/photon-controller

 

Photon は、VMworld の開催された2015年8月末ごろに Photon OS とよばれるようになり

Technical Preview 2(1.0 TP2)もリリースされています。

New Capabilities in Project Photon OS Technical Preview 2 (TP2) - VMware vSphere Blog - VMware Blogs

 

以前にこんなポストもしてみましたが・・・

VMware Photon Linux 1.0 TP2 が公開されました。

 

PXE Boot インストールや RPM-OSTree への対応といった大きく公表されているところ以外にも、

いくつか変更されていることに気づきました。

 

今回の Photon のバージョンです。

root [ ~ ]# cat /etc/photon-release

VMware Photon Linux 1.0 TP2

 

たとえば・・・

 

syslog-ng が入った。

いままで、ログ管理が悩ましい気がしていたので、便利になったと思います。

root [ ~ ]# rpm -q syslog-ng

syslog-ng-3.6.2-3.ph1tp2.x86_64

 

ふつうにテキストログが /var/log/messages ファイルに出力されたりします。

root [ ~ ]# ls -lh /var/log/messages

-rw------- 1 root root 548K Nov 26 11:11 /var/log/messages

 

NIC の名前付けのルールが変更された。

eth0 みたいな名前から、RHEL7 や Oracle Linux 7 でおなじみの enp0s3 みたいな名前に変更されました。

Photon ではあまり RPM が導入されていませんが、

それでも ip コマンドだけでなく ifconfig コマンドも使用できます。

※この例では、NIC が2つあります。

root [ ~ ]# ifconfig -a
enp0s3    Link encap:Ethernet  HWaddr 08:00:27:79:C1:4B
           inet addr:10.0.2.15  Bcast:10.0.2.255  Mask:255.255.255.0
           UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
           RX packets:6 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
           TX packets:24 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
           collisions:0 txqueuelen:1000
           RX bytes:1528  TX bytes:2371

 

enp0s8    Link encap:Ethernet  HWaddr 08:00:27:B1:5B:BB
           inet addr:192.168.56.101  Bcast:192.168.56.255  Mask:255.255.255.0
           UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
           RX packets:29235 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
           TX packets:710 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
           collisions:0 txqueuelen:1000
           RX bytes:2467629  TX bytes:116892

 

lo        Link encap:Local Loopback
           inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
           UP LOOPBACK RUNNING  MTU:65536  Metric:1
           RX packets:323 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
           TX packets:323 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
           collisions:0 txqueuelen:0

          RX bytes:95887  TX bytes:95887

 

Open vSwitch が入っている。

ホストをまたぐコンテナ管理機能で使うことになるのか・・・?

root [ ~ ]# rpm -qa | grep openvswitch

openvswitch-2.3.1-1.ph1tp2.x86_64

 

まだ謎の多い Photon ですが、

いろいろと調整されているようで VIC や Photon Platform が GA になるころにどうなるのか楽しみです。

 

以上、Photon OS の 1.0 TP2 での地味な変更点についてでした。