2015年7月8日開催の、VMware vCloud Conference 2015 (東京会場)に行ってみました。

なんと vCloud Air オンリーイベントです。

vcloud-conference2015.png

 

だいたいの内容は、下記のような感じだったと思います。

  • 現状の vCloud Air の概要の説明 / Demo
  • ユーザ事例
  • 最近(2015年6月)に発表されたサービス拡張の説明
    (主に Advanced Networking Service、VPC OnDemand、DR の機能拡張)
  • これからのロードマップ
  • ハンズオン(盛況すぎて行けませんでしたが)
  • Air の詳しい人に色々と質問できる(Ask the Expert ブースなど

 

個人的には、VPC OnDemand が気になりました。

VM に対して分単位課金のサービスらしいので、AWS 的な感覚で
「ためしに」で使えるのではないかと期待しています。

そして VPC OnDemand の「OnDemand 料金計算ツール」も用意されています。

http://vcloud.vmware.com/jp/service-offering/pricing-calculator/on-demand


ちなみに無償キャンペーンがありますが、

日本ロケーションはもうすぐ(7月中に?)オープンする予定とのことです。

http://vcloud.vmware.com/jp/service-offering/special-offer

 

それとは別に、今回参加して印象に残った話を 3つほど。(新情報というわけではないですが

  • Air への移行では、移行元の vSphere(vCenter / ESXi)バージョンよりも
    仮想マシンバージョンを気にすべし。バージョン4(vmx-04)であれば Air に移行できる。
    バージョン4 は、ESX 3.0 の頃に登場したものなので、けっこう前の VM でもいけるはず。
  • DR(Disaster Recovery / 災害復旧サービス)では vSphere Replication が使われる。
    (vR はこれからもっと流行るのでは?)
  • VMware Workstation 11 で、vCenter だけでなく Air にも接続できるらしい。
    「本番環境の障害 VM を Workstation で解析」とかのユースケースがあるそうな。

 

このイベントは、大阪でも 2015年7月14日に開催するようです。

そして来年もやる予定らしい・・・

 

以上、vCloud Conference の話でした。