Skip navigation

VMware Photon Linux は、デフォルトだと英語圏向けなキーボード配列になています。

このままだと、コンソールからのアクセスでは日本語キーボードで使用しづらいので、

いわゆる「日本語 106 キーボード」に設定変更してみます。


localectl list-keymaps コマンドで確認すると、

「jp106」があります。

root [ ~ ]# cat /etc/photon-release

VMware Photon Linux 1.0 TP1

root [ ~ ]# localectl list-keymaps | grep jp

jp106


デフォルトのキーマップは、特に設定されていません。

root [ ~ ]# localectl

   System Locale: n/a

 

       VC Keymap: n/a

      X11 Layout: n/a


jp106 に変更してみます。

root [ ~ ]# localectl set-keymap jp106

root [ ~ ]# localectl

   System Locale: n/a

 

       VC Keymap: jp106

      X11 Layout: jp

       X11 Model: jp106

     X11 Options: terminate:ctrl_alt_bksp


コマンドの結果はすぐに反映されて、日本語キーボードが使用できるようになります。

そして Photon の OS 再起動後も、設定は維持されます。


ねんのためですが、SSH アクセスする場合は、SSH アクセスもとのキーボード設定によるので

特に今回の設定は関係ありません。

このキーボード設定が関係するのは、Photon ゲストへの VM のコンソールアクセス(下記)や、

物理サーバに Photon をインストールして物理モニタ & キーボード接続で操作する場合です。

photon-kbd-jp106.png

 

以上、Photon で日本語キーボードを使用する話でした。