vRealize Operations Manager(VROPS)6.x の Web UI は、

デフォルトだと 30 分でセッション タイムアウトしてしまい、再ログインが必要です。

※vCenter Operations Manager は製品名が変更されて、vRealize Operations Manager になっています。


監視卓みたいに、1日中ただ眺めていたいときには、

このタイムアウト期間を調整することができます。


以前の VCOPS 5.x だと、UI のタイムアウト期間は

VCOSP の OS にログインして設定ファイルを変更する必要がありましたが、

VROPS 6.x からは、Web UI から設定変更ができるようになりました。

 

以前のポスト。(VCOPS5.x)

VCOPS の UI タイムアウト時間を変更する。


マニュアルでは、下記のあたりです。

vRealize Operations Manager カスタマイズおよび管理ガイド

vRealize Operations Manager 6.0.1

http://pubs.vmware.com/vrealizeoperationsmanager-6/topic/com.vmware.ICbase/PDF/vrealize-operations-manager-601-cust-admin-guide.pdf

※P.171 あたり。

 

セッション タイムアウト期間の設定変更方法

 

VROPS の Web UI にアクセスして、管理ユーザ「admin」などでログインします。

https:// <VROPS のアドレス> /vcops-web-ent/

 

今回の VROPS のバージョンは、6.0.1 です。

VROPS のバージョンは、UI 上部の「バージョン情報」で確認できます。

vrops60-timeout-00.png

 

「ホーム」→「管理」を開きます。

vrops60-timeout-01.png

 

「グローバル設定」を開くと、

「セッション タイムアウト」がデフォルトでは 30分になっています。

vrops60-timeout-02.png

 

「グローバル設定」の編集ボタンをクリックすると、設定変更できます。

セッション タイムアウトを、最大値の 34560 分にしてみます。

vrops60-timeout-03.png

 

設定は、即座に反映されます。

VCOPS 5.x の時とは異なり、VROPS のサービス再起動は不要なようです。

※30分間以上放置してもタイムアウトしませんでした。

vrops60-timeout-04.png

 

おまけ

セッション タイムアウトは、無期限にはできないようです。

ためしに「0 分」を入力してみると、

「このフィールドの最小値は 1 です」と表示されてしまいます。

vrops60-timeout-05.png

 

逆に、「34561 分」以上を入力してみると、

「このフィールドの最小値は 34560 です」と表示されてしまいます。

vrops60-timeout-06.png

 

ただ、34560 分もセッションが持続するのであれば充分と思われます・・・

 

以上、VROPS 6.x のセッション タイムアウト期間の変更でした。