VMware から、Docker などコンテナむけの Linux ディストリビューション

Photon Linux が公開されました。

ロゴもフォトンっぽいかんじです。

おなじ目的の OS としては、CoreOS や Red Hat Atmic Host あたりが挙げられます。


すでに、下記のサイトあたりから Photon Linux の ISO インストーラファイルがダウンロードできます。


VMware Photon

https://vmware.github.io/photon/

ちなみに インストーラの ISO は 1GB くらいです。

photon-pj-01.png

 

また、GitHub からソースをダウンロードして、自分で ISO をビルドできるようになっています。

ちなみに、ビルド環境は Ubuntu を想定しているようです。


GitHub

https://github.com/vmware/photon/

 

 

そして、VMTN (VMware Community)にも、すでにコミュニティのページが用意されていました。


Project Photon (英語)

https://communities.vmware.com/community/vmtn/devops/project-photon

この Project の目的もあってか、ページの位置づけは「DevOps」カテゴリ配下になっています。

photon-pj-02.png

 

プロダクトの位置づけは Technical Preview なので、製品サポートがあったりするわけではありませんが、

その分 Community 向けなプロダクトな気がしていて、面白そうだと思っています。

 

起動直後の画面にも「Technical Preview」と表示されてます。

photon-pj-03.png

 

せっかく VMware から Linux ディストリビューションが出たので、

普段は執拗に Oracle Linux を使用している このブログでも Photon を使ってみたいと思います。

 

以上、Photon Linux 登場についてでした。