今回から、

vSphere Big Data Extensions(BDE)で

vSphere 環境に Hadoop クラスタを作成してみます。

 

これまでの流れ

vSphere で Hadoop してみる。(Big Data Extentions) 第1回

vSphere で Hadoop してみる。BDE 第2回

 

今回は BDE で Hadoop クラスタを作成する準備として下記を実施します。

  • BDE で使用するストレージの指定
  • BDE で使用するネットワークの指定
  • Hadoop クラスタで利用するリソースプールの作成

 

BDE でリソースの指定は、

vSphere Web Client の BDE プラグインの画面で設定します。

 

Web Client にログインしたら、「ホーム」で

「Big Data Extentions」を開きます。

bde-res-setting-01.png

 

BDE の画面が開くので「Resources」を開きます。

bde-res-setting-02.png

 

BDE で使用するストレージの指定


BDE でストレージを利用するには、

すでに vSphere 環境で作成してあるデータストアを指定します。


「Invenory Lists」配下の「Datastores」を開いて「+」ボタンをクリックして下記を設定します。

  • BDE でのデータストアの名前。データストアに BDE 独自の名前を設定します。
  • Type → データストアのタイプを指定します。Local か Shared。
  • 使用するデータストアのチェックを ON にします。

bde-res-setting-03.png

 

指定したデータストアは、

下記のように表示されるようになります。

bde-res-setting-04.png

 

BDE で使用するネットワークの指定


BDE でストレージを利用するには、

すでに vSphere 環境で作成してあるポートグループを指定します。

vSS の標準ポートグループでも、vDS の分散ポートグループでも

どちらでも指定できます。


「Invenory Lists」配下の「Networks」を開いて「+」ボタンをクリックして下記を設定します。

  • BDE でのネットワークの名前。ポートグループに BDE 独自の名前を設定します。。
  • 使用するデータストアのチェックを選択する。
  • IP アドレス設定を、DHCP か、静的に指定かを選択します。

 

ちなみに、今回はもともと DHCP サーバがいるネットワークセグメントの

ポートグループを使用するつもりなので、DHCP を選択しています。

bde-res-setting-05.png

 

指定したネットワークは、

下記のように表示されるようになります。

bde-res-setting-06.png

 

Hadoop クラスタで利用するリソースプールの作成

 

BDE での Hadoop クラスタを作成先として

リソースプールを作成しておきます。

これは、BDE 独自のリソースではなく

普通に vSphere 環境で作成できる一般的な「リソースプール」のことです。

 

Web Client の「ホストおよびクラスタ」インベントリで、

vSphere のクラスタに対して「新規リソースプール」を作成します。

bde-res-setting-07.png

 

今回のリソースプールには、リソースプール名だけ指定しておきます。

ちなみにリソースプールで CPU、メモリのリソース制御設定をした場合は、

BDE で作成する Hadoop クラスタにも反映されるはずです。

bde-res-setting-08.png

 

リソースプールが作成されました。

この時点では VM 等が何も含まれていません。

bde-res-setting-09.png

 

このあとは BDE での Hadoop クラスタ作成に続く・・・

vSphere で Hadoop してみる。BDE 第4回