前回につづき、

vSphere Big Data Extensions(BDE)をセットアップしていきます。

 

前回はこちら・・・

vSphere で Hadoop してみる。(Big Data Extentions) 第1回

 

まずは、BDE の vApp を起動します。

bde-setup01.png

 

vApp に含まれる VM のうち、

BDE 管理サーバ(management-server)だけがパワーオンされます。

bde-setup02.png

 

management-server をコンソールで開くと

初期パスワードが表示されているので、

このまま Enter キーなどを押して serengeti ユーザでログインして

すぐ下に表示されているコマンドラインでパスワードを変更します。

※ちなみに、SSH で ログインしてパスワード変更することもできます。

bde-setup03.png

 

パスワード変更は、こんな感じです。

[serengeti@192 ~]$ sudo /opt/serengeti/sbin/set-password -u

New password: ★パスワードを入力する。

Retype password: ★もう一度パスワードを入力する。

[serengeti@192 ~]$

 

Web Client に BDE のプラグインを登録します。

下記の URL にアクセスすると、登録画面が表示されます。

    https://<management-server の IP アドレス>:8443/register-plugin/

 

「Install」を選択して、vCenter のアドレスと

vCenter にログインできる管理者ユーザ名 / パスワード を入力します。

 

「Big Data Extentions Package URL」の

IP アドレスの部分は、起動した BDE 管理サーバのものです。

 

入力したら「Submit」します。

bde-setup04.png

 

「Installation successful! ~」と表示されます。

bde-setup05.png

 

Web Client にログインしなおすと・・・

bde-setup06.png

 

BDE のプラグインが登録されています。

アイコンをクリックして、BDE の画面を開きます。

bde-setup07.png

 

BDE の管理サーバに接続します。

「Getting Start」のタブで

「Connect to a Serengeti Server」をクリックします。

※Serengeti Server は、BDE 管理サーバのことです。

bde-setup08.png

 

インベントリから、management-server を選択して「OK」をクリックします。

bde-setup09.png

 

証明書の警告が出ますが「OK」をクリックします。

bde-setup10.png

 

BDE 管理サーバが登録されて、

Big Data Cluster 作成などができるようになりました。

これで、GUI (この Web Client)から Hadoop クラスタがデプロイできるようになります。

bde-setup11.png

 

「Summary」タブでも、

BDE 管理サーバが登録されたことがわかります。

bde-setup12.png

 

ちなみに、BDE 管理サーバに SSH でログインすると

CLI で Hadoop クラスタをデプロイすることもできます。

 

日本語環境の都合でバックスラッシュが「\」になって

CLI ログイン時の serengeti のロゴがうまく表示できてませんが・・・

bde-setup13.png

 

以上、BDE のセットアップでした。まだつづく・・・

vSphere で Hadoop してみる。BDE 第3回