vSphere 5.5 からの新機能、AppHA のセットアップの様子をお届けしようと思います。

けっこう長くなりそうなので、下記のように分けてポストしてみます。

 

セットアップ手順の流れ

  1. Hyperic の vApp デプロイ ★←今回はここ
  2. Hyperic のセットアップ
  3. Hyperic への VC 登録
  4. AppHA の OVA デプロイ
  5. AppHA と vSphereHA のセットアップ
  6. Hyperic エージェントの導入
  7. AppHA ポリシーの作成
  8. AppHA ポリシーの割り当て

 

AppHA の概要はこちらもどうぞ。

vSphere AppHA をデプロイするとこう見えます。

 

今回の Hyperic のマニュアルはこちら(英語)

VMware vCenter Hyperic Documentation

https://www.vmware.com/support/pubs/hyperic-pubs.html

 

ちなみに、Hyperic は vCenter Operations Management Suite に

含まれているので、今回の Hyperic はそちらの評価版を使用しました。

 

vCenter Operations Management Suite には

他にもいろいろな製品が含まれます。

VMware vCenter Operations Management Suite のドキュメント

http://www.vmware.com/jp/support/support-resources/pubs/vmware-vcops-suite-pubs

 

参考手順

 

VMware vSphere Blog(英語ですが)

Installing vSphere App HA 1.0 - Part 1 of 3

http://blogs.vmware.com/vsphere/2014/02/installing-app-ha-pt1.html

Installing vSphere App HA 1.0 - Part 2 of 3

http://blogs.vmware.com/vsphere/2014/02/installing-app-ha-pt2.html

Installing vSphere App HA 1.0 - Part 3 of 3

http://blogs.vmware.com/vsphere/2014/02/installing-vsphere-app-ha-pt3.html

 

準備

 

下記の準備をしておきます。

  • vCenter 環境を構築しておく。
    今回は、仮想アプライアンス版の vCenter 5.5 u1 を使用しています。
  • Hyperic と AppHA のOVAファイルなどを MyVMware サイトから DL しておく。
    • vCenter-hyperic-5.8.1-EE.ova
      vApp 版の Hyperic です。
      バージョンは2014年05月時点で最新の 5.8.1 を使います。
    • hyperic-hqee-agent-x86-64-linux-5.8.1.tar.gz
      Hyperic のエージェントです。
    • AppHA-1.1.0.188-1711850_OVF10.ova
      バージョンは2014年05月時点で最新の 1.1 を使います。
  • IP アドレスは、3つ用意しておく。
    • Hyperic サーバで1つ
    • Hyperic 用 DBサーバで1つ
    • AppHA の仮想アプライアンスで1つ
  • vApp デプロイ先の クラスタで、DRS を有効にしておく。
  • 保護したいアプリケーションが動作する VM(ゲスト OS)を用意しておく。
  • (今回は、障害時の E-Mail 設定は省略します。)

 

手順

 

今回は、vApp 版の Hyperic を使用するので OVA ファイルをデプロイします。

基本的に、一般的な vApp デプロイと同様の手順になります。

 

まず、Web Client にログインして、デプロイ先(今回はとりあえずデータセンタ)を

右クリック →「OVF テンプレートのデプロイ」をクリックします。

hyperic-deploy-01.png

 

事前にダウンロードしておいた Hyperic の OVA ファイルを指定します。

※ vCenter-hyperic-5.8.1-EE.ova ファイルを指定します。

hyperic-deploy-02.png

 

OVA ファイルの内容が表示されるので「次へ」。

hyperic-deploy-03.png

 

EULAの承諾 は「承諾」をクリックすると「次へ」をクリックできるようになります。

hyperic-deploy-04.png

 

vApp の名前を入力します。

今回はデフォルトの「vCenter Hyperic」のままです。

デプロイする 仮想マシンフォルダ を指定して「次へ」をクリックします。

hyperic-deploy-05.png

 

構成の選択 画面では、

本来だと vApp のスペック(小規模用、大規模用など)が選択できるはずですが、

なぜか表示されないのでそのまま(おそらく「小」規模用?)で「次へ」をクリック。

※日本語環境だからかもしれません。

hyperic-deploy-06.png

 

vApp をデプロイするクラスタを選択します。

今回は、cluster01_mgmt という名前の DRS クラスタにデプロイします。


vApp をクラスタにデプロイするときは DRS クラスタにしておきます。

DRS が有効であれば、手動モードでも構いません。

hyperic-deploy-07.png

 

仮想ディスクのフォーマットを選択します。今回は動作検証するだけなので、

ストレージ容量節約のため「Thin Provision」にします。


そして、デプロイ先のデータストアを選択します。

DRS クラスタにデプロイするので、

クラスタに参加してる ESXi が共有しているデータストアを選択します。

hyperic-deploy-08.png

 

vApp に含まれる VM を接続するポートグループを選択します。

※接続するポートグループがデフォルト以外の場合は、あらかじめ作成しておきます。


DNS サーバ、ゲートウェイ、ネットマスクは

指定したポートグループの環境に合わせて入力します。


ちなみに、

vCenter のIP プール(もしくはネットワーク プロトコル プロファイル)を作成したほうが

よさそうですが、なくても Hyperic / AppHA のデプロイはできました。

hyperic-deploy-09.png

 

Hyperic Server、Hyperic 用 DB それぞれの

管理用ユーザ「hqadmin」のパスワードを指定します。

そして、IP アドレスも指定します。「Networking Properties」を開いて・・・

hyperic-deploy-10.png

 

Hyperic Server と、Hyperic 用 DB サーバ(vPostgres DB)の

IP アドレスを入力して、「次へ」。

hyperic-deploy-11.png

 

設定内容を確認して「終了」をクリックすると、デプロイが開始されます。

hyperic-deploy-12.png

 

正常にデプロイ完了すると、Hyperic の vApp が作成されます。

※例では、「仮想マシンおよびテンプレート」のインベントリで表示しています。

hyperic-deploy-13.png

 

vApp には、2つの VM が含まれています。

  • vCenter_Hyperic_Server → Hyperic Server の VM です。
  • vFabric_vPostgres_DB → Hyperic が内部で使用する DB サーバの VM です。

どちらも、VM バージョン が 7 なので、

VM を起動する前に バージョン 10 にアップグレードしておきます。

 

まず、Hyperic Server の VM を右クリックして、

「すべての vCenter アクション」→「互換性」→

「仮想マシンの互換性のアップグレード」をクリックします。

hyperic-deploy-14.png

 

確認画面が表示されるので「はい」をクリックします。

hyperic-deploy-15.png

 

今回は「ESXi 5.5 以降」を選択します。

hyperic-deploy-16.png

 

VM バージョンが 10 になりました。

hyperic-deploy-17.png


同様に、Hyperic 用 DB サーバも

VM バージョン を 10 にしておきます。

hyperic-deploy-18.png


次は、Hyperic をセットアップします。

vSphere AppHA への道。Part 2. Hyperic のセットアップ


つづく・・・