Skip navigation

ESXi 5.5 を、Intel NUC D34010WYK(Haswell 搭載モデル)にインストールしてみました。


今回ためした環境は下記です。

  • Intel NUC D34010WYK(CPU は Intel Core i3-4010U。オンボードNICは Intel I218-V)
  • VMware ESXi 5.5.0 build-1331820
  • mSATA の SSD はなし。Linux を NFS サーバをデータストアとして利用。
  • ESXiのインストール先はちょっと古い BUFFALO 製 USBメモリ(RUF2-P-WH の 8GB)
    http://buffalo.jp/products/catalog/flash/ruf2-p-wh/
  • NICのドライバは PowerCLI Image Builder で ESXi の ISO イメージに追加。


ちなみに、以前に Intel NUC DC3217IYE(Ivy Bridge 搭載モデル)へのインストールも試しました。

この NUC も基本的にはNICのドライバのVIB を変更するだけで
Ivy Bridge の NUC と同様に ESXi を使用することができましたが、

あえて微妙に構成や方法をかえてインストールしようと思います。


今回はNFSデータストアを利用するので、登場するマシンは3台です。

  • Windows クライアントPC(Windows 7 など。PowerCLI 5.1 R2 の Image Builder用)
  • Intel NUC D34010WYK。
  • データストア用のNFSサーバ。今回は Oracle Linux 5.9 (RHELとほとんど同じ...)

今回の構成は、下記のようなイメージです。

nuc_and_nfs.png

 


1.  Image Builder でドライバを含む ISOファイルを作成。


前回とはコマンドラインを変えた Image Builder で

Haswell NUC 用のドライバを含めた ISO ファイルを作成してみます。

ESXi 5.5 は、MyVMware からダウンロードした オフライン バンドルを使用します。
今回は mSATA SSD は搭載していませんが、ついでにドライバを入れておこうと思います。

  • NICのドライバ: net-e1000e-2.3.2.x86_64.vib
  • mSATAドライバ: sata-xahci-1.10-1.x86_64.vib
    どちらも下記のサイトからDLさせてもらいました。
    ※VIB作成したのは別の方のようです。
    ※当然どちらも非サポートです・・・

Virten.net

ESXi 5.x Installation on Intel NUC fails with “No Network Adapters”

http://www.virten.net/2013/09/esxi-5-x-installation-on-intel-nuc-fails-with-no-network-adapters/

PowerCLI> (Get-PowerCLIVersion).UserFriendlyVersion
VMware vSphere PowerCLI 5.1 Release 2 build 1012425
PowerCLI> cd C:\temp
PowerCLI> ls

    ディレクトリ: C:\temp

Mode                LastWriteTime     Length Name
----                -------------     ------ ----
-a---        2014/01/06     21:33      99326 net-e1000e-2.3.2.x86_64.vib
-a---        2014/01/07      5:58       2296 sata-xahci-1.10-1.x86_64.vib
-a---        2013/10/18     23:37  337919930 VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip

ESXi 5.5 のオフラインバンドルを ソフトウェアデポに追加します。

PowerCLI> Add-EsxSoftwareDepot .\VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip

Depot Url
---------
zip:C:\temp\VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip?index.xml

カレントディレクトリにある VIB をすべてソフトウェア デポに追加します。

「Vendor」 から、カスタムVIB がそれぞれ別の方が作成したものだということがわかります。

PowerCLI> $pkg = Get-EsxSoftwarePackage -PackageUrl (ls *vib)
PowerCLI> $pkg | ft -AutoSize

Name       Version Vendor   Creation Date
----       ------- ------   -------------
net-e1000e 2.3.2   daoyama  2013/04/14 23:50:16
sata-xahci 1.10-1  VFrontDe 2013/12/16 12:47:50

VIB を追加したプロファイルを作成します。
環境によって変わるところだけ、変数にしてみました。

PowerCLI> $suffix = "-forHaswellNUC"
PowerCLI> $vendor = "gowatana"
PowerCLI> $accept = "CommunitySupported"
PowerCLI> $new_prof = Get-EsxImageProfile | % {New-EsxImageProfile -CloneProfile $_ -Name ($_.Name + $suffix) -Vendor $vendor -AcceptanceLevel $accept}

上記のコマンドで、「$new_prof」という変数には新規作成されたプロファイルだけが格納されています。

PowerCLI> Get-EsxImageProfile | ft -AutoSize

Name                                      Vendor       Last Modified      Acceptance Level
----                                      ------       -------------      ----------------
ESXi-5.5.0-1331820-standard               VMware, Inc. 2013/09/19 6:07:00 PartnerSupported
ESXi-5.5.0-1331820-no-tools               VMware, Inc. 2013/09/19 6:07:00 PartnerSupported
ESXi-5.5.0-1331820-standard-forHaswellNUC gowatana     2013/09/19 6:07:00 CommunitySupported
ESXi-5.5.0-1331820-no-tools-forHaswellNUC gowatana     2013/09/19 6:07:00 CommunitySupported
PowerCLI> $new_prof | ft -AutoSize

Name                                      Vendor   Last Modified      Acceptance Level
----                                      ------   -------------      ----------------
ESXi-5.5.0-1331820-standard-forHaswellNUC gowatana 2013/09/19 6:07:00 CommunitySupported
ESXi-5.5.0-1331820-no-tools-forHaswellNUC gowatana 2013/09/19 6:07:00 CommunitySupported

まだ プロファイルにカスタムVIB は追加されていない状態です。

PowerCLI> Get-EsxImageProfile | select Name,{$_.VibList | where {$_.Vendor -ne "VMware"}} | ft -AutoSize

Name                                      $_.VibList | where {$_.Vendor -ne "VMware"}
----                                      -------------------------------------------
ESXi-5.5.0-1331820-standard               {}
ESXi-5.5.0-1331820-no-tools               {}
ESXi-5.5.0-1331820-standard-forHaswellNUC {}
ESXi-5.5.0-1331820-no-tools-forHaswellNUC {}

カスタム VIB を追加します。

2つ目のコマンドラインで、新規作成したプロファイルに カスタム VIB が追加されたことがわかります。

PowerCLI> $new_prof | % {Add-EsxSoftwarePackage -ImageProfile $_ -SoftwarePackage $pkg}

Name                           Vendor          Last Modified   Acceptance Level
----                           ------          -------------   ----------------
ESXi-5.5.0-1331820-standard... gowatana        2014/01/13 1... CommunitySupported
ESXi-5.5.0-1331820-no-tools... gowatana        2014/01/13 1... CommunitySupported


PowerCLI> Get-EsxImageProfile | select Name,{$_.VibList | where {$_.Vendor -ne "VMware"}} | ft -AutoSize

Name                                      $_.VibList | where {$_.Vendor -ne "VMware"}
----                                      -------------------------------------------
ESXi-5.5.0-1331820-standard               {}
ESXi-5.5.0-1331820-no-tools               {}
ESXi-5.5.0-1331820-standard-forHaswellNUC {sata-xahci 1.10-1, net-e1000e 2.3.2}
ESXi-5.5.0-1331820-no-tools-forHaswellNUC {sata-xahci 1.10-1, net-e1000e 2.3.2}

新規作成したプロファイルごとに、ISOファイルを作成します。
VMware Tools を含まない「-no-tools」プロファイルの方は、半分くらいのサイズです。

PowerCLI> $new_prof | % {Export-EsxImageProfile -ExportToIso -ImageProfile $_ -FilePath ($_.Name + ".iso")}
PowerCLI> ls

    ディレクトリ: C:\temp

Mode                LastWriteTime     Length Name
----                -------------     ------ ----
-a---        2014/01/13     16:15  173836288 ESXi-5.5.0-1331820-no-tools-forHaswellNUC.iso
-a---        2014/01/13     16:15  341399552 ESXi-5.5.0-1331820-standard-forHaswellNUC.iso
-a---        2014/01/06     21:33      99326 net-e1000e-2.3.2.x86_64.vib
-a---        2014/01/07      5:58       2296 sata-xahci-1.10-1.x86_64.vib
-a---        2013/10/18     23:37  337919930 VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip

 

2.  【NUC ESXi側】 ESXi 5.5 のインストール と設定。

 

Image Builder で作成した ISO イメージで ESXi をインストールします。

これまでの手順で作成した「ESXi-5.5.0-1331820-standard-forHaswellNUC.iso」ファイルから

インストール用のDVDを作成してインストール メニューを起動すると下記のような画面になります。

そしてインストールします・・・

haswell_nuc_inst1.png


ESXi のインストールが終了したら
コンソールからログイン してネットワーク設定をします。

  • IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ
  • ホスト名、DNSサーバのアドレス 他・・・
  • Troubleshooting Options で、ESXi Shell / SSH を有効化
    (今回はNFSデータストアをコマンドで設定するため)


3. 【NUC ESXi側】 インストールされた ESXi 5.5 の確認。


SSH (もしくはコンソールで「ALT+F1」)で ESXi にログインしてコマンド実行します。

~ # vmware -v
VMware ESXi 5.5.0 build-1331820

Intel NUC D34010WYK の NIC は、Intel I218-V です。

~ # lspci
0000:00:00.0 Bridge: Intel Corporation Haswell-ULT DRAM Controller
0000:00:02.0 Display controller: Intel Corporation Haswell-ULT Integrated Graphics Controller
0000:00:03.0 Multimedia controller: Intel Corporation
0000:00:14.0 Serial bus controller: Intel Corporation Lynx Point-LP USB xHCI HC
0000:00:16.0 Communication controller: Intel Corporation Lynx Point-LP HECI #0
0000:00:19.0 Network controller: Intel Corporation Ethernet Connection I218-V [vmnic0]
0000:00:1b.0 Multimedia controller: Intel Corporation Lynx Point-LP HD Audio Controller
0000:00:1d.0 Serial bus controller: Intel Corporation Lynx Point-LP USB EHCI #1
0000:00:1f.0 Bridge: Intel Corporation Lynx Point-LP LPC Controller
0000:00:1f.3 Serial bus controller: Intel Corporation Lynx Point-LP SMBus Controller

今回使用した Buffalo 製の USB メモリは、マイクロSDカードとして認識されていました・・・

(そして SSD はありません・・・)

~ # esxcli storage core device list | grep -e Vendor -e Model -e "Display" -e SSD
   Display Name: Local USB Direct-Access (mpx.vmhba32:C0:T0:L0)
   Has Settable Display Name: false
   Vendor: Feiya Te
   Model: microSD card rea
   Is SSD: false

NIC のドライバもインストールされています。

~ # esxcli software vib list | grep -e Vendor -e CommunitySupported
Name            Version        Vendor    Acceptance Level    Install Date
sata-xahci      1.10-1         VFrontDe  CommunitySupported  2014-01-13
net-e1000e      2.3.2          daoyama   CommunitySupported  2014-01-13

NIC のドライバの情報です。

~ # esxcli software vib get -n net-e1000e
daoyama_bootbank_net-e1000e_2.3.2
   Name: net-e1000e
   Version: 2.3.2
   Type: bootbank
   Vendor: daoyama
   Acceptance Level: CommunitySupported
   Summary: Intel PRO/1000
   Description: Intel PRO/1000
   ReferenceURLs:
   Creation Date: 2013-04-14
   Depends: vmkapi_2_0_0_0, com.vmware.driverAPI-9.2.0.0
   Conflicts:
   Replaces:
   Provides:
   Maintenance Mode Required: True
   Hardware Platforms Required:
   Live Install Allowed: False
   Live Remove Allowed: False
   Stateless Ready: True
   Overlay: False
   Tags: driver, module
   Payloads: net-e100


4. 【NFSサーバ側】 NFSデータストア(NFSサーバにするLinux側で準備)


今回は、あらかじめ別のマシンに Oracle Linux をインストールして、

ネットワーク関連の設定も済ませてあります・・・

 

Linux の NFS サーバ設定は、デフォルトインストールされた Redhat 系 Linux であれば、
まず下記の手順でいけるのではないかと思います・・・

一応、NFS 設定で使用される RPMパッケージ(nfs-utils)がインストールされていることを確認しておきます。

[root@nfssv1 ~]# cat /etc/oracle-release
Oracle Linux Server release 5.9
[root@nfssv1 ~]# rpm -q nfs-utils
nfs-utils-1.0.9-66.el5

NFS 領域として使用するディレクトリを作成します。

[root@nfssv1 ~]# mkdir -p /nfs/ds01/
[root@nfssv1 ~]# ls -ld /nfs/ds01/
drwxr-xr-x 2 root root 4096  1月 11 13:12 /nfs/ds01/

NFS 領域を、ESXi でマウントできるようにします。
今回、 ESXi のIPアドレスは「192.168.0.246」としていて、

NFSサーバの 「/nfs/ds01」ディレクトリを、ESXi に見せるように設定しています。

ESXi 1台だけに NFS 領域を見せる場合は、下記のようにします。

[root@nfssv1 ~]# echo '/nfs/ds01 192.168.0.246(rw,no_root_squash)' >> /etc/exports
[root@nfssv1 ~]# cat /etc/exports
/nfs/ds01 192.168.0.246(rw,no_root_squash)
[root@nfssv1 ~]# exportfs -r     ★NFS設定を読み直しています。
[root@nfssv1 ~]# exportfs
/nfs/ds01       192.168.0.246

※一般的には下記のような感じでサブネット単位で接続許可すると思いますが・・・

[root@nfssv1 ~]# echo '/nfs/ds01 192.168.0.0/24(rw,no_root_squash)' >> /etc/exports
[root@nfssv1 ~]# cat /etc/exports
/nfs/ds01 192.168.0.0/24(rw,no_root_squash)
[root@nfssv1 ~]# exportfs -r
[root@nfssv1 ~]# exportfs
/nfs/ds01       192.168.0.0/24


5. 【NUC ESXi側】 NFSデータストアの設定


まず、NFS サーバと導通が取れることを確認しておきます。

確認には、ping や traceroute などを利用します。

※今回のNFSサーバのIPアドレスは「192.168.0.238」にしてあります。

~ # traceroute 192.168.0.238
traceroute to 192.168.0.238 (192.168.0.238), 30 hops max, 40 byte packets
1  192.168.0.238 (192.168.0.238)  1.899 ms  0.643 ms  0.523 ms

まだ NFSデータストアはマウントしていません。

~ # df -h
Filesystem   Size   Used Available Use% Mounted on
vfat       249.7M 157.1M     92.7M  63% /vmfs/volumes/05ad27ee-68935dc0-62a9-3cfa1588fb33
vfat       249.7M 157.0M     92.7M  63% /vmfs/volumes/ad5869e7-f9b66b6f-7336-95aa7994f188
vfat       285.8M 191.3M     94.6M  67% /vmfs/volumes/52cb3285-72ebe340-b3d7-000c29eb7935

NFS データストア をマウントします。

このコマンドだけでESXi に NFS領域をマウントし、データストアとして利用できます。

~ # esxcli storage nfs add --host=192.168.0.238 --share=/nfs/ds01 --volume-name=ds_nfs_238
~ # df -h
Filesystem   Size   Used Available Use% Mounted on
NFS         39.4G 178.1M     39.2G   0% /vmfs/volumes/ds_nfs_238
vfat       249.7M 157.1M     92.7M  63% /vmfs/volumes/05ad27ee-68935dc0-62a9-3cfa1588fb33
vfat       249.7M 157.0M     92.7M  63% /vmfs/volumes/ad5869e7-f9b66b6f-7336-95aa7994f188
vfat       285.8M 191.3M     94.6M  67% /vmfs/volumes/52cb3285-72ebe340-b3d7-000c29eb7935

 

これで、vSphere Client からも NFS データストアが認識できます。
nuc_and_nfs2.png

 

以上、ESXi 5.5 を Haswell NUC + NFS にインストールしてみる話でした。