Skip navigation

ESXi 5.5 を Intel NUC にインストールすると、残念ながら Intel NIC のドライバが当たりません。

そこで、下記のサイトで公開してくれているドライバを使用してインストールしてみました。

Virten.net
ESXi 5.x Installation on Intel NUC fails with “No Network Adapters”
http://www.virten.net/2013/09/esxi-5-x-installation-on-intel-nuc-fails-with-no-network-adapters/

ドライバが下記のようにVIBオフラインバンドルとして公開されています。
Intel Driver (net-e1001e-1.0.0-offline_bundle.zip) (3rd Gen NUC)


今回ためした環境は下記です。

  • Intel NUC DC3217IYE(CPUはIntel Core i3-3217U。オンボードNICは Intel 82579V)
  • VMware ESXi 5.5.0 build-1331820
  • PLEXTOR M5M 64GB(NUCに増設した mSATA 接続のSSD)
    http://www.goplextor.com/jp/index.php/m5m
  • ESXiのインストール先は、SunDiskのUSBメモリです。
  • ドライバはPowerCLI (Image Builder) で ESXi の ISO イメージに追加。

 

※ Haswell 搭載モデルの NUC (D34010WYK)にもインストールしてみました。(2014/01/13)

 

1. NICドライバ追加した ISOファイルを作成する。(PowerCLI ImageBuilder)

 

今回は、ドライバのVIBが組み込まれた ESXi インストーラを ISOイメージファイルとして作成してみました。
ここでは、PowerCLI に含まれる Image Builder を使用しています。

前回 Image Builder についてポストしたので参考にしてください。

 

事前に、ESXi のオフラインバンドル(ZIP形式の ESXi インストーラ。MyVMware からDL)と
上記のサイト(Virten.net)から DL したドライバ オフラインバンドルを C:\temp フォルダに配置しています。

PowerCLI C:\Program Files (x86)\VMware\Infrastructure\vSphere PowerCLI> cd C:\temp
PowerCLI C:\temp> (Get-PowerCLIVersion).UserFriendlyVersion
VMware vSphere PowerCLI 5.1 Release 2 build 1012425 ★PowerCLI バージョンは「5.1 R2」

PowerCLI C:\temp> ls


    ディレクトリ: C:\temp


Mode                LastWriteTime     Length Name
----                -------------     ------ ----
-a---        2013/12/31     10:22    2817910 net-e1001e-1.0.0-offline_bundle.zip
-a---        2013/10/18     23:37  337919930 VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip


2つのオフラインバンドルを、両方とも Image Builder のソフトウェア デポに追加します。

ちなみに、Image Builder のソフトウェア デポ はPowerCLI を一度終了すると初期化されるので

PowerCLI のウインドウを起動しなおせばイメージ プロファイル作成をやりなおすことができます。

PowerCLI C:\temp> Add-EsxSoftwareDepot VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip,net-e1001e-1.0.0-offline_bundle.zip

Depot Url
---------
zip:C:\temp\VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip?index.xml
zip:C:\temp\net-e1001e-1.0.0-offline_bundle.zip?index.xml

 

「VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip」から読み込まれたイメージ プロファイルを確認します。
今回は、「ESXi-5.5.0-1331820-standard」を使用します。

PowerCLI C:\temp> Get-EsxImageProfile

Name                           Vendor          Last Modified   Acceptance Level
----                           ------          -------------   ----------------
ESXi-5.5.0-1331820-standard    VMware, Inc.    2013/09/19 6... PartnerSupported
ESXi-5.5.0-1331820-no-tools    VMware, Inc.    2013/09/19 6... PartnerSupported


「net-e1001e-1.0.0-offline_bundle.zip」から読み込まれたVIBパッケージを確認します。
有志のかた? が作成したドライバなので、Vendorが「VMware」ではないものに絞って表示します。
ここで表示される「net-e1001e」が今回ISOファイルに追加するNICドライバの名前です。

PowerCLI C:\temp> Get-EsxSoftwarePackage | where {$_.Vendor -ne "VMware"} | ft -AutoSize

Name       Version Vendor Creation Date
----       ------- ------ -------------
net-e1001e 1.0.0   Chilly 2011/11/16 18:35:52


ISOファイルを作成します。
今回は、下記のコマンドレットの処理を パイプでつなげて 1行で実行してみました。

  1. New-EsxImageProfile で ESXi-5.5.0-1331820-standard から ESXi-5.5.0-1331820-forNUC というイメージプロファイルを作成。
  2. Add-EsxSoftwarePackage で net-e1001e というVIBをイメージプロファイルに追加。
  3. Export-EsxImageProfile でイメージプロファイルから VMware-ESXi-5.5.0-1331820-forNUC.iso というISOファイルを作成。

ISOファイルを作成後、ls コマンドでISOファイルが作成されたことがわかります。

PowerCLI C:\temp> New-EsxImageProfile -CloneProfile ESXi-5.5.0-1331820-standard -Name ESXi-5.5.0-1331820-forNUC -Vendor gowatana -AcceptanceLevel CommunitySupported | Add-EsxSoftwarePackage -SoftwarePackage net-e1001e | Export-EsxImageProfile -ExportToIso -FilePath VMware-ESXi-5.5.0-1331820-forNUC.iso
PowerCLI C:\temp> ls


    ディレクトリ: C:\temp


Mode                LastWriteTime     Length Name
----                -------------     ------ ----
-a---        2013/12/31     10:22    2817910 net-e1001e-1.0.0-offline_bundle.zip
-a---        2013/10/18     23:37  337919930 VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip
-a---        2013/12/31     13:25  344199168 VMware-ESXi-5.5.0-1331820-forNUC.iso

 

2. USBメモリへのESXi インストール

 

今回は何度もESXiを再インストールするつもりだったので
ISOファイルを作成するたびにCD/DVDに焼くのは大変かなと思いました。
そこで、VMware Workstation 9 で ESXi 5 の VM に USBメモリを接続してインストールしました。

 

ESXi 5.5 の VM には下記の設定が必要です。
※つまりVMを起動させる VMware Workstation のPC にはこのVM以上のスペックが必要です。

  • ゲストOSの種類は「VMware ESXi 5」を選択
  • プロセッサ(vCPU)は 2つ以上必要
  • メモリは4GB以上必要(ESXi 5.1 なら 2GB以上)
  • USBメモリは 8GBくらいあれば十分です。

 

VM 作成時に追加される仮想ハードディスクは、USBにインストールするときには邪魔なので削除しました。

仮想CD/DVDドライブにISOイメージファイルを指定して、「起動時に接続」されるようにしておきます。
esxi_nuc_usb2.png

 

VM が USBデバイスを認識できるようにしておきます。

esxi_nuc_usb3.png

 

ISOファイルで起動すると、Image Builder で指定したプロファイルの名前が表示されます。
esxi_nuc_usb5.png

 

インストールを進める途中、インストール先ディスクの選択画面で USB メモリが表示されます。
USB メモリが認識されていない場合は「F5」キーでデバイスを再スキャンします。
esxi_nuc_usb6.png

 

3. USBブートで、NUC で ESXi を起動する。

 

ESXi のインストールが完了したら、VM を停止して Workstation のPCからUSB メモリを抜き、
それを NUC に接続して電源投入します。
とくに NUC でブートデバイスを変更していなければ、そのまま ESXi が起動してきます。

 

4. NUC にインストールした ESXi での NIC と SSD の認識確認。

 

ESXi に コンソール(ディスプレイモニタ) or SSH で接続して確認します。

 

ESXi 5.5 がインストールされています。

~ # vmware -v
VMware ESXi 5.5.0 build-1331820


ISOファイルに追加した NICのドライバ(net-e1001e)がインストールされています。

~ # esxcli software vib get -n net-e1001e
Chilly_bootbank_net-e1001e_1.0.0
   Name: net-e1001e
   Version: 1.0.0
   Type: bootbank
   Vendor: Chilly
   Acceptance Level: CommunitySupported
   Summary: Driver for Intel 82579LM and 82579V
   Description: Driver for Intel 82579LM and 82579V
   ReferenceURLs:
   Creation Date: 2011-11-16
   Depends: vmkapi_2_0_0_0, com.vmware.driverAPI-9.2.0.0
   Conflicts:
   Replaces:
   Provides:
   Maintenance Mode Required: True
   Hardware Platforms Required:
   Live Install Allowed: False
   Live Remove Allowed: False
   Stateless Ready: True
   Overlay: False
   Tags: driver, module
   Payloads: net-e100


NIC(vmnic0)と ストレージコントローラ(vmhba0)はESXi から認識されています。

~ # lspci
0000:00:00.0 Bridge: Intel Corporation 3rd Gen Core processor DRAM Controller
0000:00:02.0 Display controller: Intel Corporation 3rd Gen Core processor Graphics Controller
0000:00:16.0 Communication controller: Intel Corporation 7 Series/C210 Series Chipset Family MEI Controller #1
0000:00:19.0 Network controller: Intel Corporation 82579V Gigabit Network Connection [vmnic0] ★NICを認識している。
0000:00:1a.0 Serial bus controller: Intel Corporation 7 Series/C210 Series Chipset Family USB Enhanced Host Controller #2
0000:00:1b.0 Multimedia controller: Intel Corporation 7 Series/C210 Series Chipset Family High Definition Audio Controller
0000:00:1d.0 Serial bus controller: Intel Corporation 7 Series/C210 Series Chipset Family USB Enhanced Host Controller #1
0000:00:1f.0 Bridge: Intel Corporation QS77 Express Chipset LPC Controller
0000:00:1f.2 Mass storage controller: Intel Corporation Panther Point AHCI Controller [vmhba0] ★SSDを接続したコントローラ。
0000:00:1f.3 Serial bus controller: Intel Corporation 7 Series/C210 Series Chipset Family SMBus Controller


vmhba0 には PLEXTOR のデバイス(SSD)が接続されています。
※みづらいのでgrepしています。

~ # esxcli storage core path list | grep -e Runtime -e Device: -e Transport: -e "^$"
   Runtime Name: vmhba32:C0:T0:L0
   Device: mpx.vmhba32:C0:T0:L0
   Transport: usb

 

   Runtime Name: vmhba0:C0:T0:L0
   Device: t10.ATA_____PLEXTOR_PX2D64M5M2B_______________________P02342114071________
   Transport: sata


今回の環境では、

PLEXTOR の SSD は ESXi からも SSD として認識されています。(Is SSD: true)

SanDisk の USBメモリは、ESXi のインストール領域として使用しています。(Is Boot USB Device: true)

~ # esxcli storage core device list | grep -e Path -e Vendor -e Model -e SSD -e Boot -e "^$"
   Devfs Path: /vmfs/devices/disks/t10.ATA_____PLEXTOR_PX2D64M5M2B_______________________P02342114071________
   Vendor: ATA
   Model: PLEXTOR PX-64M5M
   Is SSD: true
   Is Boot USB Device: false

 

   Devfs Path: /vmfs/devices/disks/mpx.vmhba32:C0:T0:L0
   Vendor: SanDisk
   Model: Cruzer Fit
   Is SSD: false
   Is Boot USB Device: true


5. vSphere Client からの SSD 認識確認。

 

vSphere Client からESXi に接続してみても SSD が認識されていています。

esxi_nuc_ds_01.png
そして SSD には VMFS データストアを作成することができます。

esxi_nuc_ds_02.png

VMFS データストアが作成できました。

esxi_nuc_ds_03.png

 

以上、Intel NUC に ESXi 5.5 をインストールしてみる話でした。