Skip navigation
2013

ESXi 5.5 を Intel NUC にインストールすると、残念ながら Intel NIC のドライバが当たりません。

そこで、下記のサイトで公開してくれているドライバを使用してインストールしてみました。

Virten.net
ESXi 5.x Installation on Intel NUC fails with “No Network Adapters”
http://www.virten.net/2013/09/esxi-5-x-installation-on-intel-nuc-fails-with-no-network-adapters/

ドライバが下記のようにVIBオフラインバンドルとして公開されています。
Intel Driver (net-e1001e-1.0.0-offline_bundle.zip) (3rd Gen NUC)


今回ためした環境は下記です。

  • Intel NUC DC3217IYE(CPUはIntel Core i3-3217U。オンボードNICは Intel 82579V)
  • VMware ESXi 5.5.0 build-1331820
  • PLEXTOR M5M 64GB(NUCに増設した mSATA 接続のSSD)
    http://www.goplextor.com/jp/index.php/m5m
  • ESXiのインストール先は、SunDiskのUSBメモリです。
  • ドライバはPowerCLI (Image Builder) で ESXi の ISO イメージに追加。

 

※ Haswell 搭載モデルの NUC (D34010WYK)にもインストールしてみました。(2014/01/13)

 

1. NICドライバ追加した ISOファイルを作成する。(PowerCLI ImageBuilder)

 

今回は、ドライバのVIBが組み込まれた ESXi インストーラを ISOイメージファイルとして作成してみました。
ここでは、PowerCLI に含まれる Image Builder を使用しています。

前回 Image Builder についてポストしたので参考にしてください。

 

事前に、ESXi のオフラインバンドル(ZIP形式の ESXi インストーラ。MyVMware からDL)と
上記のサイト(Virten.net)から DL したドライバ オフラインバンドルを C:\temp フォルダに配置しています。

PowerCLI C:\Program Files (x86)\VMware\Infrastructure\vSphere PowerCLI> cd C:\temp
PowerCLI C:\temp> (Get-PowerCLIVersion).UserFriendlyVersion
VMware vSphere PowerCLI 5.1 Release 2 build 1012425 ★PowerCLI バージョンは「5.1 R2」

PowerCLI C:\temp> ls


    ディレクトリ: C:\temp


Mode                LastWriteTime     Length Name
----                -------------     ------ ----
-a---        2013/12/31     10:22    2817910 net-e1001e-1.0.0-offline_bundle.zip
-a---        2013/10/18     23:37  337919930 VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip


2つのオフラインバンドルを、両方とも Image Builder のソフトウェア デポに追加します。

ちなみに、Image Builder のソフトウェア デポ はPowerCLI を一度終了すると初期化されるので

PowerCLI のウインドウを起動しなおせばイメージ プロファイル作成をやりなおすことができます。

PowerCLI C:\temp> Add-EsxSoftwareDepot VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip,net-e1001e-1.0.0-offline_bundle.zip

Depot Url
---------
zip:C:\temp\VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip?index.xml
zip:C:\temp\net-e1001e-1.0.0-offline_bundle.zip?index.xml

 

「VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip」から読み込まれたイメージ プロファイルを確認します。
今回は、「ESXi-5.5.0-1331820-standard」を使用します。

PowerCLI C:\temp> Get-EsxImageProfile

Name                           Vendor          Last Modified   Acceptance Level
----                           ------          -------------   ----------------
ESXi-5.5.0-1331820-standard    VMware, Inc.    2013/09/19 6... PartnerSupported
ESXi-5.5.0-1331820-no-tools    VMware, Inc.    2013/09/19 6... PartnerSupported


「net-e1001e-1.0.0-offline_bundle.zip」から読み込まれたVIBパッケージを確認します。
有志のかた? が作成したドライバなので、Vendorが「VMware」ではないものに絞って表示します。
ここで表示される「net-e1001e」が今回ISOファイルに追加するNICドライバの名前です。

PowerCLI C:\temp> Get-EsxSoftwarePackage | where {$_.Vendor -ne "VMware"} | ft -AutoSize

Name       Version Vendor Creation Date
----       ------- ------ -------------
net-e1001e 1.0.0   Chilly 2011/11/16 18:35:52


ISOファイルを作成します。
今回は、下記のコマンドレットの処理を パイプでつなげて 1行で実行してみました。

  1. New-EsxImageProfile で ESXi-5.5.0-1331820-standard から ESXi-5.5.0-1331820-forNUC というイメージプロファイルを作成。
  2. Add-EsxSoftwarePackage で net-e1001e というVIBをイメージプロファイルに追加。
  3. Export-EsxImageProfile でイメージプロファイルから VMware-ESXi-5.5.0-1331820-forNUC.iso というISOファイルを作成。

ISOファイルを作成後、ls コマンドでISOファイルが作成されたことがわかります。

PowerCLI C:\temp> New-EsxImageProfile -CloneProfile ESXi-5.5.0-1331820-standard -Name ESXi-5.5.0-1331820-forNUC -Vendor gowatana -AcceptanceLevel CommunitySupported | Add-EsxSoftwarePackage -SoftwarePackage net-e1001e | Export-EsxImageProfile -ExportToIso -FilePath VMware-ESXi-5.5.0-1331820-forNUC.iso
PowerCLI C:\temp> ls


    ディレクトリ: C:\temp


Mode                LastWriteTime     Length Name
----                -------------     ------ ----
-a---        2013/12/31     10:22    2817910 net-e1001e-1.0.0-offline_bundle.zip
-a---        2013/10/18     23:37  337919930 VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip
-a---        2013/12/31     13:25  344199168 VMware-ESXi-5.5.0-1331820-forNUC.iso

 

2. USBメモリへのESXi インストール

 

今回は何度もESXiを再インストールするつもりだったので
ISOファイルを作成するたびにCD/DVDに焼くのは大変かなと思いました。
そこで、VMware Workstation 9 で ESXi 5 の VM に USBメモリを接続してインストールしました。

 

ESXi 5.5 の VM には下記の設定が必要です。
※つまりVMを起動させる VMware Workstation のPC にはこのVM以上のスペックが必要です。

  • ゲストOSの種類は「VMware ESXi 5」を選択
  • プロセッサ(vCPU)は 2つ以上必要
  • メモリは4GB以上必要(ESXi 5.1 なら 2GB以上)
  • USBメモリは 8GBくらいあれば十分です。

 

VM 作成時に追加される仮想ハードディスクは、USBにインストールするときには邪魔なので削除しました。

仮想CD/DVDドライブにISOイメージファイルを指定して、「起動時に接続」されるようにしておきます。
esxi_nuc_usb2.png

 

VM が USBデバイスを認識できるようにしておきます。

esxi_nuc_usb3.png

 

ISOファイルで起動すると、Image Builder で指定したプロファイルの名前が表示されます。
esxi_nuc_usb5.png

 

インストールを進める途中、インストール先ディスクの選択画面で USB メモリが表示されます。
USB メモリが認識されていない場合は「F5」キーでデバイスを再スキャンします。
esxi_nuc_usb6.png

 

3. USBブートで、NUC で ESXi を起動する。

 

ESXi のインストールが完了したら、VM を停止して Workstation のPCからUSB メモリを抜き、
それを NUC に接続して電源投入します。
とくに NUC でブートデバイスを変更していなければ、そのまま ESXi が起動してきます。

 

4. NUC にインストールした ESXi での NIC と SSD の認識確認。

 

ESXi に コンソール(ディスプレイモニタ) or SSH で接続して確認します。

 

ESXi 5.5 がインストールされています。

~ # vmware -v
VMware ESXi 5.5.0 build-1331820


ISOファイルに追加した NICのドライバ(net-e1001e)がインストールされています。

~ # esxcli software vib get -n net-e1001e
Chilly_bootbank_net-e1001e_1.0.0
   Name: net-e1001e
   Version: 1.0.0
   Type: bootbank
   Vendor: Chilly
   Acceptance Level: CommunitySupported
   Summary: Driver for Intel 82579LM and 82579V
   Description: Driver for Intel 82579LM and 82579V
   ReferenceURLs:
   Creation Date: 2011-11-16
   Depends: vmkapi_2_0_0_0, com.vmware.driverAPI-9.2.0.0
   Conflicts:
   Replaces:
   Provides:
   Maintenance Mode Required: True
   Hardware Platforms Required:
   Live Install Allowed: False
   Live Remove Allowed: False
   Stateless Ready: True
   Overlay: False
   Tags: driver, module
   Payloads: net-e100


NIC(vmnic0)と ストレージコントローラ(vmhba0)はESXi から認識されています。

~ # lspci
0000:00:00.0 Bridge: Intel Corporation 3rd Gen Core processor DRAM Controller
0000:00:02.0 Display controller: Intel Corporation 3rd Gen Core processor Graphics Controller
0000:00:16.0 Communication controller: Intel Corporation 7 Series/C210 Series Chipset Family MEI Controller #1
0000:00:19.0 Network controller: Intel Corporation 82579V Gigabit Network Connection [vmnic0] ★NICを認識している。
0000:00:1a.0 Serial bus controller: Intel Corporation 7 Series/C210 Series Chipset Family USB Enhanced Host Controller #2
0000:00:1b.0 Multimedia controller: Intel Corporation 7 Series/C210 Series Chipset Family High Definition Audio Controller
0000:00:1d.0 Serial bus controller: Intel Corporation 7 Series/C210 Series Chipset Family USB Enhanced Host Controller #1
0000:00:1f.0 Bridge: Intel Corporation QS77 Express Chipset LPC Controller
0000:00:1f.2 Mass storage controller: Intel Corporation Panther Point AHCI Controller [vmhba0] ★SSDを接続したコントローラ。
0000:00:1f.3 Serial bus controller: Intel Corporation 7 Series/C210 Series Chipset Family SMBus Controller


vmhba0 には PLEXTOR のデバイス(SSD)が接続されています。
※みづらいのでgrepしています。

~ # esxcli storage core path list | grep -e Runtime -e Device: -e Transport: -e "^$"
   Runtime Name: vmhba32:C0:T0:L0
   Device: mpx.vmhba32:C0:T0:L0
   Transport: usb

 

   Runtime Name: vmhba0:C0:T0:L0
   Device: t10.ATA_____PLEXTOR_PX2D64M5M2B_______________________P02342114071________
   Transport: sata


今回の環境では、

PLEXTOR の SSD は ESXi からも SSD として認識されています。(Is SSD: true)

SanDisk の USBメモリは、ESXi のインストール領域として使用しています。(Is Boot USB Device: true)

~ # esxcli storage core device list | grep -e Path -e Vendor -e Model -e SSD -e Boot -e "^$"
   Devfs Path: /vmfs/devices/disks/t10.ATA_____PLEXTOR_PX2D64M5M2B_______________________P02342114071________
   Vendor: ATA
   Model: PLEXTOR PX-64M5M
   Is SSD: true
   Is Boot USB Device: false

 

   Devfs Path: /vmfs/devices/disks/mpx.vmhba32:C0:T0:L0
   Vendor: SanDisk
   Model: Cruzer Fit
   Is SSD: false
   Is Boot USB Device: true


5. vSphere Client からの SSD 認識確認。

 

vSphere Client からESXi に接続してみても SSD が認識されていています。

esxi_nuc_ds_01.png
そして SSD には VMFS データストアを作成することができます。

esxi_nuc_ds_02.png

VMFS データストアが作成できました。

esxi_nuc_ds_03.png

 

以上、Intel NUC に ESXi 5.5 をインストールしてみる話でした。

以前にネステッドESXi 用のVMware Tools を使ってみたところ
便利なのですが、毎回何台もインストールするのは大変に思えました。


そこで、Image Builder PowerCLI
VMware Tools for Nested ESXi 導入済みの ESXi インストール用ISOイメージ

を作成してみました。


ESXi および vCenter Server 5.5 のドキュメント
Image Builder の概要
http://pubs.vmware.com/vsphere-55/index.jsp#com.vmware.vsphere.install.doc/GUID-C84C5113-3111-4A27-9096-D61EED29EF45.html


Image Builder のモジュールは、PowerCLI を起動すると自動的に読み込まれます。

※「Get-ImageBuilderCommand」でも同じ結果がみられます。

PowerCLI> Get-VICommand | where {$_.ModuleName -eq "VMware.ImageBuilder"} | Select Name

Name
----
Add-EsxSoftwareDepot
Add-EsxSoftwarePackage
Compare-EsxImageProfile
Export-EsxImageProfile
Get-EsxImageProfile
Get-EsxSoftwareDepot
Get-EsxSoftwarePackage
New-EsxImageProfile
Remove-EsxImageProfile
Remove-EsxSoftwareDepot
Remove-EsxSoftwarePackage
Set-EsxImageProfile


それぞれの説明は下記あたりを参照してください。

Image Builder PowerCLI の概要
http://pubs.vmware.com/vsphere-55/index.jsp#com.vmware.vsphere.install.doc/GUID-2D4D27BB-727F-4706-9DBE-49C41A108A8F.html


Image Builder で ISOイメージを作成するための準備

 

★PowerCLI

今回は、PowerCLI 5.1 R2 を使用しました。Image Builder は PowerCLI に同梱されています。

PowerCLI> Get-PowerCLIVersion

PowerCLI Version
----------------
   VMware vSphere PowerCLI 5.1 Release 2 build 1012425
---------------
Snapin Versions
---------------
   VMWare AutoDeploy PowerCLI Component 5.1 build 768137
   VMWare ImageBuilder PowerCLI Component 5.1 build 768137
   VMware License PowerCLI Component 5.1 build 669840
   VMware VDS PowerCLI Component 5.1 build 1012428
   VMware vSphere PowerCLI Component 5.1 build 1012428

 

★ESXi の オフライン バンドル と VIBファイル

ESXi のオフライン バンドル(ZIP形式のESXiインストーラ)と、VIB ファイルを用意しておきます。

オフライン バンドルのかわりに、ESXi のパッチ(たとえば、ESXi510-201310001.zip といったファイル)でもOKです。

今回は、2つのファイルを C:\temp フォルダにおいて作業しました。

 

オフラインバンドル
MyVMware サイトなどからDLします。今回は

ESXi 5.5 (VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip)を使用します。

 

VIB ファイル

下記を VMware LABS サイトからDL します。

VMware Tools for Nested ESXi
http://labs.vmware.com/flings/vmware-tools-for-nested-esxi

 

PowerCLI> ls

    ディレクトリ: C:\temp

Mode                LastWriteTime     Length Name
----                -------------     ------ ----
-a---        2013/12/22     13:12    1863772 esx-tools-for-esxi-9.7.0-0.0.00000.i386.vib
-a---        2013/10/18     23:37  337919930 VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip

 

Image Builder での ISOイメージの作成


Image Builder は、vCenter/ESXi に接続しないで作業できます。


1. ESXiのオフラインバンドルから、イメージ プロファイルを ソフトウェア デポ に登録します。
※ちなみに、この登録情報は PowerCLI の画面を一度終了すると消えます。

PowerCLI> Add-EsxSoftwareDepot VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip

Depot Url
---------
zip:C:\temp\VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip?index.xml


登録されたプロファイルを確認します。
VMware Tools あり(standard) / なし(no-tools)の2パターンが登録されています。

PowerCLI> Get-EsxImageProfile

Name                           Vendor          Last Modified   Acceptance Level
----                           ------          -------------   ----------------
ESXi-5.5.0-1331820-standard    VMware, Inc.    2013/09/19 6... PartnerSupported
ESXi-5.5.0-1331820-no-tools    VMware, Inc.    2013/09/19 6... PartnerSupported


2. イメージプロファイルの作成


VMware Tools あり(~Standard) のプロファイルをクローンして、
VIB を追加するためのプロファイルを作成します。

  • プロファイルの名前は「ESXi-5.5.0-1331820-with-esxitools」にしました。
  • Vendor は適当に入力します。
    カスタムイメージなので "VMware, Inc." ではない文字列にしておくとわかりやすいと思います。
  • AcceptanceLevel(承認レベル) は「CommunitySupported」にしました。

※承認レベルについては、下記を参照してください。

vSphere のインストールとセットアップ ガイド
承認レベル
http://pubs.vmware.com/vsphere-55/topic/com.vmware.vsphere.install.doc/GUID-0410FAFA-A007-4BD5-A0CC-B1D7303853A3.html

PowerCLI> New-EsxImageProfile -CloneProfile ESXi-5.5.0-1331820-standard -Name ESXi-5.5.0-1331820-with-esxitools -Vendor "gowatana" -AcceptanceLevel CommunitySupported

Name                           Vendor          Last Modified   Acceptance Level
----                           ------          -------------   ----------------
ESXi-5.5.0-1331820-with-esx... gowatana        2013/09/19 6... CommunitySupported

 

3. VIBファイルを ソフトウェア デポ に追加します。

 

ISOイメージに追加したいVIB ファイルを、ソフトウェア デポに追加します。

この時のコマンドラインの結果で、VIBのパッケージ名がわかります。
(今回追加したVIBだと esx-tools-for-esxi です。)

PowerCLI> Get-EsxSoftwarePackage -PackageUrl esx-tools-for-esxi-9.7.0-0.0.00000.i386.vib

Name                     Version                        Vendor     Creation Date
----                     -------                        ------     -------------
esx-tools-for-esxi       9.7.0-0.0.00000                VMware     2013/11/08 19...


4. ソフトウェアデポに追加したVIBをイメージプロファイルに追加します。

 

「-SoftwarePackage」 には、ひとつ前の手順でわかる VIBのパッケージ名を指定します。

PowerCLI> Add-EsxSoftwarePackage -ImageProfile ESXi-5.5.0-1331820-with-esxitools -SoftwarePackage esx-tools-for-esxi

Name                           Vendor          Last Modified   Acceptance Level
----                           ------          -------------   ----------------
ESXi-5.5.0-1331820-with-esx... gowatana        2013/12/29 9... CommunitySupported

 

5. イメージプロファイルから、ISOファイルを作成します。

 

「Export-EsxImageProfile」 に「-ExportToIso」を指定することで、

イメージプロファイルから ISOファイルを作成することができます。

PowerCLI> Export-EsxImageProfile -ExportToIso -NoSignatureCheck -ImageProfile ESXi-5.5.0-1331820-with-esxitools -FilePath VMware-ESXi-5.5.0-1331820-with-esxitools.iso

 

下記のように署名エラーとなるため、「Export-EsxImageProfile」には「-NoSignatureCheck」を指定しています。

(失敗例)

PowerCLI C:\temp> Export-EsxImageProfile -ExportToIso -ImageProfile ESXi-5.5.0-1331820-with-esxitools -FilePath VMware-ESXi-5.5.0-1331820-with-esxitools.iso
Export-EsxImageProfile : Could not find a trusted signer.
発生場所 行:1 文字:23
+ Export-EsxImageProfile <<<<  -ExportToIso -ImageProfile ESXi-5.5.0-1331820-with-esxitools -FilePath VMware-ESXi-5.5.0-1331820-with-esxitools.iso
    + CategoryInfo          : NotSpecified: (:) [Export-EsxImageProfile]、SoapException
    + FullyQualifiedErrorId : System.Web.Services.Protocols.SoapException,VMware.ImageBuilder.Commands.ExportProfile

 

イメージ プロファイルから、オフライン バンドル(.zip 形式)も作成できます。

その場合は、「Export-EsxImageProfile」 に「-ExportToBundle」を指定します。

PowerCLI> Export-EsxImageProfile -ExportToBundle -NoSignatureCheck -ImageProfile ESXi-5.5.0-1331820-with-esxitools -FilePath VMware-ESXi-5.5.0-1331820-with-esxitools.zip


ISOファイルが作成されました。

PowerCLI> ls


    ディレクトリ: C:\temp


Mode                LastWriteTime     Length Name
----                -------------     ------ ----
-a---        2013/12/22     13:12    1863772 esx-tools-for-esxi-9.7.0-0.0.00000.i386.vib
-a---        2013/10/18     23:37  337919930 VMware-ESXi-5.5.0-1331820-depot.zip
-a---        2013/12/29      9:20  343238656 VMware-ESXi-5.5.0-1331820-with-esxitools.iso
-a---        2013/12/29      9:24  332993548 VMware-ESXi-5.5.0-1331820-with-esxitools.zip


作成したISOファイルで ESXi をインストールしてみました。

 

ISOファイルでブートしたときのOSイメージ選択画面に、

今回作成したイメージプロファイルの名前が表示されています。

※今回は VMware Workstation 9 にネステッドESXi しています。

esxi_imgprof1.png


ESXi をインストールすると、esx-tools-for-esxi もインストールされています。
イメージ プロファイルの承認レベルは「CommunitySupported」にしましたが、
この VIB 単体には「VMwareCertified」が指定されていたみたいです。

~ # esxcli software vib get -n esx-tools-for-esxi
VMware_bootbank_esx-tools-for-esxi_9.7.0-0.0.00000
   Name: esx-tools-for-esxi
   Version: 9.7.0-0.0.00000
   Type: bootbank
   Vendor: VMware
   Acceptance Level: VMwareCertified
   Summary: VMware Tools for ESXi as a guest.
   Description: VMware Tools for ESXi as a guest.
   ReferenceURLs:
   Creation Date: 2013-11-08
   Depends: esx-base >= 5.0
   Conflicts:
   Replaces:
   Provides: tools-for-esxi = 9.7.0
   Maintenance Mode Required: True
   Hardware Platforms Required:
   Live Install Allowed: False
   Live Remove Allowed: False
   Stateless Ready: True
   Overlay: True
   Tags:
   Payloads: esx-tool


作成したイメージプロファイルのISOでインストールされていることがわかります。

~ # esxcli software profile get
ESXi-5.5.0-1331820-with-esxitools
   Name: ESXi-5.5.0-1331820-with-esxitools
   Vendor: gowatana
   Creation Time: 2013-12-29T09:47:01
   Modification Time: 2013-12-29T09:56:08
   Stateless Ready: True
   Description:

      The general availability release of VMware ESXi Server 5.5.0
      brings whole new levels of virtualization performance to
      datacenters and enterprises.

   VIBs: ata-pata-amd 0.3.10-3vmw.550.0.0.1331820, ata-pata-atiixp 0.4.6-4vmw.550.0.0.1331820, ata-pata-cmd64x 0.2.5-3vmw.550.0.0.1331820, ata-pata-hpt3x2n 0.3.4-3vmw.550.0.0.1331820, ata-pata-pdc2027x 1.0-3vmw.550.0.0.1331820, ata-pata-serverworks 0.4.3-3vmw.550.0.0.1331820, ata-pata-sil680 0.4.8-3vmw.550.0.0.1331820, ata-pata-via 0.3.3-2vmw.550.0.0.1331820, block-cciss 3.6.14-10vmw.550.0.0.1331820, ehci-ehci-hcd 1.0-3vmw.550.0.0.1331820, elxnet 10.0.100.0v-1vmw.550.0.0.1331820, esx-base 5.5.0-0.0.1331820, esx-dvfilter-generic-fastpath 5.5.0-0.0.1331820, esx-tboot 5.5.0-0.0.1331820, esx-tools-for-esxi 9.7.0-0.0.00000, esx-xlibs 5.5.0-0.0.1331820, esx-xserver 5.5.0-0.0.1331820, ima-qla4xxx 2.01.31-1vmw.550.0.0.1331820, ipmi-ipmi-devintf 39.1-4vmw.550.0.0.1331820, ipmi-ipmi-msghandler 39.1-4vmw.550.0.0.1331820, ipmi-ipmi-si-drv 39.1-4vmw.550.0.0.1331820, lpfc 10.0.100.1-1vmw.550.0.0.1331820, lsi-mr3 0.255.03.01-1vmw.550.0.0.1331820, lsi-msgpt3 00.255.03.03-1vmw.550.0.0.1331820, misc-cnic-register 1.72.1.v50.1i-1vmw.550.0.0.1331820, misc-drivers 5.5.0-0.0.1331820, mtip32xx-native 3.3.4-1vmw.550.0.0.1331820, net-be2net 4.6.100.0v-1vmw.550.0.0.1331820, net-bnx2 2.2.3d.v55.2-1vmw.550.0.0.1331820, net-bnx2x 1.72.56.v55.2-1vmw.550.0.0.1331820, net-cnic 1.72.52.v55.1-1vmw.550.0.0.1331820, net-e1000 8.0.3.1-3vmw.550.0.0.1331820, net-e1000e 1.1.2-4vmw.550.0.0.1331820, net-enic 1.4.2.15a-1vmw.550.0.0.1331820, net-forcedeth 0.61-2vmw.550.0.0.1331820, net-igb 2.1.11.1-4vmw.550.0.0.1331820, net-ixgbe 3.7.13.7.14iov-11vmw.550.0.0.1331820, net-mlx4-core 1.9.7.0-1vmw.550.0.0.1331820, net-mlx4-en 1.9.7.0-1vmw.550.0.0.1331820, net-nx-nic 5.0.621-1vmw.550.0.0.1331820, net-tg3 3.123c.v55.5-1vmw.550.0.0.1331820, net-vmxnet3 1.1.3.0-3vmw.550.0.0.1331820, ohci-usb-ohci 1.0-3vmw.550.0.0.1331820, qlnativefc 1.0.12.0-1vmw.550.0.0.1331820, rste 2.0.2.0088-4vmw.550.0.0.1331820, sata-ahci 3.0-17vmw.550.0.0.1331820, sata-ata-piix 2.12-9vmw.550.0.0.1331820, sata-sata-nv 3.5-4vmw.550.0.0.1331820, sata-sata-promise 2.12-3vmw.550.0.0.1331820, sata-sata-sil 2.3-4vmw.550.0.0.1331820, sata-sata-sil24 1.1-1vmw.550.0.0.1331820, sata-sata-svw 2.3-3vmw.550.0.0.1331820, scsi-aacraid 1.1.5.1-9vmw.550.0.0.1331820, scsi-adp94xx 1.0.8.12-6vmw.550.0.0.1331820, scsi-aic79xx 3.1-5vmw.550.0.0.1331820, scsi-bnx2fc 1.72.53.v55.1-1vmw.550.0.0.1331820, scsi-bnx2i 2.72.11.v55.4-1vmw.550.0.0.1331820, scsi-fnic 1.5.0.4-1vmw.550.0.0.1331820, scsi-hpsa 5.5.0-44vmw.550.0.0.1331820, scsi-ips 7.12.05-4vmw.550.0.0.1331820, scsi-lpfc820 8.2.3.1-129vmw.550.0.0.1331820, scsi-megaraid-mbox 2.20.5.1-6vmw.550.0.0.1331820, scsi-megaraid-sas 5.34-9vmw.550.0.0.1331820, scsi-megaraid2 2.00.4-9vmw.550.0.0.1331820, scsi-mpt2sas 14.00.00.00-3vmw.550.0.0.1331820, scsi-mptsas 4.23.01.00-9vmw.550.0.0.1331820, scsi-mptspi 4.23.01.00-9vmw.550.0.0.1331820, scsi-qla2xxx 902.k1.1-9vmw.550.0.0.1331820, scsi-qla4xxx 5.01.03.2-6vmw.550.0.0.1331820, tools-light 5.5.0-0.0.1331820, uhci-usb-uhci 1.0-3vmw.550.0.0.1331820


イメージプロファイルに指定した 承認レベル「CommunitySupported」 も反映されています。

~ # esxcli software acceptance get
CommunitySupported


以上です。Image Builder で VMware Tools for Nested ESXi 導入済み ESXi 5.5 を作成してみる話でした。

VMのテンプレートは、実はVM と同様に ESXi に紐付けされています。

普段はテンプレートがどこにあるか、あまり気にならないはずです。
しかし、テンプレートを別のESXi に移動するのが結構面倒だということに気づいてしまいました。

vm_template1.png

 

一般的な方法で vSphere Client や Web Client から
手作業でテンプレートを移動しようとすると下記のような流れになると思います。

  1. テンプレートを右クリックして VM に変換する。
  2. その VMを別のホストに移動する。
  3. 移動した VM を右クリックし、再びテンプレートに変換する。

 

これは単調な作業ですが、テンプレートが何十個もあるような場合はとても大変です。

そんなときに、PowerCLI を使用すると
1行のコマンドラインでテンプレートを移動することができます。

 

VM テンプレートと ESXi の紐付け確認

 

まず、VMとESXiの紐付けを確認しておきます。

PowerCLI> Get-Template | select Name,@{N="ESXi";E={(Get-VMHost -Id $_.ExtensionData.Runtime.Host).Name}} | ft -AutoSize

Name           ESXi
----           ----
oel64-template hv552.vmad.local
oel63-template hv551.vmad.local
oel62-template hv551.vmad.local

 

VM テンプレートを 別のESXi に移動してみます。

 

PowerCLI で下記の処理を実行します。

  • Set-Template に「-ToVM」を指定することで、テンプレートを VM に変換します。
  • Move-VM で VM を移動します。
    仮想ディスクを共有データストアに配置していない場合や、
    ESXi の紐付けだけでなく格納するデータストアも変更したい場合は
    「-Datastore <データストア名>」も指定します。(今回は省略しています)
  • Set-VM に「-ToTemplate」を指定することで、VM をテンプレートに変換します。
  • それぞれのコマンドレットは、パイプ「|」でつなげて実行します。

 

コマンドラインは、下記のようになります。(1行で記載します)

Set-Template -Template <テンプレート名> -ToVM | Move-VM -Destination (Get-VMHost <移動先ESXi名>) | Set-VM -ToTemplate -Confirm:$false

 

(実際のコマンドラインの例)

PowerCLI> Set-Template -Template oel64-template -ToVM | Move-VM -Destination (Get-VMHost hv552.vmad.local) | Set-VM -ToTemplate -Confirm:$false


上記の処理をスクリプトにする場合は、あえて
コマンドラインを複数行に分割したほうが読みやすいと思います。

 

スクリプト例(move_vm_template.ps1)

$template_name = $args[0]
$hv_name = $args[1]
$vm = Set-Template -Template $template_name -ToVM
$vm | Move-VM -Destination (Get-VMHost $hv_name)
$vm | Set-VM -ToTemplate -Confirm:$false

 

このスクリプトは、下記のようなコマンドラインで実行します。

※先頭のドット・バックスラッシュ(.\)は日本語環境だとYenマークになります。

 

.\move_vm_template.ps1 <テンプレート名> <移動先ESXi名>

 

(実際のコマンドラインの例)

PowerCLI> .\move_vm_template.ps1 oel63-template hv554.vmad.local

 

スクリプトでのVMテンプレート移動~ESXi の確認をしてみたときの実行イメージです。

vm_template2.png

 

ちなみに、vCenter 5.5 + PowerCLI 5.1 R2 で試していますが、

vCenter 5.x であれば同様にできるはずです。


以上です。ESXi のVMテンプレート確認&移動についての工夫でした。

最近、ネステッド ESXi 用の VMware Tools が公開されました。

VMware Tools for Nested ESXi
http://labs.vmware.com/flings/vmware-tools-for-nested-esxi


VMware LABS というサイトから DL できる、公式ツールではないものですが
ネステッド ESXi(ESXi 上に VM として構築してある ESXi)をしている場合に便利です。

下記のように、普通の VM での VMware Tools の代替となる位置づけです。

Tools4NestedESXi0.png


ネステッド ESXi 用 VMware Tools の便利なところ

 

他にもメリットはあるようですが、
普通にネステッド ESXi を使用していて便利になるところは下記のあたりだと思います。

  • vSphere Client / Web Client にネステッド ESXi の IPアドレス / ホスト名が表示される
  • vSphere Client / Web Client からネステッド ESXi をシャットダウンできる
    (パワーオフではなく、正常にシャットダウンできるようになります。)

 

Tools がない場合のネステッド ESXi のVM
ESXi をインストールした VM を起動していても、IP アドレス / ホスト名(DNS名)が表示されません。

Tools4NestedESXi1.png

 

Tools をインストールした場合のネステッド ESXi の VM
ちゃんと IP アドレスなどが表示されるようになります。

Tools4NestedESXi2.png

そしてシャットダウンもできるようになります。

(これまでは、vSphere Client のコンソールやSSH でネステッド ESXi にログインしてシャットダウンするか、

パワーオフ で停止していました。)

Tools4NestedESXi3.png

  


インストール方法

 

ネステッド ESXi にコンソールや SSH でログインして、VIB ファイルをインストールします。
冒頭に記載したサイトから VIB ファイル(esx-tools-for-esxi-9.7.0-0.0.00000.i386.vib)を

ダウンロードして、データストアブラウザなどでネステッド ESXi のデータストアに置いておきます。
※今回は ds_nfs_132 というデータストア(ESXi から見たパスは/vmfs/volumes/ds_nfs_132)に置きました。

 

今回試したのは、ESXi 5.5 です。(ESXi 5.x であればインストール可能です。)

~ # vmware -v
VMware ESXi 5.5.0 build-1331820
~ # esxcli system maintenanceMode get
Disabled  ★まだ通常(非メンテナンスモード)

 

VIBをインストールするため、ネステッドESXi をメンテナンスモードにします。

~ # esxcli system maintenanceMode set --enable=true
~ # esxcli system maintenanceMode get
Enabled  ★メンテナンスモードにした。


今回、VIBファイルを置いたデータストアの名前は ds_nfs_132 です。

~ # ls /vmfs/volumes/ds_nfs_132/*.vib
/vmfs/volumes/ds_nfs_132/esx-tools-for-esxi-9.7.0-0.0.00000.i386.vib

 

esxcli コマンドでインストールします。
普通にインストールコマンドを実行してみたところ署名エラーがでたため
--no-sig-check」をつけてインストールしました。
※「-f」か「--force」(強制インストール)でも OK です。

~ # esxcli software vib install -v /vmfs/volumes/ds_nfs_132/esx-tools-for-esxi-9.7.0-0.0.00000.i386.vib
[InstallationError]  ★通常のインストールコマンドだとエラーになる。
('VMware_bootbank_esx-tools-for-esxi_9.7.0-0.0.00000', 'Could not find a trusted signer.')
       vibs = VMware_bootbank_esx-tools-for-esxi_9.7.0-0.0.00000
Please refer to the log file for more details.

 

Pretends that maintenance mode is in effect. Otherwise, installation will stop for live installs that require maintenance mode. This flag has no effect for reboot required remediations.


~ # esxcli software vib install --no-sig-check -v /vmfs/volumes/ds_nfs_132/esx-tools-for-esxi-9.7.0-0.0.00000.i386.vib
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true ★インストール成功したが再起動が必要
   VIBs Installed: VMware_bootbank_esx-tools-for-esxi_9.7.0-0.0.00000
   VIBs Removed:
   VIBs Skipped:

 

ネステッドESXi を再起動します。
esxcli コマンドでの再起動では「-r」か「--reason」 が必須なので再起動する理由を指定します。
※ここで指定した理由の文字列は、/var/run/log/hostd.log ファイルなどに記録されます。

~ # esxcli system shutdown reboot -r "Installed VMware Tools for Nested ESXi"


ネステッド ESXi が起動してきたら、再度ログインしてメンテナンスモードを解除します。

~ # esxcli system maintenanceMode get
Enabled  ★まだメンテナンスモード
~ # esxcli system maintenanceMode set --enable=false
~ # esxcli system maintenanceMode get
Disabled  ★メンテナンスモードが解除された

 

インストールされた VIB を確認しておきます。

~ # esxcli software vib get -n esx-tools-for-esxi
VMware_bootbank_esx-tools-for-esxi_9.7.0-0.0.00000
   Name: esx-tools-for-esxi
   Version: 9.7.0-0.0.00000
   Type: bootbank
   Vendor: VMware
   Acceptance Level: VMwareCertified
   Summary: VMware Tools for ESXi as a guest.
   Description: VMware Tools for ESXi as a guest.
   ReferenceURLs:
   Creation Date: 2013-11-08
   Depends: esx-base >= 5.0
   Conflicts:
   Replaces:
   Provides: tools-for-esxi = 9.7.0
   Maintenance Mode Required: True
   Hardware Platforms Required:
   Live Install Allowed: False
   Live Remove Allowed: False
   Stateless Ready: True
   Overlay: True
   Tags:
   Payloads: esx-tool


~ # esxcli software vib list | grep -e Name -e esx-tools
Name                Version          Vendor  Acceptance Level  Install Date
esx-tools-for-esxi  9.7.0-0.0.00000  VMware  VMwareCertified   2013-12-15

 

参考サイト

virtuallyGhetto
w00t! VMware Tools for Nested ESXi!
http://www.virtuallyghetto.com/2013/11/w00t-vmware-tools-for-nested-esxi.html


以上、ネステッド ESXi 用の Tools をインストールしてみる話でした。

最近、vSphere 5.1 ~の Web Client を使っていて気づいたのですが、

画面の左右にあるウインドウが、たためたりします。

※今回の画面は、vCenter 5.5 の Web Client です。

 

デフォルトでは、Web Client がこのように表示されます。

webclient_pin1.png

 

そして、左右のウインドウのヘッダ部分の何もないところ(赤枠のあたりなど)をダブルクリックすると・・・

webclient_pin2.png

 

なんと、ウインドウをたためます。

webclient_pin3.png

 

そして、たたまれた部分をクリックすると、元に戻ります。

webclient_pin4.png

 

さらに、ピン(画鋲みたいな)のアイコンをクリックすると ピンが外れた絵になり、

マウスカーソルを外すとウインドウが自動的にたたまれ、

近づけると自動的に展開されるようになります。

webclient_pin5.png

 

この左右のウインドウ、意外と場所を取るので

ノートPCなどの小さい画面で WebClient を操作するときは

これを知っていると便利なのではないかと思いました。

 

ちなみに、vCenter 5.1 でも、5.5でも、 どちらのWeb Client でもできます。

 

以上、Web Client の左右のウインドウについての話でした。

ESXi にパッチを適用したり、vCenter のクラスタ(HA/DRSなどの)から外したりするときには、

メンテナンスモードにします。

mainte_esxi.png

 

そして、メンテナンスモードへの変更は esxcli コマンドでもできます。

~ # esxcli system maintenanceMode get

Disabled  ★いまは通常モード

~ # esxcli system maintenanceMode set --enable=true

~ # esxcli system maintenanceMode get

Enabled  ★メンテナンスモードが有効(Enabled)になった。

 

偶然、このコマンドを打ち間違えたときのErrorメッセージで気づいたのですが、

「--enable=」 には、メンテナンスモードのON/OFFについて

色々な書き方で指定できるようです。

※下のコマンドラインは、「=」のあとにパラメータを指定し忘れています。

~ # esxcli system maintenanceMode set --enable=

Error: While processing '--enable'. Argument type mismatch. Expecting one of {0, 1, n[o], y[es], f[alse], t[rue], off, on}. Got ''

 

ちょっと違う間違え方をすると、状況に応じたErrorを表示しています。

※「-e」「--enable」どちらも付け忘れた場合

~ # esxcli system maintenanceMode set

Error: Missing required parameter -e|--enable

※「--enable」に値(trueなど)を指定し忘れた場合

~ # esxcli system maintenanceMode set --enable

Error: --enable must have value

 

esxcli の Error メッセージは、

結構的確なメッセージを出しているようです。

 

 

せっかくなのでメンテナンスモードへの変更を色々試してみました。

当然ながら、ちゃんとメンテナンスモードになります。

~ # esxcli system maintenanceMode get

Disabled

~ # esxcli system maintenanceMode set --enable=on

~ # esxcli system maintenanceMode get

Enabled

~ # esxcli system maintenanceMode set --enable=off

~ # esxcli system maintenanceMode get

Disabled

~ # esxcli system maintenanceMode set --enable=yes

~ # esxcli system maintenanceMode get

Enabled

~ # esxcli system maintenanceMode set --enable=no

~ # esxcli system maintenanceMode get

Disabled

~ # esxcli system maintenanceMode set --enable=true

~ # esxcli system maintenanceMode get

Enabled

~ # esxcli system maintenanceMode set --enable=false

~ # esxcli system maintenanceMode get

Disabled

 

esxcli で困ったときは、ちゃんと Error メッセージを読み直してみたり、

わざと違うまちがえ方をしてみたりすると何かヒントが得られることがあるかもしれません。

 

以上、esxcli で気づいたことについてでした。

今回は、VSANデータストアを

複数のディスクグループで構成するとどうなるのか試してみました。


ディスクグループとは、

ESXiに直接接続されているSSD/HDDをまとめるもので、ESXiごとに作成します。

※ちなみにVSANはまだベータ版です。

 

vSphere ストレージガイド
ディスク グループの管理
http://pubs.vmware.com/vsphere-55/index.jsp#com.vmware.vsphere.storage.doc/GUID-AE1E9A59-6C20-46BB-9BAA-6FF3CB310A01.html

ローカル ディスクを仮想 SAN クラスタに提供する各 ESXi ホストでは、ディスクはディスク グループに編成されます。
ディスク グループはホスト上のストレージのメイン ユニットです。
各ディスク グループには 1 つの SSD と、1 つ以上の HDD が含まれています。
仮想 SAN はディスク グループを集約したものを使用して、
ユーザーが仮想 SAN を有効にすると作成される単一のデータストアをバックアップします。

 

たとえば下記のように、ESXiごとに複数のSSDとHDDがある場合も、
VSANデータストアは1つだけ作成されます。

vsan_dg_ppt1.png

このとき、VSAN データストアには、SSD/HDDがディスクグループとしてまとめられて追加されます。

ディスクグループには、かならず1つのSSD(1つだけ)が必要になります。
そして、ESXi に複数のSSDが接続されている場合は
ディスクグループを複数作成することができます。
vsan_dg_ppt2.png

 

VSAN ディスクグループの見え方について

 

上の構成イメージのように、
ESXi に複数のSSD/HDDが接続されている場合はこのように見えます。

すでにVSANデータストア(vsanDatastore)が構成されている状態ですが、
「hv551」という ESXi に、SSDとHDD(非SSD)が2つずつ接続されています。
vsan_dg1.png

 

「hv551」と「hv552」という ESXi には、
それぞれ2つのディスクグループを作成してみました。
vsan_dg2_1.png

ディスクグループには、SSDとHDDが1つずつ含まれています。
vsan_dg2_2.png

 

「hv553」という ESXi には、1つだけディスクグループを作成してみました。
ディスクグループには、SSDが1つ、HDDが2つ含まれています。
※残りのSSDは余らせてあるので、「4の3」と表示されています。
vsan_dg3.png

上記のように3台の ESXi に、5つのディスクグループを作成してみましたが、
すべて 単一のVSANデータストア(vsanDatastore)にまとめられます。


ディスクグループを複数作成するメリットは?

 

ディスクグループにはSSDを1つだけ選択できるようになっています。
下の画面のように、「ディスクグループの作成」では、
HDD(非SSD)はチェックボックスで複数選べるのですが
SSDはラジオボタンで1つだけ選択できるようになっています。

vsan_dg0.png

1つのディスクグループに複数のSSDを入れられてもよいような気もしますが、
おそらくは、一般的にSSDはそんなに大容量ではないため
用意できたSSDの容量を考慮してHDDをディスクグループにまとめられるように

してあるのではないかと思われます。

※SSD容量はHDDの10%くらいがお勧めのようです。


vSphere ストレージガイド
仮想 SAN の要件
http://pubs.vmware.com/vsphere-55/index.jsp#com.vmware.vsphere.storage.doc/GUID-CE88B700-26F8-420A-87D5-38636EBF1767.html

ストレージ要件
通常、SSD と HDD の容量の比率は使用事例とワークロードによって異なりますが、
各ディスク グループで SSD 対 HDD の容量の比率は 1 対 10 にすることをお勧めします。

 

以上、VSANのディスクグループについてでした。

ふと vCenter 5.5 のWeb Client  を眺めていたら、
VMware Tools のバージョンが表示されていました。


実務のvSphere環境では、セキュリティ脆弱性の修正対応やら、バグフィックス調査やらで
Toolsのバージョンは結構気になるので、ありがたいと思いました。

 

Web Client 5.1 までの表示
vc51_toolsinfo.png

 

Web Client 5.5 の表示(Toolsのバージョンが見えるようになった)
vc55_toolsinfo.png

 

VMのサマリ画面だけでなく、一覧表示の画面にも

「VMware Tools バージョン」 列が追加されました。

 

表示するには、

「仮想マシンおよびテンプレート」のインベントリで、

「関連オブジェクト」→「仮想マシン」

→列名のあたりを右クリックして「コラムの表示/非表示」を選択します。(コラム...? カラム?)

 

そして「VMware Tools バージョン」 にチェックを入れます。

vc55_wc_toolsinfo.png

 

Tools のバージョンが表示されました。

例ではVMが1つだけですが、たくさんある場合の方がGUIからまとめて確認できて便利に感じるはず・・・

vc55_wc_toolsinfo2.png

 

ついでに、いくつかの方法でToolsバージョンを確認してみようと思います。


VMware Tools のバージョン確認いろいろ

 

Toolsには、下記のように同じものでもいくつかのバージョン表現を持っています。

■LinuxゲストOSのToolsバージョンをコマンドラインで確認

ESXi 5.1 U1 のTools

[root@vm03 ~]# vmware-toolbox-cmd -v
9.0.5.21789 (build-1065307)

ESXi 5.5 のTools

[root@vm01 ~]# vmware-toolbox-cmd -v
9.4.0.25793 (build-1280544)

 

■PowerCLI で確認
ここからの例は 上記のESXi 5.1 U1(Build 1065491) のほうに付属しているToolsのバージョンです。

PowerCLI> Get-VMHost | select Name,Version,Build | ft -AutoSize

Name            Version Build
----            ------- -----
hv51.vmad.local 5.1.0 1065491


PowerCLI> Get-VM | select Name,{$_.ExtensionData.Guest.ToolsVersion} | ft -AutoSize

Name $_.ExtensionData.Guest.ToolsVersion
---- -----------------------------------
vm03 9221


■PowerCLI で確認 その2


PowerCLIで詳細設定パラメータを指定して見てみました。

※こちらのコマンドラインでは、上記に登場しているVM「vm03」を指定しています。

PowerCLI> Get-VM vm03 | Get-AdvancedSetting vmware.tools.internalversion,vmware.tools.requiredversion | ft -AutoSize

Name                         Value Type Description
----                         ----- ---- -----------
vmware.tools.internalversion 9221  VM  ★こちらが実際のバージョン。
vmware.tools.requiredversion 9221  VM ★これ低いとWebClientなどで警告が表示される。

 

 

4ケタのToolsバージョン表記は、内部的なバージョンという扱いのようなので

これまではあまりなじみがない人もいそうな気がします。

Toolsの内部的なバージョンについては下記の情報が有益だと思います。

 

仮想化でプリセールスしてるSEの一日
VMware vSphere 製品のバージョンとビルド番号の対比表
http://d.hatena.ne.jp/ogawad/20120727/1343344600
にある、
http://packages.vmware.com/tools/versions

 

以上です。Web Client の Tools バージョン表示の話でした。

vSphere 5.5 の マニュアルを見ていたら、下記のような説明を見つけました。
VSANでは、デフォルトでもESXi 1台の障害であれば対策ができるようです。

   
vSphere ストレージガイド
仮想 SAN とストレージ ポリシー ベースの管理
ストレージ ポリシーを仮想マシンに適用しないと、許容する 1 つの障害数およびオブジェクトあたりに 1 つのディスク ストライプを使用するデフォルトの仮想 SAN ポリシーが使用されます。
そこで、ためしにVSAN(まだベータ版)環境で ESXi 障害を起こしてみました。
今回は ESXi 3台でVSANクラスタを構成して、そのうえで VM を 1台だけ稼働させています。
このVMは、とくに「仮想マシン ストレージポリシー」でディスク冗長化の指定はしていません。
vsan_fail_ppt1.png
Web Client からはこう見えます。VMは1台目のESXi で稼働させています。
※諸事情によりESXi #1 & #2 には最初から警告マークが出ていますが、実際は健康体です・・・
vsan_fail_p01.png
ESXi には、それぞれSSDとHDDを搭載しています。
vsan_fail_p02.png
まず、ESXi#3 を停止してみたところ…
vsan_fail_ppt2.png
ESXi#3 がダウンしても、ESXi#1 のVMはそのまま起動していました。
vsan_fail_p03.png
 
引き続き、ESXi#3 を起動した後にESXi#2 を停止してみました。
vsan_fail_ppt3.png
この場合も、VM はそのまま起動していました。
vsan_fail_p04.png
最後に、ESXi#1 だけを停止してみます。
今回、クラスタではvSphere HA も有効にしてみました。
ESXi を停止すると、起動していたVMは別のESXi で再起動されるはず・・・
vsan_fail_ppt4.png
VSANを有効化しているクラスタで、vSphere HA も有効化しました。
vsan_fail_p05.png
そしてESXi#1を停止すると、
期待通りVMが別のESXi(ESXi#2)で再起動されました。
vsan_fail_p06.png
イベント画面にも 「vSphere HA によってこの仮想マシンが再起動されました」 とあり、
HAが動作したことがわかります。
vsan_fail_p07.png
当然ですが、ゲストOSにもログインできます。
vsan_fail_p08.png

簡単な実験ですが、VSAN(ただしベータ版)では デフォルト構成でも
ちゃんとVSANデータストアのVMイメージが冗長化されていました。
VSANデータストアは、普通に共有データストアとして使えるようです。

参考
今回のVSANは、ネステッドESXi 環境で試したため
「ESXi を強制停止→vSphereHA 作動」 させると、何度かに1回は
下画面のようにファイルシステムのチェックで引っかかって Linuxゲストが起動できなくなりました・・・
この場合は root ユーザのパスワードでログインして、 fsck コマンドでファイルシステムを修復してしのぎました。
# fsck -f  <パーティション>
※不整合を起こしているファイルシステムのパーティションを指定します。
  (LVMを使用していないLinuxであれば、 /dev/sda1、/dev/sda3 など)
たとえば下記のような状況になったら、下記のような感じでファイルシステムを修復します。
# fsck -f /dev/sda3

vsan_fail_p10.png
ちゃんとした環境で障害テストをすれば、そんなに発生しないはず。
以上、VSANホストを壊してみる話でした。