さっそく、ESXi 5.5 をインストールしてみました。

 

インストール手順や画面は5.1とほぼ同じですが、HW要件の注意が必要です。
5.1 まではメモリ2GBあればインストールできましたが、
ESXi 5.5 からは 最低でも4GB ないとインストールできません。

CPUは、従来通り2コアあればイストールできました。

esxi55-0.png

vSphere Client も、5.5用のものが用意されていて
ESXi 5.5 に接続するときはアップグレードが必要です。
ログイン画面には、5.0までの機能が使える

(5.1からの新機能はWebClientからしか使えない)という案内が表示されます。

esxi55-1.png

仮想マシンをvSphere Client で作成してみたところ、
デフォルトだと 仮想マシンバージョンは8(ESXi 5.0 相当)でした。

esxi55-3.png
仮想マシンを右クリックして「仮想ハードウェアのアップグレード」すると

一気にバージョン10になります。

ESXi 5.5 + vSphere Clientでは バージョン9(vmx-09)にはできないようです。

 

仮想マシンバージョンを上げることで、

仮想マシンに設定できるHWリソースの最大値が上がったり、対応OSが増えたりします。

esxi55-4.png

「仮想ハードウェアのアップグレード」を選択すると、

確認画面には「バージョン 10 以上にアップグレードされます」と表示されます。

「はい」をクリックすると バージョン10 になります。

esxi55-5.png

バージョン10は、vmx-10 と表示されます。

esxi55-6.png

vSphere Clientでは、仮想マシンをvmx-10にすることは可能ですが

一度バージョンを上げてしまうと、「設定の編集」ができなくなってしまうので要注意です。

esxi55-8.png

Web Clientからは、vmx-09 (選択画面では「ESXi 5.1 以降」)を選択することができます。

当然ですが、vmx-10(ESXi 5.5 以降)にもできます。

※Web Client を使用するには、vCenter 5.5が必要です。

esxi55-7.png

以上、ESXi5.5の仮想マシンバージョンの話でした。