1 Reply Latest reply on Jun 11, 2019 1:53 AM by gowatana

    VMのvmtoolsd.serviceのステータスが、vcenterとGuest OS上で異なる件

    skoyano Lurker

      お世話になります。

       

      現在以下の組み合わせで、VM(RHEL 7.6)上の、vmtoolsd.serviceのサービスステータスが”active (running)”にも

      関わらず、vcenter上のでVMのVMware Toolsが、”Not running, version 2147483647(Guest Managed)”に

      なっている現象がみられました。

       

        • VM上のGuest OS:RHEL 7.6
        • VMWare Tools: version 2147483647
        • vcenter : 6.0.0 (build 7924804)

       

      VM上のvmtoolsd.serviceリスタート (service stop/start vmtoolsd.service) にて、vcenter上の

      ステータスも”Running”になったことを確認できました。

       

      このような現象、既知のものか、ご存知ないでしょうか?

        • 1. Re: VMのvmtoolsd.serviceのステータスが、vcenterとGuest OS上で異なる件
          gowatana Master
          User ModeratorsvExpert

          こんにちは。

           

          VMware Toolsが起動中でもvCenter / ESXiからうまく状態認識されないというのは、

          vCenter / ESXi / VMware Tools / ゲストOS、と多層で原因になりそうな部分があり、

          一概に既知のものか判断することは難しいかなと考えられます。

           

          ただ、私の経験上も環境/バージョンを問わずたびたび発生している印象があり、

          そう珍しいことではない気もします・・・

          (そしてサービス再起動で復旧できたりします。)

           

          ちなみに、RHEL(Red Hat Enterprise Linux)のようなLinuxディストリビューションで提供される

          VMware Tools(open-vm-tools)を利用している場合などに

          vCenterから見ると一律で「2147483647」とバージョン表示されることがあります。

          詳細に調査される場合は、ゲストOSでの「vmware-toolbox-cmd -v」コマンドなどで

          実際のVMware Toolsのバージョンを確認しておくとよいと思います。

           

          以上です。ご参考まで。